スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「MEMO男の部屋」絵馬特集

memo_otoko_ema.jpg



この雑誌は、私が絵馬を集め始めて間もない頃にちょうど出たもの。現在、絶版である。

うれしいことに、水木しげる御大の書き下ろした鬼の絵馬が付録についている。これはもう、すでに蒐集熱に取り憑かれていた私としては買わないわけにはいかない。そしていまだに、もったいなくて開封できなかったりしている(笑)。まァ、セロファン張りの窓から中身が見えているし、紐を通す穴もないから飾りづらいので、これで充分という気もしなくもないのだが。

また、読者プレゼントで、埼玉県比企群嵐山町の鬼鎮神社で出している、このユーモラスな鬼の絵馬までいただいてしまった。鬼を祀る神社という禍々しさに、「必勝祈願」の文字がたのもしい。

kitinjinja.jpg


付録の絵馬も、この絵柄をもとにして描かれたもの。この鬼鎮神社の絵馬は、絵馬札といって、絵馬掛け所に願い事を書いて奉納するのではなく、持ち帰ってお札のように扱うことができる。この神社のある地域では、伝統的に、家々の玄関などに魔除け・厄除け・火伏せのお守りとして提げられてきた。

なぜ鬼を祀るようになったのかというと、鎌倉時代の畠山重忠という武将が立てた菅谷城の鬼門に当たるからということだ。恐ろしい鬼をあえて神として祭り上げることで、その見返りとして、おとなしくなってもらうばかりでなく、逆に力を与えてもらおうという発想である。いかにも武士らしい、常に自らが鬼と化して生死を賭け続ける中での、ある種開き直った生き方が感じられる。この神社の鬼の力をたよれば戦に必ず勝つと、長いあいだ信仰をあつめてきた。現代社会でも、人生は日々が競争と戦いの連続、という人は多いだろう。むしろ見かけ上は殺し合いがないようでも、もっと殺伐とした世界と言っていいかもしれない。そんな中での「必勝祈願」「人生必勝」というわけだ。

本の中身も素晴らしい。各地で手作りされた大絵馬・小絵馬がカラーで大写しされ、様々な使われ方が紹介されている。ちょっとした絵馬図鑑だ。縁切り祈願に断ち物祈願、果ては未婚の死者に架空の結婚相手を捧げて冥福を祈る「むかさり絵馬」まで・・・ひとつひとつの項目に、祈願する人々の情念がかもし出す生のエネルギーのほとばしりを垣間見てしまう。

それらと並んで、一件のお店が紹介されていた。都内、湯島のほうにある「祈願堂」という居酒屋。店主が全国を駆け回って集めたという珍しい絵馬で壁一面が埋め尽くされ、「奥の院」では毎夜マニアが絵馬談義に花を咲かせるという。研究者などもよく取材に訪れたりするようだ。この本で見てからというもの、この店を訪れて実際に絵馬談義するというのが数年来の念願だった。これを先日、ついに叶えてきた。その様子は、祈願堂で。
スポンサーサイト

三十三間堂(京都)

33gendo_kwr.jpg


これも、あんまり絵馬に見えない絵馬。なにげに超メジャーな寺、三十三間堂のものだ。

祈願・祈祷の寺というよりは、ひたすら仏像を見に行く寺というイメージがあるが、絵馬掛け所も案外にぎわっている。切り抜きまで施された見事なダイカットの絵馬の裏に文字が書かれ、ぎっしりと吊り下げられているさまは、さながらメッセージカードやオーナメントといった趣だ。

中央に仏画をあしらい、丸い形で梵字を周囲にめぐらすデザインは、曼陀羅のようで、神秘的。
同時に、80年代末~90年代初頭頃の少年漫画のふろくを思わせるような、何か漫画的な魔方陣のような、妙になつかしいダサかっこよさ(←ほめ言葉)も持ち合わせている。

この仏画が三十三間堂に居並ぶ千体の千手観音の大ボス、真ん中の一番大きな千手観音の座像を表していることは疑いない。座像の千手観音は、扇状に広げたたくさんの手が像全体としての円形を思わせ、しかもそれが無限の世界を象徴しているあたり、それ自体でなんとなく曼陀羅を連想させる。そして、これをコンパクトにまとめてしまったこの絵馬の絵柄は、限られたスペースにキャラクターを無理矢理濃縮してデフォルメするビックリマンシールを思い出させなくもない。しかし、その全体はあくまでスッキリと洗練された印象を与えている。

そんな摩訶不思議なデザインの絵馬が、誰からも「これが絵馬かいな」などと特にツッコまれることもなく堂々とメジャー観光寺院に掛かる。面白い絵馬は、実は身近なところにひそんでいるのかもしれない。あとはそこに目を向けるかどうかだ。

赤山禅院(京都)2・字馬

sekizan_jima.jpg


関連記事→赤山禅院1・おしどり絵馬

こちらも赤山禅院。「おしどり絵馬」と並ぶ、この寺の名物絵馬。じゃなくて、字馬。

絵じゃなくって、全部梵字だから、「字馬」ということになっている。このような絵馬は全国的にも珍しく、マニアからの問い合わせが後をたたないという。

字ばっかりの絵馬だったら他にも色々あるわけだが、一文字で神仏を表す梵字がこうもたくさん書かれていると、さすがに格が違うということなのだろう。これまた、いかにも本格的な呪術がこもっている感じがする。

梵字の配列からしても、何かの曼荼羅を表しているにちがいない。
真ん中の輪の中心は地蔵菩薩や閻魔大王を表す「カ」なので、同じく冥界を司る本尊の泰山府君と思われる。
左の輪の中心は妙見菩薩を表す「ソ」で、周りに七文字を配するというのは北斗七星ということかもしれない。
右の輪の中心は不動明王の「カーン」。もはや私のような一般人には何の曼荼羅だかわからない世界に突入しているが、この雑多な感じがまた、神も仏も中国系呪術もごちゃまぜな平安京の妖しい精神世界を垣間見るようでおもしろい。

この赤山禅院という場所がすでに、そんな雰囲気を凝縮している。お寺なのに本尊は中国からきた陰陽道の神だし、境内のいたるところに鳥居がある。どのお堂の軒先にも、呑み屋でもお祭りでもないのに派手派手しい提灯が連なっている。まるで「千と千尋の神隠し」に出てくる生活感たっぷりの神様がわらわらとそこにいるかのようだ。びっしりと奉納されたおみくじ入りの福禄寿人形がケラケラ笑っているような気がする。そんな場所。

以上2種類の特徴的な絵馬の他には、赤い唐服姿の赤山明神(泰山府君)と御幣・鈴をもった鬼門鎮護の猿が一緒に描かれた絵馬も出ている。日本の寺社で中国風の神というのもそうそう目にするものではない。猿の像は本堂の屋根の上に置かれ、遥か京都御所の鬼門に据えられた同じタイプの猿と向かい合う。赤山禅院は御所の表鬼門に当たる、平安京を呪術的に守るための重要スポット。

こうした色々な意味で、この場所は奇妙なパワーにあふれている。絵馬をながめてみるだけでも、そんな雰囲気が色濃く表れているのを感じることができる。

赤山禅院(京都)1・おしどり絵馬

おしどり絵馬・表おしどり絵馬・裏

これが絵馬だと誰が思うだろうか。少なくとも私は、衝撃を受けた。

絵馬を集めてみようと思ったのは、これがきっかけだ。

以来しばらくは、いわゆる絵馬の形をしていない、変形絵馬ばかりを求めて歩いた。


赤山禅院のこの絵馬は、境内の「相生社」に掛けられる縁結びの「おしどり絵馬」だ。

人型というのが、いかにも陰陽道の神(赤山明神/泰山府君)を祀っているところにふさわしい。

紅白の紐が絡み合う様子もなんともエロティックで、密教の性的な秘儀を連想させる。

この妖しい形に加えて、日月星辰(太陽と月と北斗七星)のシンボルが描かれていたり、裏には「男星名・女星名」とともに生年月日まで書かせるあたり、何やら本格的な呪術でもかけているような気分になってくる。う~ん、効きそう(笑)。

「おしどり」の絵なんかよりも、よほどこういったファクターのほうが強烈。


単に絵馬をかけるという祈願方法の中に、こんなにも多くのシンボルやメッセージやアクションを盛り込めるということを初めて気付かせてくれたのが、この絵馬だったと今もって思う。

関連記事→赤山禅院2・字馬
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。