平野多恵先生新刊「おみくじのヒミツ」と、今年の歌占イベント。

和歌のおみくじ「歌占(うたうら)」の文献史料を中心におみくじの研究をしておられる成蹊大学の平野多恵先生が、昨年末に新刊を出されました。

神さまの声をきく おみくじのヒミツ(河出書房新社刊)

何気なく引いてしまっているおみくじですが、もっと自分の生活がよりよくなるように(ある意味では「運気がよくなる」と言い換えてもいいのかもしれません)、活用する方法があります。そのために有効なのは、おみくじの内容を的確に読み解き、そこに込められたメッセージと上手に付き合うこと。この具体的なやり方を、これほど丁寧にわかりやすく解説した本は他にありません。

おみくじの歴史に関する基礎入門やコラムなどももちろん見識の深さが素晴らしいのですが、この本の場合は何より、読んでいて思わず「あるある、あるかも!?」と納得・共感してしまうような日常に根付いた学生さんたちの実体験から、これぞ著者の本領発揮な説話等にもとづいた歴史上の人物による意外なほど親しみやすい不思議エピソードまで、とにかく豊富な「実占例」が最大の特徴となっています。

どれも状況に合わせた占いとしての和歌解釈の実例なので、読んでいくうちにだんだん感覚がつかめてきて、気が付いたら友達の引いた和歌おみくじを解説してあげられるレベルになれるはずです。そこには人の心と和歌との相互作用的なナラティブ・セラピーの要素が多分にあるので、心理学系の人や占い師を目指す人にもオススメ。巻末の「おみくじ帖」も、自己省察を深めるのに役立ちますよ。


また、同じく平野多恵先生が古典の占いや神託に関する史料を渉猟して編んだ和歌のオラクルカード「歌占カード 猫づくし」と組み合わせて使うことで、より深く占えるようになります。絵柄も純和風でかわいいし、占い慣れしていなくても直感でわかりやすい上に占い方の幅が広く、使い込むほどに奥深い解釈ができる大変ポテンシャルの高い占いカードです。プロのカードリーダーさんにも愛用され始めている様子。気になった方はこちらの紹介記事もぜひご覧ください。カード占いも「おみくじ帖」のように記録を取るとなお良しですね。


ところで、以上2冊を平野多恵先生がご出版されるきっかけになった場所とイベントがあります(その10年ほど前から和歌おみくじの研究を続けていらした成果がそこで世間に花開いたという感じです)。

それが、このときわ台天祖神社です。
20160127220242660.jpg

2015年に、平野多恵先生のゼミで作成されたオリジナルおみくじ「天祖神社歌占」が誕生。同年から、お正月に境内で歌占の紹介イベントが行われるようになりました(特に展示内容が濃密だった2016年の様子はコチラの記事で!「歌占」についても色々わかります)。

20160128030423873.jpg
「天祖神社歌占」では室町時代の歌占と同じように、呪歌を唱えてから弓に吊り下げられた短冊を引きます。

今年2018年もお正月にときわ台天祖神社でイベントがあったので、東京は遠いけれど気合入れて先生のいらっしゃる日にお邪魔してきましたヾ(・∀・)ノ

ちなみに江戸時代にもこんな感じで歌占が行われていたそうですよ。
KIMG0016.jpg
今年展示されていた「伊勢参宮名所図会」より(クリックで拡大できます)。

イベント会場は昨年できたばかりの「杜のまちや」。
ときわ台駅から歩いて天祖神社に着くまでの数軒手前にあります。
KIMG0009.jpg
ベンガラ壁風の和モダンな外観がお洒落。

KIMG0021.jpg
入ってすぐの1階もウッディで落ち着きます。
時期によってはカフェをやっていることも。

壁に映し出されているのは境内の様々な風景。
パネルのコーヒー飲んでるちょんまげおじさんは太田南畝がモデル。
日本で初めてコーヒーを飲んだ人と言われています。
ときわ台天祖神社に参拝に訪れた記録があるとのことです。
これにちなんだコーヒーも売ってたりしますよ。

2階がイベント&ギャラリースペース。
KIMG0057.jpg
この日は本来解説するはずの大学院生さんがインフルエンザで病欠、
ピンチヒッターで平野多恵先生自ら熱弁をふるって下さっていました。
巫女装束がキマッてます!

解説内容は、和歌おみくじの成り立ちと天祖神社歌占の概要。
普通の和歌おみくじの見方もわかるので、普段おみくじに興味がない人でもつい引いてしまう初詣のついでにこうして解説が聴けるのはとても意義深いと思います。

天祖神社歌占ならではの特徴は、ときわ台天祖神社ゆかりの神々が弓に下がった短冊を通してあらわれること。出てくる神様は、本殿と境内社に祀られている神々に加え、拝殿内に掲げられている「天の岩戸開き」神話の場面を描いた絵馬に登場する神々で、合計16柱となっています。

パネル展示では、天祖神社歌占の結果の紙と同じイラストで神々を紹介。
KIMG0019.jpg

そして先ほど先生が立っていた横には「天の岩戸開き」絵馬の複製。
KIMG0011.jpg
高精細写真パネルなので、実物より鮮明だとか(クリックで拡大)。

絵馬に登場する神様については、天祖神社歌占のイラストでも服装やポーズなどを絵馬の雰囲気に近づけているそうです。

歌占を引くともらえる結果の紙に書かれた和歌では、出てきた神様のパワーを31文字に凝縮して表現しています(内容の解説も書いてあるので、よくわからなくても大丈夫)。吉凶や細かい運勢項目などはありませんが、和歌だけで「それはどういうことなのか」を読み取り占うのが歌占本来のあり方。その神様の力が宿った和歌を自身の感性でフルに味わうことで、今の自分を守ってくれている神様とつながり、ご縁を結ぶことができるのです。

私が引いたのは埴山姫神(はにやまひめのかみ)という土の女神でした。
IMG_20180119_173130_775.jpg
埴輪(はにわ)の「埴」で、土器作りの神様でもあります。
今年は土のように地道にモノ作り系のことをがんばっていきたいです。。。

写真左下の木札お守りは、お正月限定で付けて頂けます。
(お守りなし版なら社務所さえ開いてればいつでも引けます!)
裏には同じ神様の名前が書かれていて、守られ感アップ!
ちなみに絵馬に登場する「八咫鏡」が出たときだけ木札ではなくご神鏡お守りが頂けるという心ニクい趣向も(ちょっとうらやましいぞ)。

KIMG0026.jpg
さらに、出てきた神様が祀られている場所を参拝すればご縁強化!
埴山姫神は境内社「榛名神社」でした(写真の小さなお社)。
ちなみに絵馬に登場する神様が出た場合は本社参拝でOKです。


KIMG0013.jpg
展示スペースには天祖神社歌占の掲載書籍紹介コーナーも。
拙著「ニッポンのおみくじ」と、不肖私の名前が平野多恵先生と一緒に載っている日経プラスワン「くらし物語」のおみくじ記事が置かれていて嬉しさひとしおでした!


IMG_20180115_125835_838.jpg
平野多恵先生と鏑木のツーショットで記念撮影o(≧▽≦)o


KIMG0017.jpg
ギャラリーでは久保田光一氏の「聖地」写真展も同時開催されていました。
水墨画のような独特な空気感の写真で、東京にいながら巡礼気分♪
ときわ台天祖神社「杜のまちや」は、折に触れて素敵企画が満載なのです!


KIMG0037.jpg
なお、この日は小正月の1月14日で、境内では「どんと焼き」と餅つきも行われました。正月飾りをお焚き上げするどんと焼きの炎であぶった餅を食べると一年間無病息災と言われています。巨大竹串であぶるの楽しいです(゚∀゚)

毎年大体、少なくともお正月の三が日と「どんと焼き」の日には歌占イベントやってると思います。今度の年末が近づいたらぜひ「ときわ台天祖神社」WEBサイトで日程をチェックの上、おみくじの神髄がわかる貴重な初詣にお出かけください!















スポンサーサイト

テーマ : 占い
ジャンル : 趣味・実用

和の言霊に癒される「歌占カード ねこづくし」

おみくじになぜ和歌が出てくるのか、その原点は古代から受け継がれる「歌占(うたうら)」に。

我が国における歌占研究の第一人者にして、ときわ台天祖神社の歌占復刻も主導された、成蹊大学の平野多恵先生が、ついにやってくれました!

しかも、まさかこんなキュートなものが出てくるとは思いませんでした。


完全解説付き 歌占カード 猫づくし

かわいい。どう見ても、かわいい。
むちゃくちゃ好みな絵柄。

しかもこれがオラクルカードと来たらもう。
おみくじ好き、且つ、カード好きのハートど真ん中じゃないですか。
手に取らずにいられませんですよ(*´ω`*)



というわけで、さっそく開けてみます。



こんなに和小物が似合う占いカードって、ちょっと他にないです。

カード界隈には由来的に和モノであってもモダンなテイストの絵柄が多い中、粋な浮世絵/江戸絵画風で和を感じられるのは貴重。

見ているだけでほっこり落ち着いてきます。


ちなみに写真左上は、伊勢神宮の御朱印帳袋。
保管や持ち歩き用にマイベストマッチです。

こうやって自分なりにお気に入りの色柄など見つけて合わせてみれば、ますます占いの世界に気持ちが入っていきやすくなるのでは。



占うときは、ときわ台天祖神社の歌占と同じく、最初に質問を思い浮かべながら唱えごとをします。


「ちはやふる神の子どもの集まりて作りし占はまさしかりけり」
こちらを3回です。わかりやすい所に置いて。

さあ、精神集中!集中!唱えごとは大事!

にしても、このカードの何が凄いって、後で説明していきますが、本気で「神の子ども」が集まって作られてる感が半端ないところです。

まずは心を鎮めて唱え、この手元に集まった「神の子ども」たちに全力で呼びかけていきましょう。必ず応えてくれますから。



次に、カードを8枚並べます。
1列でも2列でもOKです。



室町時代の歌占では、引くための短冊を弓に8枚ぶら下げていたからだそうです。八卦の8でもあるとのこと。

2列でも割と細長めに並ぶことになるので(写真ではもっと細いテーブルマットですが)、お好きな和柄の手拭いとかを敷物に使うの、ほんとオススメです(*^^*)

こういう占いって、特に気持ちの問題だから、自分が嬉しくなる環境作りは何気に重要だと思ってます。

そして、あとは1枚引くだけ!
シンプルイズベスト。


カードに直接書かれた和歌と絵だけで大体なんとなくわかる、というのもポイント高いです。




とりあえず、個人的に好きなカードをいくつかご紹介してみますね。


まずは堂々の、第一番。

これ、神話好きな人なら絶対見覚えあるはず。
何をかくそう、古事記に日本最初の和歌として登場する超有名どころですから。

スサノオノミコトがクシナダヒメを妻に迎えるとき、立派な家を作ろうという意気込みを表し自ら詠んだ歌。
何かの基盤を打ち立てるとか、大切なものを守っていくとか、そういうイメージがこれだけでもバリバリ伝わってきます。
古事記って、繰り返しを多用するリズミカルな語感が愉しいです。



こちらも、神様が詠んだという歌。あの三輪山の三輪明神、超大御所じゃないですか!

どんなエピソードか気になった人は、ぜひ付属の解説書を。詳しく占えるばかりでなく、元になった色々な物語も、わかりやすく教えてくれます。

それをきっかけに古典を知ることが、より深く占うコツでもあり、ひいては日本独特のスピリチュアルな世界を探究していく道標にもなっていたりします。とても奥深いカード=本です。



日本の神様は、とにかくよく歌を詠みます。

これは、和泉式部が夫との関係に悩んで詠んだ歌に対して、貴船神社の神様が返歌の形でお告げをした歌。水の神様だけに、魂の苦しみを滝のしずくになぞらえながら、そんなにくよくよ悩むことはないよ、と励ましています。

和歌というのは元はといえば、言葉に乗せた、言霊を通した、神と人とのコミニュケーション手段なのです。平安貴族が和歌で愛を交わすのにも、自分たちを八百万の神々の世界の一部として、お互いの魂に直接呼びかける意味があったというわけ。

まだ短冊を引く形に簡略化される前の古代の歌占では、専門の巫女がインスピレーションだけで歌を詠んだり、それより前の時代に神々がお告げとして詠んだ託宣歌をパッと思い浮かべて出してきたりしたんだそうです。

平安時代のそういう面白いエピソードも、付属の解説書に色々載ってます(余談ですが、巫女による歌占は院政期に特に流行したとのことで、大河ドラマ平清盛が好きな人なら絶対ムフフなあたりの人物が盛り盛りでしたよw)。

和歌そのものや古語にも興味が出てくる構成。
自分が受験生の頃にこれがあれば、さぞや古典好きになれたろうにと思うと、マジ悔しい(笑)



上は、超ざっくり言えば、状況を邪魔しているものがあるから何とかしようよ、という意味。

ていうか、「ふしづけ」って何じゃい。
それって、うまいの?お漬物みたいだけど。

調べてみると、いわゆる「すまき」のこと。
いわゆる「沈めちゃる!」ってやつです。

でもなぜか柴漬けの意味もあったりして、やっぱりおいしそうでした。
日本語って面白いです(ナニカチガウ


冗談は置いといて、言葉に色々な意味が含まれているというのも、和歌の大きな魅力です。

色々なことを連想して想像を広げ、自由な解釈をすることで占いとしても幅が出てきます。


ですからこの「ふしづけ」だって、もしかしたら困難を乗り越えた先においしいことが待っている、みたいに思ってもべつにいいんじゃないかと…(だからもうええわ!と、どこからともなくツッコミの声がw)

キモカワな猫鬼も、いい味出してます。


時々ちょっとユーモラスだったりシュールだったりもする猫絵たちは、引くタイプの歌占がポピュラーになっていた室町~江戸期あたりのトレンドをイメージして作られているそうです。

動物など色々なものを擬人化した絵が、当時の人々に親しまれていました。
元祖ゆるキャラブームの時代。

百鬼夜行・付喪神絵巻あたりから鳥山石燕などに通じていく面白い妖怪絵も同時期ですね。サントリー美術館所蔵の鼠草子絵巻とか、国芳の猫絵とか、そのあたりが好きな人にはたまらない感じになってます。



こちらは、行き場のない情熱とか、もやもやとした希望めいたものとか、そんな感じでしょうか。誰もがいつぞやの自分の思いを重ねられるような、日々の中でよくある人生の機微を、繊細に詠み上げています。

絵的にも、やさぐれた妖艶な表情に、猫ならではの魅力がよく出ていて素敵です。

着物の柄が蛇というのも、粋な大人の色気を醸し出しています。蛇は執念などを表すというのも意味深。絵からも占いとして細かく読み解いていけるという、こだわりのモノ作りです。何度占っても、毎回違ったインスピレーションを与えてくれるはず。



以上は、ほんの一例。
どれも、神話や中世説話の中で神様が詠んだ歌や、近世の歌占本で実際に使われた和歌ばかり。ひとつひとつに、神々のお告げとしての特別なパワーが宿っています。まさに唱えごとにもある通り、「神の子ども」たちです。

そんな神秘的な和歌の数々を、編者の平野多恵先生は製作過程でまず約400首も歴史上から網羅したとのこと。
もはや現代の歌占の巫女になってますやんΣ(゜Д゜)

歌占カードは、そこから厳選に厳選を重ねた32首というから、その濃密さたるや。
これさえあれば一家に一人、歌占の巫女がお抱えで来てくれたようなものです。そう思うと、どんだけ贅沢な!

同時に、カードと解説書を手がかりにしながらも自由に解釈するのは自分自身ですから、占う本人も歌占の巫女になり(弟子入り、か!?)、言霊の力をやりとりして、神々の世界と自分の心を通わせることになるわけです。

その過程自体が、自分の心の声を丁寧にきく豊かな時間となり、感受性を磨いてくれます。言葉を媒介に天地自然と響き合う和歌を、心、ひいては自分自身の存在と重ねたとき、もっと大きな視座への気付きがあるかもしれません。

いわゆる今時の「おみくじ」と違って吉凶がないのも、歌占本来の面白さ。一見ネガティブそうな歌にこそ、その時々の気持ちに繊細に寄り添い、包み込むような癒しの世界があります。それは決して「悪いコト」ではないのです。日常の中で、自分をとりまく世界に潜みながらそっと共感してくれる神々の、優しい気配を感じることができるのではと思います。



もう少し辛口にズバッと答えを出したいときは、吉凶ハッキリめな他の占いカードを同時に引いて補うのもオススメです。たとえばルノルマンと合わせている人をネットで見ましたが、私はよくトンパタロットを合わせています。あくまで自分に合う、使い慣れたもので(^-^;

そのへんは、自分の性格やそのときのニーズに合わせて加減してみると、より幅広く活用できます。そんな占いとしての自由度の高さや懐の深さも魅力的なカードです。



こちらからお試し占いもできます。
↑クリックで公式サイトへ♪↑

これでピンとくるものがあったり、気になってもっと知りたいと思った人は、ぜひ実際に手に取ってみてください!

高野山の秘儀が降臨!?「仏さまカード 秘密のメッセージ」

仏像ファンでなおかつ占いカード好き(って私のことやんかw)にとって、まさに
待ってました!
としか言いようのないこのカード占いブック。




仏さまカード 秘密のメッセージ ([バラエティ])

高野山開創1200年記念企画の一環ということだったのですが、ずっと楽しみにしていたにもかかわらず遅ればせての購入。


ともあれ届いてすぐに実践してみたところ、占い方の説明を一読するやいなや、ガツーンと衝撃が。


これをいわゆる単なるオラクルカードと一緒にしてはいけないというか、格が違うかも。少なくとも私は、大真面目にそう感じました。


これはたぶん、気軽な占いの形を借りて、しかもごく自然と日常に溶け込ませることで、一般人へのハードルを下げまくった仏道修行の手引きなんじゃないかという気がいたします。


なぜって、特に5枚引きで占うときの手順が、カードを1枚選ぶごとに心と体でイメージを駆使するあたり、まるで本格的な密教の観想行に足を一歩踏み入れているかのようなんです。


なにしろ作者の北川宥智先生は高野山で厳しい修行をされた上に教学も深く学ばれた正真正銘本物の阿闍梨様ですから、きっと何かそうしたエッセンスを取り入れておられるに違いありません。

高野山の本気をバリバリ感じます。

それに、密教には投華得仏(とうげとくぶつ)といって、目隠しをして曼陀羅に蓮の花を投げ、偶然落ちたところに描かれている仏さまとご縁を結ぶ儀式が実際あります。そんな要素をさりげなく盛り込んであるところも、このカードの大きな魅力。


個々のカードの意味も、精神性や抽象度が非常に高いので、目標を決めた長期的展望や複雑な悩み事についてじっくりアドバイスをもらうのに向いています。そういう点で、フルに5枚引きが納得いきやすく、私としては一番オススメです。


占うというよりは、今の自分のためにカードを通して駆け付けてきてくれた仏さまが守ってくれるような感じがします。今より良い方向へと向かっていけるよう、生き方に指針を授け、力強く背中を押してくれます。


さらに気分を盛り上げたい人は、こんなオプション品も使ってみてはどうでしょう。

それはですね、京都の東寺のグッズショップで売っている曼陀羅ハンカチ

↑特にこの、四角いタイプです。
  (金剛界曼陀羅風?)


というわけで、5枚並べてみましたよ。

どういうわけかサイズもぴったり。

カードをめくれば自分だけのための曼陀羅ワールドが!

占いを終えたら、出てきたカードは開いて並べたまましばらくお祀りすることになっているので、粗末にならないようにという点でも曼陀羅ハンカチ非常にオススメです!(少なくとも何かしら敷物は必須と思います)

ていうか、そもそも歴史上の凄い仏像や仏画や寺院装飾の類いは、様々なイメージを使った修行を手助けするために発展してきた面も強いわけですから、つまり気分を盛り上げるのは大事ということで。


そしてさらに、イメージを豊かに盛り上げ仏さまの世界へと誘ってくれるのは、尼僧漫画家の悟東あすか先生によるカードイラスト。

見てくださいよ、表紙の千手観音様の神々しさ。本当はカードの写真もこちらに載せたいところなのですが、一度真剣に占ってしまうと、なぜだかどうも1枚1枚が自分自身と不可分でなおかつ仏さまとしての魂が宿っているかのような不思議な気分になり、気軽に撮るのがためらわれてしまいまして。いっそ実物をお手に取り、実践していただければ、こんな気持ちも少しはわかっていただけるかと…スミマセン!(>_<)

…などと悩ましく思っていたところ、作者様による補足サイトでカード全種の絵柄を見ることができました。本に載っていない追加情報も読めますので、ぜひご覧ください。

寄り添うような優しさとユーモアに溢れた絵柄は、眺めているだけでも心強く、それだけで瞑想しているかのようにほっこりと落ち着いてくる魅力があります。

漫画っぽくて愛らしいタッチなのになぜか神々しいのは、やはり悟東あすか先生もまた高野山で厳しい修行を乗り越えられた本物の阿闍梨様であり、その研ぎ澄まされた魂のなせる業なのだと思います。ただ神仏の造形をまねただけの絵と、深い精神性を伴っていて拝みたくなる絵とは、全く違うのだということを痛感する次第です。

仏典の渉猟やご修行の成果から得られた独自の解釈による絵は、細かいところさえ何かを語りかけてくるようで、見飽きることがありません。

ちなみに、今の私的に一番ツボに入ったのは、大威徳明王様の疾走感でした。これから先の人生でも、折に触れて眺めるたびに発見やツボがどんどん変わっていきそうなのが楽しみ。


なお、作者の北川宥智先生がご住職をされている岐阜県の高家寺では、御縁日の法要の際に、この「仏さまカード」のアイディアの元となったお札を一人一枚ずつ授与していらっしゃるとのこと。何か悩みがあるときなどに思い切って訪ねてみれば、そのときの自分にご縁のある仏さまに出会わせていただけるはずです。

これもおみくじ的なものの一つの形ということで、あえてご紹介してみました。心のお守りのような頼もしい占いなので、色々な人に活用してみてほしいなと思います。


当たり方が怖いトンパタロット

今回は、中国の少数民族シャーマンに伝わる「おみくじ」的なものを紹介してみます。

占いの最も原始的な形を簡略化して受け継いでいるのが「おみくじ」式ということになりますから、広めの定義で探すならば、もっと世界中に隠れているのかもしれません。




トンパのアサバイブル―今日のヒントになるトンパタロット。


トンパ文字ブームを作った浅葉克己さんによる、トンパ本のひとつの集大成がこの本だそうです。トンパ文字というのは、世界で唯一、原初的な絵文字の形のまま今も現役で使われている象形文字。中国南東部、雲南省に暮らすナシ族のシャーマンだけが真に理解できるという、大変に神秘的な文字なのです。


トンパ入門としてもよくできているこの本ですが、おみくじ好き・カード好きの私としては、やはり付属のトンパタロットに惹かれての出会い即買いでした。





カードは大体こんな感じ。プリミティブなゆるいタッチが愛らしいです。また、絵と文字との未分化具合が自然と抽象的なアートになっていて、折々に豊かな印象を投げかけてくるので、いくら眺めても飽きることがありません。


このカードは、ナシ族シャーマンに伝わる「抽縄卦」という占いを忠実に再現しているとのこと。「抽縄卦」は、紐つきの絵札の束から一本選んで引っぱり、どれが出たかで占うというものです。これって、ほぼ「おみくじ」ですよね。


ここでは現存する絵札29枚(かつては33枚あったらしい)を忠実に再現しているとのことなので、資料性・観賞性としてもかなりオイシイと思います。


しかもそれだけじゃなく、
当たるんだな~、これが。


個人差や相性などはあるかと思いますが(占いって結局は人生観の問題なので、誰かにとっては当たるけど他の誰かにとってはからきし、みたいなことはよくありますし)、私はこのカードに関してはあまり具体的に「この問題に対して答えを出して」という形で占わないほうがいいような気がしています。


というのも、このトンパタロット、何か問いたいことに関してはなかなかピンと来づらいのに、「そんなのべつにきいてないよ!」みたいなところでおせっかいなくらいに思いもしなかったようなことを当ててくるんです。



私は今月2度も、運気が沈むから休息しなさいと促すこのカード「日没」が出たその日の晩に突然、思いっきり風邪をひきました。しかも「体調に不安を感じていたのなら、それだけは甘く見てはいけません」とあるのに寝とけばいいやとナメきっていた1度目はこじらせ異様に長引いてしまい、2度目は「このカード来たらやばいぞ」とばかりに反省、すぐ病院にかかって事なきを得たという。ただの偶然だと思いたい…。怖い。


逆に、豊かさや予想外の幸運を表すカード「白い大鵬」が出た直後には、長かった夏風邪も治った上に、臨時収入があったり、思いがけず友人や親戚から美味しいものをたくさん頂いたり。あとで確認したところ、カードの意味に「食生活の充実」とも書いてあったのがまた驚きでした。やっぱ怖い。自分はそんなに不思議体験するほうでもないから、余計に。


だからこそ出たら大変なのは、最も凶意が強いこのカード。

↑「虎と白鹿」。
鹿、すでに半分喰われてます…。
きゃー、いやん怖い。
でも見た目は、ゆるい。


そんな怖すぎるカードも、対策がしっかり解説されているので、前もって身構えたり最小限の被害に止めるための予防策を講じたりするのに本気で役立ちそうです。なにしろ、当ててきますから…。


人生に災難はつきものですし。同じ困難でも、先にわかっていて上手くやり過ごせるか、そうでないかでは大違いです。



トンパタロットを作った、イーチンタロットなどで有名な占い師の真矢茉子さんは、この占いをそのまま翻訳すると現代に合わないのでアレンジを施したといいます。現代人の人生に寄り添った象徴解説は的確で素晴らしいです。よく当たるのは、その功績でもあります。


ですが、うまく説明できないけれど、最近の色んなカード占いと違って、何か特定の複雑で現代的な問題に答えることには、もはや翻訳とかの話と関係ないレベルで最初から微妙に合ってないのかもしれないです。それだけに「今日の運勢」や少し先の「うまくいくか・いかないか」みたいに普遍的で単純な問題のほうが妙に当ててくるような…。占的とは全く関係なく「おまえ今とにかく調子悪いぞ!」…ハイ、ソウデスネ…みたいな。そこはシャーマンの神秘としか言いようがないのかも。何か宿りすぎてるよコレ。やばい。

欲を言えば、いくら現代に合わないからといっても、もう少し原典の直訳的なものや神話的な背景まで詳しく触れてくれていれば、自分で解釈して占う幅が生まれたのではと思います。他のトンパ関係の本を使って、幅広い文化的な事柄や、せめて各カードに直接書かれた象形文字の意味だけでも調べれば、もっと深く占えるのかもしれません。

そういうわけなので、とりあえずはあまり占的を絞らずに「今の運気の流れはこんな感じ」くらいの使い方のほうが合うようです。あまり先のことにも向いてないかも。どうやら翻訳者もそのへんを理解している上で、タイトルに「今日のヒントになる」トンパタロット、と付けたのかな、と妙に納得したりしました。難点は、当たりすぎて怖いので気楽に引けないことくらいでしょうか。トンパタロット、おそろしい子!





おみくじ参考文献ゆるゆるレビュー

ここ二年くらい、どういうわけか、メディアでおみくじについて尋ねられることが多くなってきました。特段、専門家というわけでもなく、単に各所でおみくじを引いては集めつつ、路上観察的/考現学的な感じで個人的にゆるく(時には真面目に…!?)愉しんできただけのことなんですが、ともかくそんなときはわかる範囲でお答えしています。

自分の足で見つけてきたことや誰かにきいたことなど有用そうな独自情報と思われるものはもちろんなるべく多く盛り込めるよう心がけていますが、一般的なおみくじ豆知識や、特におみくじのルーツに関することなどについては大体、以下の本を参考にしてることが多いです。この際なので、独断と偏見でゆる~く紹介します。



「日本おみくじ紀行」
島武史 ちくま文庫

私がおみくじを行く先々で引いてみるきっかけとなった本。当時、私自身たまたま巣鴨のとげぬき地蔵でちょっと面白い内容のおみくじを引いてしまい(下の写真)、以来おみくじというものが気になり出していたところ、ちょうど出会ったのがこの本でした。

あのときの↑とげぬき地蔵のおみくじに書かれていた気になる文言とは、「五十六十(←注:年齢)は鼻たれ小僧との気概を持って」「枯木に花が咲くのたとえで」というものです。お年寄りの街だから、おみくじも対象年齢を絞ってきてるのか!?と急に興味をおぼえました。場所に合わせて個性が出てくる面白さ。他にもそういうことってないのかなー、とうすうす思っていたのですが、この本に載せられた各地のおみくじを見て、それは確信に変わったのでした。以来、自分でも、おみくじを各所で収集する癖がついてしまったという思い入れ深い一冊。

ただ、難点としては、如何せん、情報が古い。この本は、この寺社ではこんなおみくじが引けます的なガイドブックとして編まれたものなんですが、現地を訪れても今はもうないというケースが結構多いです(マイナーチェンジくらいならまだいいほうで、悲しいのは業者製汎用のものに置き換わってしまったパターン)。そんなわけだから、昔はこんなんもあったのか、という参考にはなりますが、気が付いたら実際全くあてにしないで勝手に探し歩いてる自分がいました。この本が発売されて間もない頃に買っていたはずですが、当時からしても既に情報が古かったです。

おみくじって案外、生モノ。古風なものが減り業者製(特にオマケ付き)が増えたのは時代の流れと諦めるにしても、汎用ではなく、その中でその場ごとの特色を出してくれたほうが、おみくじウォッチャーとしては嬉しかったりします。そんな想いはおそらく共有しつつも、新事情までは全然フォローできてません。著者自身、実は業者製汎用なものを当地オリジナルと混同して載せてしまっているケースも散見。現在はよく見かけるタイプのおみくじでも、当時としては目新しく珍しかったということでしょうか。まあ仕方ないか。古いし。それに、実を言えば私自身も、そこを見分ける難しさには困惑し通しなのです。

それにしても、この著者の取材の丁寧さは脱帽もの。ご自身が何度も足を運び、誠実につながりを築き上げ、敬意を持って話をきいてくる、というスタイルは、特に今時では、なかなかできるものではありません。色んな意味での時代感も、資料としてオイシイ一冊です。



「一番大吉!―おみくじのフォークロア 」
中村公一 大修館書店

おみくじの歴史について、詳細な研究をもとに書かれた最も読みやすくかつ信頼の置ける本。特に、著者が中国史の専門家だけあって、漢文おみくじの中国での発展の経緯についてかなり詳しいです。易占いとの関連性にも踏み込んだ言及あり。そして日本への伝来と受容についても、それ以前にあった日本のおみくじ的なものを踏まえた上で、的確に網羅されています。

今の日本の漢文おみくじで最もメジャーな「元三大師百籤」についても、ぼんやりとした一般的な認識を越えて深く掘り下げられているので、ちゃんと知りたい人には絶対オススメです。それに、見慣れない漢文のおみくじを見て何だこれと思ったときには、この本を参照すれば大抵は何だかわかります。日本古代からの辻占・歌占の流れと江戸時代におけるそのポピュラー化についても触れられているのはさすが。現代日本のおみくじを理解するには元三大師百籤だけではなく、これらについて語らなければ不充分だと私も思います。素晴らしい本です。



「福を招くお守り菓子」
溝口政子 講談社

お守り菓子とは著者の造語で、いわばお菓子でできた食べられる縁起物。色とりどりで形も愛らしく、眺めているだけでほっこりしてきます。この本の元になったwebサイト「いとおかし」も素晴らしいです。著者が全国を巡って集めた、美しくも密やかな日本の古きよき習俗が集大成されています。

で、この本の何がおみくじと関係あるのかというと、(意外にも)フォーチュンクッキーのルーツである、日本の辻占菓子・辻占煎餅をめぐる歴史と文化について詳しいということです。それって何なのか一言で言えば、ゆるいおみくじが入ったお菓子。これだって、やっぱりおみくじです。ちょっと「点取り占い」っぽくもあるような。謎な言葉や艶っぽい文句を軽く面白がるものもあれば、何が出てもちょっと幸せな気持ちになれる縁起の良いものもあり。むしろ現代人が旅先で軽く引くおみくじは、こっちのメンタリティに近いんじゃないかと私は思っています。



「江戸の占い」
大野出 河出書房新社

現代にかなり先駈けて、大衆に空前の占いブームがやってきたのは江戸時代のこと。ちょうど時を同じくする巡礼ブームや流行り神ブームなんかは、ほとんどパワースポットブームじゃないですか。日本人の神々をめぐるレジャーの感覚って、この頃から連綿と続いてきているものだと思います。

この本で触れられているのは、安倍晴明占い、夢占い、人相占い、そして、おみくじ。ほらほら、何だか親近感がわいてきませんか?

中でも特に、江戸時代のおみくじについては詳細なデータに基づいてかなり詳しく言及されています。同じ筆者の作に、元三大師百籤に関する専門書(後述)もあるくらいなので、相当なものです。当時の図版も豊富で、そうした占い本に特有のへろい素朴絵を眺めているだけでも楽しくなってきます。



もっともっと掘り下げまくりたい向きには、
「元三大師御籤本の研究」大野出 思文閣出版
「辻占の文化史」仲町泰子 ミネルヴァ書房
の二冊があります。かなり専門的な学術研究書です。

以上、おみくじについて深く知りたい人に、少しでも参考になれば幸いです。

テーマ : 占い
ジャンル : 趣味・実用

   

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ(グラフィック社刊)」発売中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月平均2回以上は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石やらトランプ・占いカード類やら喫茶店マッチやらと、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。気になったらとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼について
当方は兵庫県在住ですが、それでも費用等問題ない方だけご依頼ください。また、特にテレビ関係の方、「出演する専門家を誰かしら探していますが未定です」ではなく確定で本当に私を必要としてくださる方だけご依頼ください。なお、何かのマニアを変人扱いして面白がるようなメディアは全てお断りしております。監修のお仕事は、私の名前のクレジットが出なくてしかも他の専門家の名前で解説させるなど論外、もちろんお断りです(きちんとクレジットが出て、なおかつ解説役を誰にするかに至るまで私の意向をある程度尊重してくれるなら可ですが、そういう番組は少ないようですね)。テレビや大衆週刊誌などには不誠実な編集が横行していることも事実であり、まずそちらの誠意を見せて頂かない限り、大前提としてマスメディアを無条件に信頼することは私にはできません。ここまで申し上げて感じ悪いのは重々承知ですが、昨今のメディアに対し、たとえ同じように思っていても表明しない人が案外多いのではないでしょうか。こちらは常に本気で全力投球なので、本気で受け止められる覚悟のある人にだけ来てほしいのです。今の世の中、一個人が自力で調べる労力をかけ身を削って発信する情報の価値をもう少し見直すべきだと思います。上記の事柄を全て了承できる方だけkabura@gmail.comまでご連絡下さい。

カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる