慈尊院(和歌山県伊都郡九度山町)・おっぱい

慈尊院 絵馬

かつて弘法大師のお母様が住まわれた慈尊院は、女人高野とよばれる女性のための聖地。
南海高野線の九度山駅から、ひなびた山里の田園地帯を歩くこと25分、慎ましやかな門前町を抜けると、小高い丘の上に美しい多宝塔がみえてきます。

なんかいる

そして庭にはこんなヤツもいたりする、なんともアットホームな雰囲気のお寺。高野山霊場の清らかな空気の中、こぢんまりとしていながらも重厚さの漂う本堂にお参りしようとすると、そこには衝撃の光景が!?



本堂正面



もっと近づいてみますよ。



立体おっぱい

たわわな手作りおっぱい絵馬の数々。実はこれ、冗談でもなんでもなく、大真面目に深刻な願いが詰まっているんです。ここは女性の聖地だけに、ご利益は婦人病の治癒祈願。これらのおっぱい絵馬がみんな手作りということからも、いかに真剣な気持ちかが伝わってきます。芸能人や医療関連の団体が奉納していくこともたびたび。最近では大河ドラマ「平清盛」の題字を書いたダウン症の書家・金澤翔子さんも参拝に訪れ、絵馬をお納めしたそうです。こうした大きく目立つものは乳がんの啓発活動の一環として納められているものも多く、神仏を介した一種の広告的なメッセージ発信装置という絵馬の役割が今でも全く色あせていないのを感じることができます。

絵馬掛け所

手作りできなかったとしても、その場で求めて書いていける絵馬が用意されているので安心。こちらはテレビドラマにもなった小説「紀ノ川」の、ヒロインが母親と連れ立ってここ慈尊院にお参りするシーンがモチーフです。拝み絵馬のようなレトロな絵柄がまた味わい深く、そこにさりげなく配置されたおっぱいが何とも不思議な空気感をかもし出しています。それでいて下品な感じはなく、女性だけの世界の秘め事のような神聖さをも匂わせるこのお寺の雰囲気にぴったりの絵柄だと思いました。

ちなみに手作りおっぱいは、四角い布を用意して小豆を詰めて四隅を縫い合わせるだけなので、案外簡単にできるそうですよ。女性の体やその悩みについて特別な思いがあるならば、ぜひチャレンジしてみるのが良いと思います。
スポンサーサイト

パワーストーンのお店で絵馬!

天然石、それは地球のかけら。大自然の生み出した色彩と輝きの妙に、ぼんやりと眺めているだけで心は誰も知らない秘境の彼方へ・・・なんと手軽で爽快な気分転換。何をかくそう、私も結構な石コレクターだったりしています(ビーズもいいけど、特に原石!)。

そんなわけで、ふらりと癒しを求めて近所のお気に入りの天然石ショップへ。ひさびさに好みな原石を見つけてしまい、散財を嘆きつつも嬉々としてレジに向かうと、何やらこれは・・・ッ!?

レジの下に絵馬掛け

絵馬じゃあーりませんか!(死語)

キャンペーン中で、3000円以上買うと絵馬をもらって奉納できるということです。
すぐ横でブレスレットを作っていたお客さんも、真剣な面持ちで願い事を書いています。

このお店「karasade」は「アナヒータストーンズ」の系列店。「アナヒータストーンズ」は出雲大社に勾玉を献納している唯一の石屋さんです。他のどこよりも形の整った「本物」の勾玉は必見。そんな出雲大社と縁の深いお店なので、10月は「神在月(かみありづき)」にちなんで毎年何かしらキャンペーンをやっていたりします。

10月は普通は「神無月(かんなづき)」ですが、それは日本中の神様たちが出雲に出張して、いなくなってしまうから。逆に出雲では神様が集まってくるので「神在月」になるということです。お店では昨年はオマケでちょっとした縁結びのお守りをくれたりなど、寺社・お守り好きのツボをついた粋なはからい。そして今年は、絵馬ですよ。「願いうさぎ絵馬」、私も一枚いただきました。

うさぎと勾玉の絵馬
裏面

オオクニヌシにちなんで、因幡の白うさぎでしょうか。勾玉を抱いている姿が可愛らしいですね。赤い糸で囲んでいるのがまた、縁結びの出雲大社らしいモチーフ。

この絵馬はレジの下に掛けられたあと、キャンペーン期間終了後には、島根県松江市の玉造(たまつくり)にある玉作湯(たまつくりゆ)神社に奉納されるそう。この神社に祀られているのは、玉作りの神「櫛明玉命(クシアカルタマノミコト)」。境内には最初から丸い形で出現したという不思議な石のご神体があり、触ると願いが叶うとか。当地では古代から勾玉作りが盛んなので、遺跡から出土したきらびやかな石の工芸品を社宝として多数収蔵しているというのも、石好きなら想像しただけでニヤニヤしてしまいます。石に関しては至れり尽くせり、まさにパワーストーン好きのためのパワースポット!

考えてみると、天然石に癒しを求めたりパワーストーンのブレスレットを作ったりするとき、漠然とした希望から具体的な願い事まで、みんな大抵は何かしらの気持ちが胸にあるのでは。石に込めた願いや思いを改めて絵馬に書きつければ、自分の心と向き合い、幸せへの新たなスタートをきることができるはず。そしてこれが古くから石とともに歩んできた神社へと奉納されるわけですから、お気に入りの石もひときわ大切に思えて、パワーストーンライフがますます楽しくなりそうですね。

キャンペーン期間は2011年10月1日から10月31日まで。
お店のリンクはこちらです。
アナヒータストーンズ
karasade亀戸店ブログ
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる