スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでトリん♪

あけましておめでとうございます。

なんだかんだで今時、細々とですが当ブログが続いていることに驚かなくもない今日この頃です。

まるで昔の「ほおむぺえじ」というやつのままじゃないかぐらいの時代に逆行っぷりですが、まあなんか、べつにいいやと思ったり思わなかったりしております。

本年もよろしくお願いいたします。


年末には、お伊勢参りに行ってきました。


伊勢神宮では、鶏を特に大切にしています。

夜明けを告げる鶏は、アマテラス大御神の岩戸開きにも一役買っているからです。


そんな伊勢神宮の、酉年の絵馬というのは何ともぐっとくる気がします。

夜明け、つまり闇からの復活再生を表すということで、酉年は一陽来復の年とも。

というわけで、今年の消しゴムはんこ自作絵馬は鶏をパワーアップさせて火の鳥とか鳳凰な感じを狙ってみました。

数年ぶりに細かいのをがんばった。けど、微妙にただの変な怪鳥という気もする( ̄▽ ̄;)



気を取り直して、お気に入りの鶏な郷土玩具でも載せていきます。


まずは伊勢の一刀彫り。

宮大工が神宮の余った御用材で作るという伝統の品です。

やはり伊勢ですから、干支と関係なく鶏が主役っぽい感じ。雌鳥がちょこんとしてて可愛いです。


伊勢神宮で授与される、毎年変わる伊勢一刀彫り干支守りはこちら。

大胆な造形がかっこいいです。

新鮮な楠のアロマが効いているので、しばらくは手近に置いて森の香りに癒されたいところ。

神宮の干支守りは、毎年受けると強運になるという噂もどこからとなくあったりします。

一巡して同じ干支になっても必ずデザインが変わるので、集めていても飽きないそうですよ。


もうひとつ鶏がイチオシなのは、秋田県米沢市の笹野一刀彫。

同じものがモチーフの干支絵馬をバックに飾ってみました。

こちらの特徴は、何といっても、木を繊維の向きに沿って薄く削り、繊細にカールさせていく「削りかけ」という技法。

しっぽや羽の、ひだのような表現にこれが生きています。

そして、この「削りかけ」を最強に極めたのが、こちらの「尾長鶏」。

幾重にも重なる、今にも壊れそうな尾が美しいです。笹野一刀彫は「お鷹ぽっぽ」が有名ですが、私はこの「尾長鶏」が間違いなく最強だと思います。

まあ何というか、今年もこんな感じで、ゆるゆると好きなものを愛でていきたいです。




スポンサーサイト

赤ずきんチャチャの絵馬ゲット(*≧∀≦*)

完全に私事なんですが、最近、赤ずきんチャチャ赤ずきんチャチャ という漫画がマイブームです。

これ自体は20年くらい前の「りぼん」の漫画なんですが、最近急になつかしくなってハマり出したタイミングで復活、赤ずきんチャチャN という続編が出てたんですね。

それで新刊が出るたびに抽プレ企画があるんですが、今回は絵馬でして。

なんか当選数50名なのに当たってた!
ひゃっほう\(^o^)/

あんまり嬉しいので思わずここに書いちゃいました(*≧∀≦*)

もはや絵馬を呼び寄せる体質なのかもしれませんσ( ̄∇ ̄;)

一世代前の立絵馬

以前の記事で「立絵馬」というものを紹介しましたが、最近、手向山八幡宮の一世代前の立絵馬をたまたま入手できました。


大谷幸康さんという方の筆になるそうです。現行のものがややカッチリした印象なのに対して、おおらかで温かみのあるタッチにほっこりします。

何だかテンション上がったので、思わずひさしぶりにブログ書いちゃいました。

個人的には、絵馬や郷土玩具って、骨董市などで見つけられるほんの少し昔くらいのものが一番好きです(単に古ければいいってわけでもなく、あんまり古すぎて色褪せていたりすると寂しいので)。ともすると今の時代には忘れ去られてしまいそうな、独特の野趣を感じられることが多いように思います。

普段の生活の中でも、ふと立ち止まったときに目に入ると、一時、気持ちがほぐれるような、この感じがたまらないんです。こういうものって。



ところで、何となく手向山八幡宮の立絵馬をスウェーデンの縁起物「ダーラナホース」と並べてみました。

どうです、この違和感のなさw

立絵馬はもっと北欧女子に愛されてもいいと思うんだ。

それにしても、スウェーデンでも馬は幸せを運ぶ存在なんですよね。模様の雰囲気なんかもどこか手描きの絵馬に近いところがあって、不思議な親近感をおぼえてしまいます。

猿な絵馬色々。

あけまして遅くなりましたが。なんだかんだで今年も年賀用けしごむはんこ絵馬、作りました。

猿に桃を持たせるのは絵馬の世界では定番で、豊穣のシンボルです。あと、昨年、千葉市美術館でみた「唐絵もん」という展覧会の紹介映像に出てきた林ろう苑(←漢字が出ない)という人の猿の絵のぶら下がらせ方がかっこよかったので、おぼろげな記憶で真似(にすらなってないと思うけど)しつつ、ついでに(たぶん桃の)花も咲かせてみました。花を10個くらいまとめて彫ったのを適当に押してグラデーションつけようとしたら、位置が思い通りにいかないし果てしなくめんどくさかったので、どうせなら何段階か多色刷りのつもりで最初から全部彫ればよかったのにとか思ったり。

最近の桃持ち猿の絵馬では、こんなんがあります。

ミニサイズ。12年前に上野公園の五條天神社で購入しました。汎用っぽいので、他のところでもあるかも。今でもあるかはわかりませんが。古式絵馬のは今すぐ出てこないので、また今度。


こちらは武蔵野地域に伝わる古式絵馬、飯能絵馬の御幣持ち猿。山王様か庚申様のお使いとしての猿の姿。すねた顔がお気に入りです。同様のものは、川越の本多商店さんや府中駅前フォーリス内の「中万」という文房具屋さんで取扱いがあります。本多商店さんのほうが時期に関係なく作っているので確実に置いているはず。


庚申さんのお使いなら、見ざる聞かざる言わざるの三猿。写真は柴又帝釈天の参道のお土産屋さんで買ったもの。これも12年前かも。


今年の正月に一番面白いと思ったのは、こちら。

兵庫県の西宮にある廣田神社の干支絵馬です。作者は画家の武井泰道氏。過去のを調べてみたら、ここ数年同じ人が描いていましたが、べつに阪神タイガース仕様ではなかった模様。猿ならいじりやすかったとかで今年だけなのでしょうか。とはいえ寅年に期待!

梅田の天神様

大阪梅田の、阪急やロフトがひしめく中心地に綱敷天神社御旅社はあります。

ビルの谷間の小さな神社。

この、ある種浮世離れしたロケーションに合わせて、こんな絵馬が用意されていました。



ちょっとシュールな取り合わせです。
現代の梅田の風景に、パラレルワールドをほのめかすような霊芝雲を配して天神様。御神木の梅も一緒。
梅田という地名は、この神社が由来とのこと。

天神様といえば、撫で牛もしっかりいました。

目がくりくりしてて可愛い感じです。なでなで。

大都会の喧騒の中、ちょっと立ち止まって深呼吸できそうな静かな一角でした。
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。