金比羅絵馬館@探検バクモン!

先月、私が出演させて頂きましたNHK探検バクモンの番組内ミニコーナー(あのパンダラさんが喋ってるとこね)、見て下さった方には心より御礼申し上げます。

なんとロケで!京都の安井金比羅宮にお邪魔させていただきました。



以前の記事でもご紹介してます。
悪縁を切って良縁を結ぶ超強力神社!




こちらの神社で出されている本です。
読まれればそのパワフルさがわかります。


今回のテーマは、境内の金比羅絵馬館。

江戸時代に作られ、たくさんの大絵馬が掲げられた絵馬堂という建物を改築した博物館です。
そのため、特徴ある外観。



一階の入り口付近はこんな感じですが、実はまだまだ奥行きがあります。
進むほどに迫力ある大絵馬が続々登場。

こちらの大絵馬を色々見ながら、番組では宮司様に馬と絵馬の関係や絵解きの楽しさなどをわかりやすく解説していただきました。

私が絵馬の魅力に取り憑かれたのも、こちらで絵解きを知ったのがきっかけなので感慨深かったです。番組を機会に久しぶりに訪れることができ、嬉しさもひとしおでした。


番組には出なかったものの、私が個人的に気になった大絵馬はコレ。

海老と亀(?不鮮明かつシュールすぎて失念)が土俵で謎の勝負を繰り広げているもの。意味も、よくわかっていないそうです!昔の人の考えることっておもしろいな!

というか、今回の記事、基本的に番組と関係ない好き勝手放題な話ばっかですみません!



以前の記事で恥ずかしながら自前イラストで紹介した男断ちの絵馬も、改めて撮影させていただきましたよ(基本撮影OKだそうです)。最も安井金比羅宮の土地柄や「らしさ」が出ている大絵馬と思います。


あと、1階入口スグのこちらも。
せっかくなので載せます。


大好きな棟方志功さんの直筆がっ!\(^o^)/

絵馬と民藝を追っかけていると、どうしても何度も遭遇するんですよ、これが。そもそもこういう民藝的なモノに興味を持つ以前からずっと好きなので、三つ子の魂百までというのか、好きな物の方向性って不思議なものだと思わずにいられません。


二階は、レトロな昭和の雰囲気。




なつかしの芸能人による絵馬も満載!



漫画の神様も(*≧∀≦*)たまらん!


戦前の小絵馬もたくさん展示されてまして、私もその素朴美あふれる魅力を番組内で語らせていただきました。

小絵馬というのは、でかくて派手で資金もかかる大絵馬とは対照的な、個人が普通にひっそりと奉納する小さい絵馬です。


私の手持ちコレクションの小絵馬も、番組内で2枚紹介。


1枚目は、岩清水八幡宮の最近の絵馬。エジソンが当地の竹の繊維で電球のフィラメントを作ったら成功したことにちなみ、竹製です。


裏も名言が入って、いい感じ。
五角形なのは「五角(ごかく)」と合格をかけているのダ!

なお、合格祈願絵馬の元祖「湯島天神」もこの語呂合わせを意識したのかも、正五角形ではないものの一応五角形という現在一般的な絵馬の形もそこから定着したのでは、という宮司様からのご教示も興味深いです。番組と関係ないけど、真面目なこぼれ話!


私のコレクション2枚目は、栃木県足利市「長尾弁財天」の手描き絵馬。蛇は弁財天のお使いです。とぼけた蛇の顔がお気に入り。今はもう作っていないと思います。絶滅寸前の手描き絵馬を買いに行くのは、コレクター冥利です(世代的に出遅れているので、なかなかできないのが悲しいところ)。


金比羅絵馬館2階に展示されていた中で、私が個人的に特にテンション上がったのはエチオピアのイコン作家による絵馬。



エチオピアのイコンって、キリスト教だけど日本の民画にも通じる素朴な表情が味わい深くて好きです。それでいてルオーのような哀愁まで漂っているのがなんとも美しくて。これが絵馬とまさかのコラボ、個人的にやばいくらいツボでした。


と、また番組と全然関係ない話で締めてしまいましたが、番組(でのミニコーナー)は2分間という短い尺に絵馬の魅力を濃厚に凝縮して下さっている素晴らしいものです。関係者の皆様、本当にありがとうございました!

自分が楽しすぎてついこんな記事になってしまったのは、どうか広い心で生温かくアレしていただければとヽ( ̄▽ ̄;)ノ


ところで、金比羅絵馬館はしばらく改装工事のため休館だそうです。リニューアルオープン時の再訪を私も今から楽しみにしています。
スポンサーサイト

人形系おみくじをナメたらあかん。

陶器の人形などに入ってるおみくじ、大人気ですよね。今日立ち寄った某寺で、私好みの可愛いのを見つけたので軽い気持ちで受けてみました。


見たところ中身は量産型おみくじのようだし、大体当たり障りのないことが書いてあるんだろうなあ、とか思いながら特に何かを占いたいわけでもなく何気なくです。


それも授与所ではなく、お土産なども売っている境内の売店ですよ。本当に、普通に、可愛い雑貨を買う気分で。


まあどうってことないだろうと思って、開けました。





思いっきり凶でした。


ご丁寧に5ヶ国語で、凶が並んでましたよ。
べりーばっどらっく!


はい、すみません。
完全にナメきってましたから。
そんな態度への、仏様のお叱りかも(´・ω・`)





それにしても、ショックというよりは驚きでした。人形などに入っていたりプチ御守り付きだったりするタイプで、中身が各寺社オリジナルでない新しめの量産型おみくじなら、大抵凶は抜いてあるかなと思ったので。


人形タイプの人気を受けて今年中に登場したばかりの新しいおみくじだったこともあり、もしかしたら凶抜きの流れから凶入りの復権?!みたいなことも少し考えたくなりました。


陶器人形系おみくじって大体500円以上はするから凶だと気分的な痛手が大きいし、人形を1体手に入れたらリピートすることもないじゃないですか。だから、わざわざ凶入りにすることにはそれなりの思想というか気骨というか、そういうのを要すると思うんですよね。


特に昨年あたりから、おみくじ自体にじわじわと人気が出てきているのを私自身だいぶ感じてきました。その中で、凶抜きにする風潮はメディアでずいぶん報じられてきたわけです。一方、人形系おみくじの人気で、各地の寺社が新しくオリジナリティのある人形を登場させています。


これからは、可愛さを全面に出したおみくじも、その中で差別化が必要になってくるのではという気がしてきたり。もしどこへ行っても無難に凶抜きだったら、言う割に意外と大して辛くないロシアンたこ焼きみたいで面白くないよね(謎)みたいな流れも出始めてくるのでは?などと勝手に予想してみたりしてしまう次第です。





そういえば、昨日は夏越しの大祓の日だったというのに、今年の私は忙しくて茅の輪くぐりに行きそびれていました。


6月末は一年がちょうど半分ということで、たまったケガレ(気枯れ)を祓う茅の輪くぐりの行事が各地の神社で行われます。実際、急に暑くなり疲れが出やすい時期でもありますからね。

ケガレ溜めすぎて凶出しちゃったかしら。


7月に入ってもまだ辛うじて売っていた夏越しの大祓にちなむ季節の和菓子「水無月」を食べて、多少祓ったような気になってみるなど。大掃除もしてみましたよ(←どうでもいい)


読んでくださった皆様も、この時期特有の疲れや夏バテに気を付けてお過ごしください!




芭蕉さんの壁画再考など。

以前にも紹介した桐生のレトロでアートすぎる洋食屋さん「芭蕉」ですが、先々月、ひさびさに訪れて、奥様と一緒にだらだら呑んでおりました(ありがたや)。


で、そのあと、先月この「芭蕉」さんがNHK・Eテレの「ふるカフェ系ハルさんの休日」に出るというから、もちろん見ましたよ。ハルさん、ちょいウザキャラですね(笑)。


もちろん、壁に埋まっていたこの棟方志功の壁画も登場してました。
 
店の雰囲気に合わないから埋めちゃったとのことですが、番組中で、掘り出した直後のかなり鮮明な写真が出てきてびっくり。眼から鱗。


かな~り、どぎつくピンクピンクしてた。
これなら、たしかに渋いみちのくの馬小舎というコンセプトには合わないかもと、ちょっと納得してしまいました。

上の写真の、現状ぐらい色褪せてると、全然違和感ないんですけどねえ。結果オーライ?



埋めてあった頃は、同じ場所にこれと同じ所(上岡観音絵馬市)の絵馬がいっぱい並べて飾られてました。



あと、最近、改めて棟方志功の展覧会図録とか眺めてて気付いたこともありまして。

棟方志功って、一時期、ギリシャローマモチーフにこだわってた頃があるんですよ。

そこからすると、この壁画の馬はよく見たらペガサスだし、掘り出したばかりの頃のピンクピンクした背景に女性の鮮やかな青い髪と眼、これって、実はギリシャローマ系な絵だったのでは?と思ってしまいました。

そうすると、大の棟方志功ファンだった芭蕉のご初代様が、青森出身の棟方志功ならではのみちのく感を期待したのに対して、棟方志功自身のそのときのギリシャローマ系マイブームがズレちゃった、という状況が想像できてしまう。

店のコンセプトとか全然見てない棟方さんのマイブームへの真っ直ぐさと、大ファンだからこそ失礼のないよう本人には黙って埋めたというご初代様のこだわり。当時の文化人の個性のぶつかり合いと思いやりが、イマドキの空気読め的な風潮の対極を行っててかっこいいです。



御初代の小池魚心さんは、「花なら何でも美しいという人は、花の美しさがわからない人だ」という名言を遺したと番組で紹介されていました。

人々がもてはやすからとか、ファンだからとか、そういうことでなく、自分自身の本当の美意識にきちんと向き合うことの大切さ、一美術ファンとして胸に刻みたいです。

ていうか、すみません、私も、棟方志功だから、ファンだから、ってだけで今までこの壁画を拝んできました。それに、こんな考察たれてみたところで、それはそれで私も色々な情報に惑わされてるだけかもしれないわけです。御初代様、なんか本当、すみません…。

自分の美意識って何なのか、思った以上に難しい問題です。私は割とつい何でも調べ込んでしまうタチなんですが、それでいいこともあるし、悪いこともあるのかもしれません。



ところで、これ以来、「ふるカフェ系ハルさんの休日」はちょいちょい見てるんですが、毎回いちいち気になってしまう場面があります。

それは、ハルさんがそのカフェの美味しいもん食べて至福に包まれるときのBGM。

モーツァルトのオペラ「魔笛」の中の、「夜の女王のアリア」と呼ばれる曲なんですが、これは毒母の怒りの金切り声を表現した曲で、そのため人間の出しうる最高音が使われている、という豆知識を持っているせいで、どうしても「おいおい、ちょっと!」となってしまいます。

こういうことも、もしかしたら考えないほうがいいんだろうか、知らなくて気持ち良ければそれでいいんじゃないか、と反省しなくもないわけですが。オペラの名曲って、ストーリーを知っていると、ここでこの曲使うかよ!と突っ込みたくなる場面に案外色々と遭遇するのがネタとして面白いっちゃ面白いと思います。あくまでネタとして。

ちなみに、同じ「魔笛」の「パ・パ・パ」という曲が、子供の頃「パナップ」というアイスのCMに使われていて「パパパパパナップ」とか言ってたのは、むちゃくちゃ合ってたと思います。超どうでもいいですね。すみません。

先々週の、探検バクモンのミニコーナーの話も、また気が向いたら書きます。
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる