まっぷるマガジンおでかけ冬号

明日発売のまっぷる 関東・首都圏発 家族でおでかけ 冬号 (まっぷるマガジン)



「すみっコぐらし開運おみくじ」付いてます!
なつかしの組み立て紙付録でございます。
カチャカチャ振るやつ。大人もうなるかわいさ。

「ざっそう」「ぺんぎん?」て…

シュールで謎なおみくじ結果が笑えます。

けどこれだけで終わるはずがないっ!

こことは別に詳しいおみくじ結果のページがちゃんとあるんです。

しかも「大人用」「こども用」に分かれてるんだぜ?

くーっ、ツボるっ!私的に、そこがツボる!!!!!

大人用おみくじ結果、マジでオススメです。

トホホで笑える日常の機微が心に沁みます。

これは癒しの永久保存版かと。


で、付録説明ページに不肖私によるおみくじQ&Aがちょこっと載っております。

お子様と一緒におみくじ組み立てながら、おしゃべりでもしながらなんとなーく読んでいただいて、より付録を楽しむのに少しでもお役に立てればと思います。

何ならお子様とかいなくても、お一人様でも全然オッケー。

だって大人用があるんだもの!

すみっコぐらしファンの方や面白いおみくじが好きな方には、それだけでゲットする価値ありの本になってますよ。

ともあれ、よろしくお願いします!

スポンサーサイト

淡交社「なごみ」2018年10月号

2018年10月1日発売の淡交社「なごみ10月号」に、拙著「ニッポンのおみくじ」紹介記事が掲載されます。



「なごみBOOKS 書店員が選ぶこの一冊」という連載コーナーです。

茶道や日本文化がお好きな方は、ぜひお手に取って、ついでにこの紹介記事も目に留めていただけるとうれしいです!

月刊住職 2018年5月号

月刊住職2018年5月号に、鏑木のインタビューが載っております。



「おみくじ進化で寺門興隆の実際」という記事で、私の担当箇所は主に、お寺様と参拝者を結ぶものとしてのおみくじをどうすればより効果的に活かすことができるかというお話です。

記事自体も、拙著「ニッポンのおみくじ」を参考にしていただきました。

これからおみくじを活用していきたいお寺様にとって役立つ情報が満載です!

生駒参道ご縁市オリジナルおみくじ

生駒の聖天さん宝山寺は、超強力なご利益で熱烈に信仰されているお寺。

2013年08月14日掲載分05


私はここの参道の景観が大好きで、何度となく足を運んでいました。


過去にはこんな記事も書いています。
なんでも叶えるゾウ!?本気の願いは聖天さんへ! 宝山寺
↑クリックでお読みください!↑


2013年08月14日掲載分04

山ならではの絶景とレトロな街並み、そして宝山寺の清々しい空気感。
本当に、なかなかない取り合わせだと思います。


そんな大好きな場所の町おこしイベントにご縁をいただきまして…!

私自ら製作した「おみくじ」を置いてもらえることになりました。


「生駒聖天参道ご縁市」
↑クリックで詳細情報ご確認ください!


食べ歩きをはじめ色々な出店、着物の着付けやお茶会、などなど。

最近の推しは、聖天さんの縁起物「大根」のハンドメイド雑貨。

地元の魅力が詰まった、もりだくさんなイベントなのです!!!


こちらのイベントは、今のところ毎年4月1日と12月1日の年2回開催。

↓直近、2018年4月1日のフライヤーです!クリックで拡大できます。
goeniti201804a.jpg
goeniti201804b.jpg

「生駒聖天参道ご縁市」
↑最新情報はこちらのfacebookページです!


おみくじは委託販売ブースにあります。

イベント限定の完全オリジナルですので、なかなか引けませんよ!
ランダムでパワーストーン付きです。


で、そのおみくじなんですが、大体こんな感じです。

ikomaomikuji.jpg
(ちなみに大大吉は激レア)

イベントにちなみ「生駒参道ご縁みちびきおみくじ」という名前です。


ご当地ネタやギャクをガンガン盛り込みました!
(そこはなんというか、がんばりましたw)


日々のはげましになって、しかも生駒の街歩きが楽しくなる、
そんな「みちびき」になれればというコンセプトです。


生駒さんどう会のイベント時しか引けません!
今のところ確実なのは毎年4月1日と12月1日の年2回のみです。
12月1日なら宝山寺の厄除け大根炊き行事も楽しめますよ!


というわけで、タイミングよく宝山寺にお越しの際は、
ぜひ引いてみてください。よろしくお願いしますm(_ _)m

【記事】一度は引いてみたい!通が教える変わり種おみくじ7選

WEBマガジン@DIME様に取材していただき、
こんな素敵な記事が本日上がりました。

一度は引いてみたい!通が教える変わり種おみくじ
↑クリックでお読みください↑


写真は記事中の一例。

色んな意味でインスタ映えするものばかりですよ!

お暇なときにでもご一読を。

   

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
オススメ記事
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
おみくじプランナー
おみくじの作り方個別指導塾のようなものを始めました。

おみくじに関する情報提供・相談業務を有料で承ります。

おみくじをオリジナルで作ったり活用したりしてみたいけれど良いアイデアがなかなか浮かばない方へ!

個人様や小規模な寺社様・商店様など大歓迎です。できる限り自前でお安く魅力的なものができるよう丁寧にサポートいたします。
お気軽にどうぞ。

↓お問合せはこちら
おみくじ活用サポートセンター ↑メディア関係の方も、仕事依頼についてはこちらです。
 著書
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家・おみくじプランナー。著書「ニッポンのおみくじ(グラフィック社刊)」発売中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月平均2回以上は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石やらトランプ・占いカード類やら喫茶店マッチやらと、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。気になったらとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる