【再録】たのしい御朱印入門・その1 御朱印帳を手に入れよう!

神社仏閣めぐりやパワースポットに興味があるけど、最近何かと話題の御朱印も気になるというそこのアナタ!御朱印って、何だか敷居が高そうだと感じたことはありませんか?いえいえ、全然そんなことはないんです。とりあえずは、硬いこと言わなくても大丈夫。何事もまずは形からと申します。色々考えるのは、サクッと始めちゃってからにいたしましょう。

ここでは最低限、御朱印を始めるにあたって必要なことだけお伝えしておきます。

① 「御朱印帳」とよばれる専用の帳面を用意します。お寺や神社に持って行きましょう。

② 寺社に着いたら必ず、お詣りしてください。そこにお祀りされている神仏への尊敬の気持ちを込めて。最低限のマナーです。

③ 授与所・御朱印所・納経所などと書かれたところで御朱印帳を渡します。300円くらいで御朱印をいただくことができます。料金は場所によって違うこともありますが、「お気持ちで」と言われた場合の相場も300円くらいと考えてよいでしょう。


2012年7月25日掲載分01

④ 御朱印帳には、いわゆる記念スタンプを絶対に押してはいけません。これも最低限のマナー。その他、その場での指示には素直に従ってください。

以上、たったのこれだけ。簡単でしょう?

そうとわかったら、早速、第一歩を踏み出してしまいましょう。

レベル1
とにかく御朱印帳がなければ、何も始まりません。書道用の和綴じの帳面でもOK。今すぐ大きめの文房具店、書道用品店、画材屋さんなどに行きましょう。シンプルなものなら案外あっさり入手することができます。
2012年7月25日掲載分02

可愛いデザインの御朱印帳も、ネット通販で簡単に手に入ります。最初の一冊はここから選んでみるのも手ですね。



ただ、これでは少々物足りない。少し慣れてきたら、記念にもなる一味違った御朱印帳でいきたいものです。

レベル2
各寺社オリジナルなら、個性的なデザインが色々あって楽しいですよ!

2012年7月25日掲載分03

左は比叡山延暦寺(京都府)、右は吉野の金峰山寺(奈良県)。格の高い大きなお寺のものだと、思い入れも違ってくるはず。


2012年7月25日掲載分04

左は室生寺(奈良県)、右は気比神宮(福井県)。カラフルな刺繍で、旅の思い出を彩って。


2012年7月25日掲載分05

建仁寺(京都府)。スタイリッシュな風神雷神は注目度ナンバーワン!


レベル3
素材にもこだわってみては!?その寺社にゆかりのあるもので作られた御朱印帳に出会えたときは、うれしさもひとしおです。

2012年7月25日掲載分06

晴明神社(京都府)。陰陽師・安倍晴明のトレードマーク、五芒星がキラリ。ファン必携ですね。この神社が西陣エリアにあることにちなみ、高級感漂う西陣織製なのも見逃せません。


2012年7月25日掲載分07

高野山(和歌山県)。なんと高野山の霊木でできています!行く先々で珍しがられること間違いなし!大自然の香りと手触り、そして日本最大級の聖地のパワーをいつでも身近に感じられる逸品です。

この他にも、オリジナルの御朱印帳を出している神社仏閣はたくさんあります。旅の途中でお気に入りを見つけたら、迷わずゲットしておきましょう。そうすれば、ページが埋まってしまっても安心。

さあこれで今後は、お出かけのたびに楽しい御朱印ライフが待っています。何が飛び出すかは、集めてみてのお楽しみ。忘れずに御朱印帳を持ち歩いて、新たな充実の旅を!



↓続きはコチラ↓
その2 神仏を感じる御朱印の見方・前編
その3 神仏を感じる御朱印の見方・後編
その4 ビジュアル系御朱印をさがせ!・墨書編
その5 ビジュアル系御朱印をさがせ!・印編
その6 ビジュアル系御朱印をさがせ!・総合編
その7 巡礼ノススメ~四国八十八ヶ所に挑戦!~





テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

【再録】ご利益満載!境内わくわく探検 住吉大社・その2

前回は、住吉大社の中でもメインとなる御本殿や太鼓橋をみてきました。広い境内には、お詣りするところがまだまだありますよ!実はそんな名所の影にかくれがちな場所こそ、熱いご利益スポットだったりするのがこちらの神社の意外なツボです。

まずは御本殿の一番奥、第一本宮の少し裏手にある、こんなスペース。

2012年7月11日掲載分01

ここに行けば大抵、バーゲンセールよろしくもっと周りに人が群がっているはずです。みんな玉垣(たまがき=神聖な場所を囲う柵)に張り付いて、何かを一生懸命さがしています。さて、これは一体!?

この場所は「五所御前(ごしょごぜん)」といって、神様が降りてくるパワースポット。それだけに、ここから3つの小石を持ち帰って身に付けていれば願いが叶うと言われています。これが「五大力のお守り」。専用の袋も授与所で受けることができます。

2012年7月11日掲載分02

願いが叶ったら、3つそれぞれに「五」「大」「力」の一文字ずつを書いてお返しするのがルール。これが書かれた石を見つけられたあなたは大ラッキー!早い者勝ちなので、レアですよ。それ以外なら、なるべく小さくて形の整った石を選ぶのが良いとか。納得のいく石に出会うまで、ひたすら砂利の中を掘るべし掘るべし!

さらに裏手に回ってみましょう。ひときわ目を引くのは、「初辰まいり」の旗。樹齢千年の楠を奉じる「楠珺社(なんくんしゃ)」がみえてきます。

<写真3 楠珺社>
2012年7月11日掲載分03

青々としたご神木の生命力と、人々が願いを込めて立てた旗の活気に、気分はアゲアゲ!そして、こんなにキュートな縁起物も!

2012年7月11日掲載分04

ご神木の楠に接して建つ社殿の中も、猫だらけ。いるだけで何だか楽しくなってきます。右手を上げているのは商売繁盛、左手を上げているのは家内安全。

ここでは毎月最初の辰の日「初辰(はったつ)」にお詣りして、この「招福猫」を受けると特に良いとされています。「初辰」→「発達」で、仕事運に効果あり!さらに48回の「初辰まいり」をすれば「四十八辰(しじゅうはったつ)」→「始終発達」で大変縁起が良いとのこと。この猫を48体集めると、超ビッグなペア招福猫に交換してもらえます。チャレンジする勇気のある方はぜひ!

「初辰まいり」では、この「楠珺社」以外にも、住吉大社境内にある4つの末社を「種貸社(たねかししゃ)」→「楠珺社」→「浅沢社(あさざわしゃ)」→「大歳社(おおとししゃ)」の順でお詣りするのがならわしです。もともとは農耕の神様でした。

2012年7月11日掲載分05

写真は、収穫すなわち事業成功を司る大歳社。4社とも小さいながら、大阪商人の熱い信仰に支えられ、常に参拝客でにぎわいます。美しい花菖蒲の池に囲まれた浅沢社は、縁結びや美容にご利益が。女子のみなさんは必ずお詣りを!金運UPには、「お種銭」をいただける種貸社もお忘れなく。

ご利益をたっぷり授かったあとには、お土産を。

2012年7月11日掲載分06

江戸時代から伝わるユーモラスな住吉土人形の数々です。「招福猫」も、この仲間。寺社のご利益を持ち帰るために縁起物を頂いたのが、お土産の起源ともいわれます。そんな遊び心を取り入れてみれば、旅はぐっと彩りを増すはず。

格調高さと親しみやすさの同居が魅力の住吉大社、訪れたときはぜひゆっくりと、すみずみまで巡ってみてください。

2012年7月11日掲載分07

こちらが御朱印です。何かと気になる御朱印、次回はその始め方をレクチャーしちゃいます。お楽しみに!

-------------------------------------------------------------
●住吉大社 http://www.sumiyoshitaisha.net/

≪アクセス≫
・ (路面電車) 阪堺線 「住吉公園駅」から徒歩2分
・ 阪堺線 「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ
・ 南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分
・ 南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分
・ 市営赤バス 住吉ループ「住吉大社バス停」から徒歩2分
大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89
06-6672-0753
境内自由(4月~9月は6:00~17:00、10月~3月は18:30~17:00)
(授与所9:00~18:30)

≪イベント≫
住吉祭
2012年7月16日(月)・30日(月)・31日(火)・8月1日(水)
(毎年固定で、海の日と、7月30日よりの三日間です)
御輿洗神事:16日19:00~ 住吉公園にて
宵宮祭:30日
例大祭:31日 夏越祓神事:31日17:00~
御輿渡御:8月1日 13:00頃~
----------------------------------------------------------

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ(グラフィック社刊)」発売中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる