オマケのルーツはおみくじにあり?!食玩の元祖でたのしいお正月♪

前回その前の前で触れてきた、日本のおみくじのルーツのひとつ「辻占(つじうら)」。その一貫としての「辻占菓子」は、フォーチュンクッキーのようにちょっとした占いが出てくるという、江戸時代から続く楽しいお菓子でした。

今回紹介するのは、これの豪華版みたいなもの。



その筆頭は、「辻占福寿草」と同じ金沢「諸江屋」さんの「福徳煎餅」。

毎年11月の終わりから1月上旬にかけて、諸江屋ネットショップで買うことができるお正月の縁起物です。


形は打出の小槌・砂金袋・米俵の3種で、どれも中に幸せが詰まっていそうなモチーフ。黄色と白の2色を表裏で合わせているのは、黄金と白銀を表しているとのこと。


何も知らなければ、見た目はただの最中。




ところが、割ると…




↑中から可愛いサイズの土人形が!
(こちらは食べられませんw)

どれもカラフルで、ゆるかわで、郷土玩具好きにはたまりません。フルコンプした~いっ!



↑「金華糖」というお菓子が出てくる、中まで食べられるバージョンもあります。

素朴な形の中に、和菓子らしい色彩の美しさ。

これ、一見するとただの砂糖の塊みたいですが、サクッと軽くかじれて口の中でほろほろ溶けていく優しい食感に、あっさりとした上品な甘さで、驚くほど美味しいです。ものすごく質の良い砂糖を使ってると思います。

まわりの最中の皮と一緒に食べるとさらに美味。っていうか、これがなかったら本当にただの最中の皮ですな(;´∀`)

ちゃんと合うようにできてるんですね~。



土人形バージョンも金華糖バージョンも、何が出てくるかは開けてのお楽しみ。

江戸時代に考え出され、子供たちへのお年玉にされてきました。


出てきたものから新しい年の運勢を何となく占ったりもしたというので、やはり辻占の豪華版なのでしょう。

どれもハッピーなものばかりなので、占いと予祝(未来の幸せを先に祝い幸運を祈ること)を兼ねていると思われます。


家族団らんの場に、初笑いの楽しいおしゃべりと幸福感をもたらしてくれる素敵菓子です!

そして今時、私のようなおひとりさまにはコレクションしてニヤニヤする幸福感を(ry



七福神の土人形が出てくる「ふくとこ宝船」というバージョンもあります。

こちらは中身が決まっているのでドキドキワクワクはないけど、とにかく豪華。

箱や包装も凝っていて素敵な上に、オマケも豪華です。

↑オマケのひとつ、手刷りの宝船版画。しかも、初夢祈願として枕の下に敷いて使っちゃってもいいように2枚セット!気がきくなあ。

他に、ポストカードと江戸情緒な錦絵風のすごろくもついてました。


お菓子を割ると、土人形のほかに和三盆まで入ってます。至れり尽くせりです。でもって和三盆むちゃくちゃ美味しい!
(実際は、衛生面を考慮して人形はビニール袋に入った上で最中の皮に入れられてます)


全員集合で撮ってみました(*´ω`*)




他に似たような趣向では、山形県の伝統菓子「からからせんべい」というのがあります。




こちらも、中から色々な民芸品が出てきます。
(衛生面から薄紙に包まれて入っています。
       でもって、食べられませんw)

やはり元は子供たちへのサプライズだそう。
干支などお正月っぽい縁起物も。

「福徳煎餅」と比べて辻占的な要素は薄まってきていますが、「何が出るかわからない」という点は神託としての「くじ」や天からの「授かり物」に通じるので、根底に流れるものは同じだろうなと思います。

種類はこちらのほうが、キリないほどものすごく多そうです。

素朴で昭和レトロな風情がなつかしく、大人でも童心に帰ってしまいます。

個人的に、上の写真の中では右上のメンコ2枚セットが特にツボでした(^o^)

プラ物とかもあるけど、どれも昔のグリコのオマケみたいな絶妙な味わいを醸し出してます。


ちなみにお煎餅の味は、黒糖の風味が力強くて、かなり美味しいです。これだけでも時々ムショーに食べたくなりそうな勢い。

「からからせんべい」は楽天で買うことができます。


今回紹介した昭和レトロな「特製おもちゃ(民芸)」バージョンと、今時な子供向けプラ物しか出てこない(単に)「おもちゃ入り」バージョンの二種類あるので、買うときは間違えないように気を付けてください(上記リンクからなら大丈夫です)。




それにしても、この、何が出るのかわからないオマケのワクワク感、そしてお菓子とオマケのどっちがメインかわからない加減。

これって、食玩のルーツかも!

しかも、「福徳煎餅」と近いルーツをもつ辻占には、オマケカード/トレカの元祖的な性質もありました。

というわけで、お菓子のオマケ/食玩は日本の伝統文化なのかもしれません(オチ



続きを読む

スポンサーサイト

辻占煎餅3番勝負

前々回は辻占(辻占)を紹介し、辻占菓子についても触れました。

では、その一種、「辻占煎餅(つじうらせんべい)」って知ってますか?


↑写真は、「いなりや」さんの辻占煎餅。

この見た目の通り、フォーチュンクッキーの元になりました。中にも同じように、ちょっとしたおみくじ(こういうのが「辻占」)が入っています。

アメリカで日系人の売った辻占煎餅が中国系移民の間で広まり、材料や製法などを変えつつ中華料理屋の定番になっていったのがフォーチュンクッキーです。


さて、フォーチュンクッキーではなく昔ながらの辻占煎餅は、今でも伏見稲荷参道の味噌煎餅(甘い小麦粉生地にほんのり隠し味の味噌が香ばしい瓦煎餅)のお店で手作りされ、さかんに売られています。

今のところ3店舗を確認できたので、全て食べ比べ、独断と偏見で通信簿をつけてみました。



1ヶ所目は「いなりや」さん。

店頭では、焼いて、曲げて、と製作工程を実演中。


で、こんな感じで売ってます。

一個ずつバラ売りのものは、当たりつき!
当たれば「金きつね」がもらえます( ☆∀☆)




割ってみました。
フォーチュンクッキーと同じように、中から出てきます。

おみくじ(辻占)は、こんな感じ。

「辻占」煎餅なのに「おみくじ」と言っているだけあって、運勢の解説がきめ細かく現代的。

なんと250種類もあるそうです(゜ロ゜;ノ)ノ
これならよく当たるかも?

昔ながらの辻占の風情はありませんが、来るたびに占ってみたくなっちゃいます。何より、当たりも狙いたいし!

いなりや「辻占煎餅」
おいしさ★★★
美しさ★
楽しさ★★★★★






2ヶ所目は「宝玉堂」さん。

ノスタルジックな佇まいがいい感じ。
伏見稲荷参道で一番古くから開業している味噌煎餅屋さんです。

こちらも製造実演してます。

買ったらオマケで割れ煎をちょこっと試食させてくれたのが嬉しかったなあ(^.^)



昔ながらの形には、占いの紙がフォーチュンクッキーみたいに中に入ってるのではなくこうやって挟まってるものもあるんですね~。

といっても、かなりぎっちりと挟まっているので、引っ張って抜こうとすると破れちゃうことがあります。けっこう硬いですが、がんばって割りましょう!


辻占はこんな感じ。

レトロな手刷り風の印刷が味わい深い!

昭和10年の創業当初から変わらないスタイルを貫いているそうです。スバラシイ(*´ω`*)

文言が都々逸(どどいつ)の七・七・七・五調で統一されている、まさに伝統的な「辻占」スタイルです。

それにしても左下の、

「さぞやさぞさぞさぞ今頃や
 さぞやさぞさぞさぞやさぞ」

って、ものすごく気になる言葉!

謎めいた言い回しも魅力です。


そして、特筆すべきは、そのお味。

胡麻と芥子の実の香りが効いてるのは3店舗中ここだけ。味噌風味は抑え目で、より優しい甘味が引き立ちます。

好みの問題もあるかもしれませんが、私はこちらのものがダントツ一番美味しいと思いました(*^^*)

宝玉堂「いなり煎餅」
おいしさ★★★★★
美しさ★★★★
楽しさ★★★






3ヶ所目は、「松屋」さん。

こちらも昔なつかしい店構えです。


「鈴せんべい」も、占いの紙は挟まってるタイプ。


割ると中には大豆が入っています。
このため「鈴」の名の通り、振るとコロコロやさしい音がします(^.^)

お煎餅の表面には鳥居や狐さんの絵が型押しされていて綺麗。「いなり煎餅」も似たような感じだけれど、こちらの「鈴せんべい」のほうが柄の出方が鮮明です。


辻占はこんな感じでした。
こちらもレトロな印刷の都々逸調です。

個人的に一番気になる言葉はコレ。

「こうすりゃこうしてこうなるものを
    知りつつこうしてこうなった」

なんでこれが大吉なんだろう(^o^;)
深そうで深くない言葉選手権に出れそうw

「いなり煎餅」の辻占との内容的な違いについては、まだどちらも一度買ってみたのみなので、もっと集めてみないことにはわかりません。

ですが、何となく、「鈴」になっていたり見た目が綺麗だったりと趣向が凝らされているからなのか、こちらのほうがやや全体的に情緒豊かで洗練されているような気がします。

松屋「鈴せんべい」
おいしさ★★★
美しさ★★★★★
楽しさ★★★★




以上、あくまで独断と偏見での比較なので、ぜひ自分の目と舌で味わってみてください!

いずれにせよ、昔と変わらない形の辻占は、昭和初期のレトロな雰囲気が好きな人にはたまらないはず。

未来につないでいきたい駄菓子遺産(造語)です。





凶が出たら嬉しいおみくじベスト3

凶が出たら嫌だという人は多いし、そんなクレームを避けるべく最初から抜いてしまうこともよくある昨今。

ですが、それを逆手に取るというか何というか、凶が出ると嬉しいサプライズで励ましてくれる所が密かに増加中だったりします。

これまでに見つけたそんなおみくじを、独断と偏見でランキングしてみました。


それでは、第3位!

この先鞭をつけたのが、師岡熊野神社(横浜市)。


凶が出たら↑こちらの御守りが頂けます!

裏側のヤタガラスの絵柄もかっこいい。


普通に授与などはしておらず、凶を出すことでしか手に入らないので大変レアです。

当然、確率も低く大変ですが、なんと少しだけ凶を出しやすくする裏技が存在します。

それは、大吉を意図的に避けること。

なんじゃそりゃという感じかもしれませんが。

実はですね、ここでは「大吉を出してがっかりされてもなあ」と思ったのかどうかは知らないけれど、大吉に小さなオマケ御守りがついています(下写真)。

実はこれ、触ればわかります。

ですから、何か入っている感触のあるものを避けて引くようにすれば、凶の確率を少しだけUPすることができます(それでもかなり低いとは思いますが)。

もちろん、知らずに引いたらこちらも嬉しいんですけどね(*´ー`*)

ちなみに今回紹介する中で、筆者自身がちゃんとサプライズを引き当てられたのはまだここだけです(´д`|||)キビシー



さて、第2位!

神社仏閣じゃなくて、札幌テレビ塔!
展望台には「テレビ父さん神社」があります。

って、あれ、神社?最近エンターテイメントとしてのゆるキャラ神社は多いですね。この世のものでないという点では通じているから、まあいいのかな。

それはともかく、そこのガチャでおみくじが引けます。

オマケで七福神っぽいテレビ父さんの木札もついてますよ。
どうでもいいけど福禄寿はハマりすぎ!

で、凶が出たらテレビ父さんの開運缶バッジがもらえるとのことです。

これもすごくレア!
っていうか、さっきみたく小細工できないし!( ̄▽ ̄;)

それにしても、この本文のゆるさで「凶」ってどんななのか、そっちのほうが見てみたい気もします。



そして最後に第1位!

京都向日市激辛商店街の「辛口おみくじ」です!

JR桂駅前のイオンモールに入っている「京都インバン」というはんこ屋さんで引くことができます。


こちらも神社仏閣ではありませんが、地域ぐるみということで、明治神宮のモデルにされた社殿でも知られる向日神社とコラボで制作された本格派。




店頭ディスプレイのこれが目印です!

ゆるキャラ「からッキー」があしらわれたインパクトある筒を振ってドキドキ。



で、こちらが一発目でした。


「小吉」ってなんか微妙で寂しいなあ。

辛口なんだから、やっぱガツンと凶とか出てほしい!

とかつい思ってしまうという意味で、第1位にしました(笑)。

しかも、大大凶を引き当てれば「大大凶の人認定証」がもらえるんですよ。

確率は50分の1だそうです。

きびしい。けど、

これはリベンジしないわけにはいかねえ!


というわけで、後日、むちゃくちゃ体調悪い日にわざわざリベンジしたのがこちら。

やっとこのくらいはキタ…けど惜しい(>_<)

あんなに体調悪くてもこんなもんとは、どんだけやばいんだよ大大凶。

スミマセン、独り言でしたσ( ̄∇ ̄;)

ともあれ、毎回もれなくどの項目もひどいんだけど愛があるし、思わずプププッと自虐的な笑いがこみ上げてしまうのは「辛口おみくじ」の本領でしょうか。

店員さんいわく、今まで見た中で一番ひどかった文言は「もはや女性ですらない」だそうです。逆に男性が引いてたらどーすればいいのかと。でもどちらにしろ笑えます。

これ作った人、マジ天才だと思う。

やみつきでリピートしてしまうあたり、まるで激辛料理!?


ちなみに激辛商店街は「架空の商店街」なので、桂のイオンモール内にも加盟店がいくつか紛れ込んでます。フードコートやレストラン街でここだけのウマ辛メニューが味わえたりするので、ぜひ探してみてください。


なお、本部のある向日町まで出れば、痛いレベルの本気な激辛料理や、この「辛口おみくじ」のように食べ物以外の激辛サービスも色々あるそうで興味津々。探索してみればもっと強烈な面白体験ができそうです。






おみくじたんbot 取扱説明書

各地のおみくじを紹介したり、豆知識をつぶやいたりするtwitterのbotを作りました。


Twitter ID: @omikujitan_bot






★つぶやき全般について

普段は3時間に1回程度、年末年始(12月20日から1月7日まで)は1時間に1回程度つぶやき、大晦日以外の夜中は止まります。

半手動につき、こちらから話しかけたり、自動おみくじ機能以外で個別に返信したりするのは手動です。気まぐれにRTやイイネすることもあります。今のところ、おみくじと関係ないイイネは個人垢に適宜移し次第、こちらのは消してしまってますのでご容赦ください(今後考え直す可能性も…)。


面白ネタと雑学が主で、硬軟取り混ぜっぷりが激しいです。いわゆる学術たんよりはだいぶゆるめかと。おふざけも多めです。あまり真面目に捉えすぎませぬよう。

おみくじに対する基本的なスタンスについては当ブログの記事の通りです。詳しくは【雑感・まとめ】おみくじについて。の記事と、同記事内にまとめてあるリンク先をお読み下さい。参考文献(←今後さらに紹介冊数を増やす予定)なども載せてあります。


紹介しているおみくじの画像は、全て中の人(当ブログ筆者)が
自ら現地に足を運び、自腹で引いてきたものです。


当然のことながら、
文章・画像等、情報の無断転用は禁止とします。



万が一、画像・内容に関して何か問題がありました場合は、関係当事者様に限り、当ブログのプロフィール欄に記載のメールアドレスまでご連絡いただければ速やかに対応いたします。


各おみくじのタイトルの後に(各地)と付けてあるものは、各寺社のオリジナルではなく汎用であろうと推測したものです。が、間違っていることもあるかもしれません。また逆に、オリジナルだろうと私は思っていたけれど実は違って他でも同じものがあった、なんてこともありうるかもしれません。もしこういったことが判明した場合は、ご一報いただければ幸いです。

また、おみくじに関する情報はいずれも筆者が訪れたときのものになりますので、変更・廃止等、状況が変わっている場合もありますことをご了承ください。こちらに関しても何か判明したときはご一報いただけるとありがたいです。



★フォロー/アンフォローについて

フォロー返しは必ず行う方針ですので、もし外れてしまっている場合は何かのミスと思われます。どうか遠慮なく一声おかけ下さい。

また、鍵付きの場合、無理して許可などせずそのままフォローしていただいても大丈夫ですのでご安心ください(間違って何度もフォロリクしてしまうかもしれませんがスルーしてください)。

なお、エロアカウントやアフィリエイト等目的のスパムアカウントと判断した場合はブロックすることがあります。

飽きたらお別れはリムーブではなくブロックでお願いします。



★リプによるおみくじ機能について

「おみくじ」「占って」「運勢」のリプに反応して(以上の言葉が含まれてさえいれば、たとえば「明日の運勢」とかでも反応します)、変てこなおみくじを返します。ただし、あほなことや適当なことしか言わないので、完全にジョークとお考え下さい。凶が多いという噂もありますが、あくまでジョークです。ほぼ「点取り占い」みたいなノリだと思っていただければと( ̄▽ ̄;)

歌の歌詞やアニメ等のセリフやそれらのパロディー等も含まれています。この手のものに関しては、何か問題があるようならすぐ消すつもりです。あくまでジョークですから。

今のところ、時々なぜかいっぺんに2回引いてしまうという不具合が発生中です。解決法はわかりません。ごめんなさい!所詮ジョークなので、気にせず適当に遊んでやってください。いっそ2つセットとして、自分なりにつなげて意味を考えてみるとか(爆)。

また、このおみくじの新しい文言を随時募集しております。「○吉」「○凶」その他運勢ランクに、何か面白い一言を添えてリプしてみてください。採用させていただく場合は、ツイッターIDを文言に加えた上で使わせていただきます(匿名希望あるいはペンネーム等希望の場合は投稿時にその旨お知らせ下さい)。採否に関しましては中の人の独断と偏見であり、また採否の連絡等もいたしませんので(「イイネ」は「見ました」のサイン程度にお考え下さい)、ご了承の上でお願いいたします。

おみくじ袋のセンスは大事。@橿原神宮

袋が素敵なおみくじといえば、

こういうのがあります。



裏はこんな感じ。

奈良県の橿原神宮で引くことができます。


いくつかカラーバリエーションも。
最近、なんか緑色が落ち着くのでつい(^^;
好きな色が選べるのは嬉しいですね。


何となく袋のかっこよさに惹かれて、引きました。


とはいえ、この袋、最初は
使い道がイマイチわからなかったんですよ(汗)。


だけど、こうして重厚なデザインの袋に入っていると、
なんだかおみくじそのものが、
お札やお守りのように立派に神々しく見えてくる。



そして、思い出させられるのでした。
おみくじって、本来そういうものだったはずだよね、と。


おみくじに書かれた神さまのメッセージを噛みしめながら、専用の袋に納めて、しばらくはお札やお守りのように大事に持っておく。


そのための袋なのではと、最近思い至りました。



中身は、和歌のおみくじです。
綺麗に丸められて入っていました。

「ゆきにたへ風をしのぎて梅の花
   世にめでらるる其かをりかな」

写真ではカットしていますが、下半分には項目ごとの運勢があります。

 
心を引き締めるような言葉に出会ったら、
ぜひとも結ばずに持ち歩きたいですね。



次に別のところでおみくじを引いたときも、
あるいはまたその次でも、
自分にとって「今の」おみくじだと思うものを、
心にしまうように、そっと入れておく。



そんな秘密の「おみくじ袋」として、使えるかもしれません。



検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる