山寺奥の院、超かっこいい魔除絵馬

さてさて、前回記事でお知らせしたとおり、山寺の50年に一度の御開帳、
秋の部が今週末からはじまります。10月20日(日)~26日(土)まで。

ふもとの根本中堂で御本尊様を拝観したあとは、やっぱり登らなきゃ。だって山寺だもの。
山寺参道1
そこに山があるからさ。

ちなみに、山寺では時々、本格的な登山スタイルでいらっしゃる方を見かけました。
中には、ストックを持って登る山ガールズ&ボーイズも。
断言します。そこまでしなくていいです。
写真の通り、どこも石段がバッチリ整備されてますから。
(ご年配の方や足腰の弱い方なら、当然、杖を持つべきですが…)

それにしても、杉木立と奇岩のそそり立つ参道の風情には、いつ訪れても圧倒されます。
松尾芭蕉「奥の細道」の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句でも名高い場所。

岩塔婆・石仏1

岩肌に刻まれているのは、岩塔婆といって、死者を供養するために戒名などを記したもの。
古くからこの山は、あの世へつながる場所として大切にされてきました。

岩塔婆・石仏2

いたるところに岩塔婆と石仏が。

後生車・岩塔婆

びっしりと置かれているのは、後生車。輪のついた卒塔婆のようなものです。
輪を回せば経文を唱えるのと同じ功徳があるとされ、これで死者を供養します。

それにしても、特に上写真の右上あたり。岩場のあるパワスポ的な所でよく見かけますが。
どうしてこういう場所では、お賽銭を岩の溝にびっしり埋め込む人がいるのか。
どうして触ったりしてもびくともしないのか。ていうか、どうしてこんなしっかりはめられるの?
景観的に微妙だけど、そこまでやれるなんて純粋な信仰心かもわかりませんし。謎だらけです。

山寺参道2
遠足の中学生びっしり。びっしりだらけですな。
とある中学生の一言「立体機動装置で登りたい!」
だからそこまでせんでええがな。
そんなこんなで、仁王門(上写真中ほど)が見えてきました。
このへんまできたら、もうちょっとです。

この先には、塔頭(たっちゅう)寺院がいくつかあります。
御朱印もいただけるので、たくさん集めたい人はトライしてみては。

仏頭
ある塔頭で祀られていた仏頭。置かれ方が、なんかシュール。触って拝むんだそうです。。。

「五大堂」という絶好の眺望スポットにも行けるので、お見逃しなきよう。

一番上まで上り詰めれば、奥の院に到着です。
山寺奥の院
右側が如法堂、左側が大仏殿と、二つのお堂がつながっています。

どちらのお堂の中にも、「ムカサリ絵馬」という山形地域に独特な死者供養のための絵馬が奉納されています。現在も奉納は絶えることなく、プライベートな信仰の場であるため堂内の撮影は禁止。なにしろこの「ムカサリ絵馬」、未婚のまま亡くなった故人を絵の中(あの世)で結婚式させて、悔いなく成仏していただこうというもの。その切なる願いの生々しさには、手を合わせて彼らの幸せを祈るほかありません。

実は、私もここを訪れた今年の5月に、友人と二人で「ムカサリ絵馬」を奉納し、それぞれ非業の死をとげた親族を供養してきました。ただし、山寺ではなく県内の他のお寺ですが。それに至るまでには、友人にも私にも、少々不思議な出来事があったのです。それについては、また機会を改めて・・・。


ところで、山寺奥の院のお守り授与所では、かな~りカッコイイ絵馬が2種類出されています。
そのひとつが、コレ。
鎌の魔除絵馬
なんと本物の鎌の刃先が付けられています。
この地域では、鎌に赤い房をつけて軒先に掲げ、魔除けにする風習があったとのこと。
如法堂の堂内にも、ムカサリ絵馬と並んでこれの大きいバージョンが一枚奉納されていました。

もうひとつが、コチラ。解像度1920×1080で見てほぼ実物大。
剣の魔除絵馬
額に剣をはめ込んだ絵馬は、色々なお寺のお堂の内外に奉納されています。
少し注意して探してみれば、特に不動尊系のお寺でよく見つかると思います。
コレクターとしてはそういった絵馬額を思わせる「本物らしさ」がたまりません。

参考までに、鎌の絵馬は2500円、剣の絵馬は3000円でした。私は以前、10年ほど前に訪れたとき、両方ほしくても予算が足りなくて泣く泣く鎌のほうだけ受けて帰ったという苦い思い出があるので、ほしい人は計画的に…と老婆心ながら。念願の剣のほうは今年やっと入手(笑)。

額面だけ見ると絵馬としてはお高く感じるかもしれませんが、鎌は本物の鋼の鎌ですし、剣は本格的な鉄の鋳物。どちらも職人の手仕事の風格を感じさせる、納得の品です。やはり良いものは良いのです。質の高いものを、むしろ気軽に手元に置いて愛でられるのは幸せなこと。そんな気持ちがまた、魔除けの効果を高めてくれるのかもしれません。
スポンサーサイト

スカイツリー土産、食べられる絵馬!

本日は、待ちに待った東京スカイツリーのグランドオープン。
そんなわけで、家も近所だし、せっかくだから様子見に行ってきました。
何かよさげなものはないかと公式グッズショップを覗いたところ…



ななんと、絵馬クッキー。食べられる絵馬ではないですかっ!

中はこんな感じ。



作っているのは「泉屋」。日本で初めてクッキーを販売したメーカーさんです。

私も小さい頃に何度か、泉屋の丸い缶に入った詰め合わせクッキーを、いただきものか何かで食べたことがありました。特にその中でも、リング型(泉屋のマークの浮き輪をかたどったもの)で四方に細かく切った四色のドライフルーツを一粒ずつ配したクッキーは、見た目に美しく、子供心に宝石のようだと喜んだのをはっきりと憶えています。

この絵馬クッキーも、さっそく食べてみると、あの頃と全く変わっていない懐かしい味です。

同封されている栞には、絵馬の意味と由来が「伝統ある日本の風習」として3か国語で説明され、さらに「風味豊かなクッキーと共に、634メートルの天空から願いをかける、旅の思い出にふさわしいお品物です。」とあります。

スカイツリー来場者の幸せを願って作られたことが、この文面と「みんなにあいたいな」というソラカラちゃんの願い事のようなセリフ、そして懐かしく優しい味から伝わってきて、なんだか気持ちが温かくなりました。また、こうした形で絵馬の心を世界に伝えてくれていることが、絵馬を愛する者の一人として大変嬉しいです。

もう一枚買ったのは、この絵柄。



家族へのお土産に買って帰ると、普段はなかなか素直になれない思いが伝わって家庭円満に一役買いそう。
一見すると地味な絵柄でありながら、さりげなく窓から見えているスカイツリーが平和な雰囲気を醸し出しています。日々の平穏に感謝し、家族愛にほっとする一枚です。

絵馬クッキーは、全部で四種類。スカイツリーでしか買えません!
この特別な場所への思いがこもる、特別なお土産となること間違いなしです!

ここで写真を載せた以外には、ソラカラちゃんと仲間たちの絵に「Tomodachi 」と書いてあるもの、「恋愛成就」の文字に桜が舞っているものの二種類があります。友達や恋人、あるいは意中の相手にプレゼントするのに良さそう。「絵馬とはメッセージだ」というのが私の持論でもありますが、絵馬クッキーはまさに食べられるメッセージというわけ。スカイツリーに登ったときは、ぜひ大切な誰かに贈ってみてほしい逸品です。



下駄は下駄でも・・・!?

変わった形の絵馬といえば、下駄タイプのものを割とよく見かけます。

 

 

 

左は東京都新宿区の、金運に御利益のある「一陽来復」のお守りが有名な穴八幡宮の隣にある放生寺。右は東京都屈指の山歩きと紅葉の名所、高尾山薬王院。どちらもかな~りリアルな作りです。

 

左の下駄に描かれている仙人みたいな人は、「役行者(えんのぎょうじゃ)」。右の下駄にある「神変大菩薩(じんぺんだいぼさつ)」というのも、役行者の別名。山で激しい修行をすることで神仏との感応をめざす修験道の開祖といわれています。それだけに、山野をかけめぐり、はては空も飛んでしまったりするハイパー健脚の持ち主。この役行者の下駄にあやかって、足腰の健康祈願というわけです。

 

では、こちらの下駄はどうでしょうか。

 

 

リアル下駄

 

形といい大きさといい一段とリアルなこの下駄、歯までついてて、このまま履けてしまいそう!?「気象神社」と書いてありますね。どうやら健脚祈願とは関係なさそうです。

 

お天気に下駄?そう、ここの下駄は、「明日天気になぁ~れ♪」と放り投げる、あの下駄なんです!同じ下駄でも、場所によってこんなに意味合いが違うんですね。

 

東京都杉並区、高円寺駅からすぐの氷川神社内にある気象神社は、お天気の神様を祀る日本唯一の神社。陸軍気象部の中に造られたのが始まりです。

 

鼻緒が色とりどりの下駄に混じって、お手製のてるてる坊主がいくつも吊るされている絵馬掛けは独特の雰囲気。スポーツの大事な試合などで天候に恵まれるようにといった願い事はもちろん、気象予報士の試験合格祈願や気象庁への就職祈願に訪れる人も後をたたない、知る人ぞ知るアツいご利益スポットです。珍しいお天気お守りもあり、便利なカードタイプ。晴れ女・晴れ男になりたい人にもオススメ!

 

星の導きで、迷いを解消!

陶製の絵馬といえば、東京都の雑司ヶ谷鬼子母神にも。単に陶製というだけですでに珍しいというのに、そのうえ土鈴になっています。それなりの大きさがあるだけに、振れば低く響くなかなか良い音。本堂入り口の授与所で購入することができます。

                       

 

 

ただの土産用に作られた絵馬型の土鈴と思うなかれ。これはれっきとした絵馬です。その証拠に、雑司ヶ谷鬼子母神の妙見堂の格子には、マジックで思い思いの願い事を書きつけられたこの土鈴絵馬がずらり。妙見堂は本堂の真裏にあるのでともすれば見落としがちですが、この穴場感と絵馬の重量感がかなり強力に御利益のありそうな雰囲気をかもし出しています。

 

妙見というのは「妙見菩薩」のことで、これは北極星の神様を仏教に取り入れた呼び名。もとは中国の民間信仰や呪術で信仰されていました。絵馬についている七つの円のマークは七曜紋といって、日月と5つの惑星、あるいは北斗七星を表しているとされます。いずれにせよ、星ですね。

 

星を神格化した神様の中でも、常に宇宙の中心にいる妙見はもちろん最高位。人間の運命を司るその力は、北極星が必ず北の方向を示すように人生を導いてくれます。仕事や学業で進路に迷ったときなど、心強い支えとなるでしょう。転職成功祈願にオススメ。学問の神様でもあるので、合格祈願もOKです。名所の裏に隠れた知る人ぞ知るスポットで、落ち着いてじっくりと願かけを!土鈴の音が、絵馬ひとつひとつに込められた気持ちをきっと星まで届けてくれるはず。

 

彗星に乗ってトップを狙え!

丸い絵馬をもうひとつ。陶製というのも珍しい埼玉県飯能市の長念寺が出している絵馬は、「願昇」と名付けられています。

 

 

 

主役は、韋駄天(いだてん)という仏教の神様。韋駄天走り(いだてんばしり)という言葉もあるくらい、足の速いことで有名です。お釈迦様の遺骨「舎利」が盗まれたとき、韋駄天は犯人の鬼神を追いかけて天の一番高いところまで走っていき、見事つかまえました。これにあやかって長念寺の絵馬掛け所では、長距離短距離を問わず陸上競技で活躍したい人の祈願が絶えません。

 

さらに、この韋駄天の足下にご注目。なにやらリボンのようなものに乗っています。これを右上までたどると、星マークが2つ。韋駄天が乗っているのは、彗星のしっぽなんです。

 

なぜ彗星かというと、戦時中に梵鐘を供出され長らく空っぽの鐘楼しかなかった長念寺が、檀家の協力で新たに梵鐘を制作することになったのは1986年。奇しくもハレー彗星大接近の年でした。これを記念して、鐘にハレー彗星のデザインを盛り込むことに。鐘楼に上がれば、鐘に浮き彫りされた天女とともに舞ういくつもの流れ星マークを見ることができます。

                

このハレー彗星に乗って、宇宙のてっぺんまで一気に駆け昇る韋駄天。ぐんぐん運気が上がるよう流れ星に願いをかければ、スポーツ祈願のみならず天までバッチリ届けてくれそうです。

検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる