【再録】玉の輿も一歩から 今宮神社

2013年02月27日掲載分01
バスの車窓に突然現れる立派な楼門。女性なら誰もが手にしたくなるような話題のお守りがある今宮神社は、大徳寺からも近く、上賀茂神社行きのバスルート途中という、京都の旅プランに組み込みやすいナイスロケーション。気になったアナタはぜひバスを降りて、ご利益いっぱいの境内を楽しく散策しながらパワーチャージといきましょう。

2013年02月27日掲載分02
楼門をくぐると、広々とした空間に中央の舞台をはさんで本社がみえてきます。ここにお祀りされているのは、今でこそ日本神話の神様の形をとっていますが、実は疫病を司る荒々しい神様。そのなごりが、上の写真で本社のすぐ左わきに屋根だけ見えている「疫(えやみ)社」です。

そういわれると怖いかもしれませんが、心配はご無用。この神社は平安時代、疫病の神様が人々に害をなさないよう、なぐさめ鎮めるために建てられました。その力をおそれて敬いさえすれば、もとが怖い神様ほど、かえって強力なご利益を発揮してくれるのです。心をこめてお詣りすれば、病気や災難から守ってくれるでしょう。

2013年02月27日掲載分03
さて、例のお守りですが、その名も「玉の輿(こし)お守り」。左から金時にんじん、聖護院大根、賀茂なす、と愛らしい京野菜の絵柄です。でもどうして野菜なの?!

それはこの今宮神社に守られた西陣の土地に、八百屋の娘から江戸幕府三代将軍徳川家光の側室となり、やがて五代将軍綱吉の母という女性のトップへと大出世をとげた桂昌院が生まれていたから。桂昌院というのは出家したあとの名前で、もとは「お玉さん」といいました。これが「玉の輿」の語源です。

とはいえ、お玉さんはある日いきなり将軍から見初められたわけではありません。縁あって公家に仕えるところからはじまり、大奥に入ってからも、権謀と嫉妬が渦巻く中、まず将軍に直接会える身分となるまで出世するには相当な忍耐と努力が必要です。その段階なしには、彼女の「玉の輿」はありえませんでした。

だけど、そう考えれば「玉の輿」は奇跡的な大ラッキーでもなんでもなく、毎日をがんばっている貴女にも充分可能性があるってこと!

2013年02月27日掲載分04
境内の桂昌院像をなでると玉の輿に乗れるといわれています。日々の困難に立ち向かう勇気と、未来を切り開く強運を彼女に分けてもらって。

桂昌院は地元西陣の興隆と、当時荒れていた今宮神社の復興につとめました。西陣といえばやっぱり織物。「玉の輿お守り」の袋も、この地域で作られています。軽く10種類以上あるカラーバリエーションは、どれも高級な和服を思わせる優雅で繊細な色合いにウットリ。いつかは着てみたい憧れの色で選んでみては。

2013年02月27日掲載分05
境内には西陣織の守り神、織姫神社もあります。両側に立っているオブジェは機織(はたおり)の道具「杼(ひ)」の形。糸と糸とを結び合わせていく織物の神様は、縁結びが大得意。また、七夕の織姫ですから遠距離恋愛を守ってくれます。

2013年02月27日掲載分06
願い事に手ごたえがほしいなら、ぜひこの不思議な石「阿呆賢(あほかし)さん」へ。まず石を三度たたくと怒って重くなるそうで、そのあと願いを込めて三度なでてあげてから持ってみて、軽くなっていれば願いが叶うとか。石にさわった手で体の悪いところをさすれば病気平癒のご利益も。

今宮神社では、毎年4月の第二日曜日に京の三奇祭のひとつ「やすらい祭」が行われます。これも長く途絶えていたのを桂昌院が復興させました。花笠の行列と一緒に「やすらい花や」のかけ声で鬼が踊る独特なお祭りです。

平安時代には、桜の散る頃に疫病が流行ると信じられていました。これを防ぐために桜の花の霊を鎮めるのが、やすらい祭の目的。大自然の力を敬う日本人の心が感じられるはず。

2013年02月27日掲載分07
上の「やすらい人形」で、お祭りの力を借りた厄除け祈願を。
また、花笠に入れば健康でいられると言われています。
お花見も兼ねて、開運ざんまい。

2013年02月27日掲載分08
こちらが今宮神社の御朱印。
やすらい祭を表す「鎮花」の印が右上に。

最後に、ここへ来たら絶対に外せないおやつをご紹介。
東門を出るとすぐ、2つのお店が向かい合っています。
日本最古の和菓子屋といわれる「一和」は平安時代創業。
江戸時代からの「かざりや」も負けずに味をみがいてきました。
2013年02月27日掲載分09

どちらも、売っているのは名物あぶり餅。
お店の中でゆったりとお茶を飲みながらいただくことができます。
2013年02月27日掲載分10
きな粉と白味噌のコクがたまらない素朴なおいしさ。
御幣(ごへい)のような形をしているのは、それもそのはず、今宮神社に奉納された斎串(いぐし)をいただいて使っているから。食べると厄除けになる縁起物です。

2013年02月27日掲載分11
手作り中♪

2013年02月27日掲載分12
両方のお店とも風情は満点。微妙に味わいが違うので、ぜひ食べ比べを。
時にはこういう所でほっこりして活力を養うのも、開運への第一歩ですよ。

-------------------------------------------------------------
●今宮神社 http://www.imamiyajinja.org
≪アクセス≫
・阪急烏丸駅より市バス46番 上賀茂神社行「今宮神社前」下車スグ
・市バス「船岡山」下車 北へ徒歩7分
・大徳寺より北へ徒歩10分
京都府京都市北区紫野今宮町21
075-491-0082
境内自由 社務所9:00~17:00

≪イベント≫
やすらい祭 毎年4月の第二日曜日
2013年4月14日(日)12:00~17:00 雨天中止
最新の詳しいスケジュール等は公式サイトをご覧ください。

【再録】お寺で中国プチトリップ!? 崇福寺

2013年02月13日掲載分01
さて、ここはどこでしょう?

竜宮城のような山門を抜けて階段を上がると、今度は途中に観音様の祠(ほこら)。
2013年02月13日掲載分02
こんな形の祠、見たことな~い!
階段の脇にある石灯篭の前には、桃源郷を思わせるおめでたい桃の装飾も。

2013年02月13日掲載分03
上りきったところに見えてくるのは、これまた何ともエキゾチックな門です。
中国?台湾?いえいえ、ここは日本の長崎県!

日本最古の(というかそれ以前に、そんなにたくさんあるものでもないですが)、中国様式のお寺、それがここ崇福寺(そうふくじ)。海外との貿易拠点だった長崎には、華僑(かきょう)とよばれる中国から渡ってきた人々が多く住んでいます。江戸時代初期に彼らの手によって建てられたのが、ここを含めて長崎市内に全部で3ヶ所あるいは4ヶ所ある唐寺なのです。崇福寺は、今でも地元の華僑の人たちが守り続けています。

上の写真の「第一峰門」は国宝。
屋根を支えるカラフルで複雑な組み物が見所です。

この門を入ると右手に見えてくるのが、これまた国宝の「大雄宝殿(だいおうほうでん)」。禅宗では、お釈迦様を祀る本堂をこう呼びます。長崎の唐寺はどこも、江戸時代に中国から伝わった禅宗の宗派「黄檗宗(おうばくしゅう)」です。

2013年02月13日掲載分04

中は、お釈迦様と脇侍(わきじ、ご本尊の両サイドを固める仏様)の阿難(あなん)・迦葉(かしょう)という二人の弟子を中心に、左右ズラリと18人の羅漢(悟りを開いた修行者)たちが並ぶ一大仏教ワールド。
2013年02月13日掲載分05
実はこのお釈迦様、銀と布で作られた内臓があるそうです。生きたお釈迦様を間近に拝みたいという熱い想いが、こうした像を生み出しました。

黄檗宗のお寺に特徴的で、かつ禅寺らしいのはコレ。
2013年02月13日掲載分06
なんだかユーモラスな魚の形ですが、叩いて鳴らす道具です。この音が、お寺で集団生活する修行僧たちに時間を知らせます。叩かれすぎてお腹が削れているのが見えるでしょうか?魚梆(かいばん)といって、木魚の原型とされています。

大雄宝殿の真向かいには、「天王殿(てんのうでん)」という耳慣れない名前のお堂があります。中国のお寺にある、色々な神様仏様を祀るお堂です。

2013年02月13日掲載分07

この中は、真ん中が観音様。
2013年02月13日掲載分08
やはり中国風の飾りが目を引きます。

左には、韋駄天(いだてん)。
日本の禅寺でも守護神として祀られています。
2013年02月13日掲載分09
スマートな甲冑姿が凛々しい韋駄天は、とっても足の速い神様。スポーツをする人にご利益アリです。また、悪い人をすぐに追いかけてつかまえてくれるので、盗難除けにも力を発揮します。

右には、関聖帝君(かんせいていくん)。
横浜や神戸の関帝廟でもおなじみ。
神様になった三国志の関羽です。中国でとても人気があります。
2013年02月13日掲載分10
戦いの神として強力なのはもちろん、信義に厚い性格なので商売の神としても頼もしい存在。合格祈願もOK。キャリアアップに絶大なパワーが!

崇福寺では、御朱印のかわりに御朱印サイズのお札をいただけます(中国では御朱印の習慣がないからだそうです)。
2013年02月13日掲載分11
関聖帝君のお札になっています。御朱印帳に貼るもよし、お家でデスク周りに貼って日々の努力を見守ってもらうのも良いかもしれません。ここぞの勝負のときにも運を味方にできそうです。

お札は、こちらのお守りコーナーで。
2013年02月13日掲載分12
中国産の様々な縁起物が揃っていて、見た目にもにぎやか。
まるで海外旅行に来たみたい。

2013年02月13日掲載分13

2013年02月13日掲載分14

どこを見回してもエキゾチックで、ドキドキしてしまいます。

2013年02月13日掲載分15
大雄宝殿から右に連なる回廊を兼ねた門(上写真)の向こうにみえるお堂には、「媽祖(まそ)」という女神様が祀られています。
2013年02月13日掲載分16

2013年02月13日掲載分17
世界中の華僑に信仰されている、航海安全の女神です。1571年のポルトガル船の入港以来長らく海外への玄関口で、今でもたくさんの船が行き来する長崎を見守り続けています。

そんな長崎市内で、長崎新地中華街を中心に地元の華僑の人々と地域が一丸となって行われる冬の風物詩、ランタンフェスティバルが今年もいよいよ開幕です。これにともない、中国情緒豊かなイベントが多数開催。そのうちのひとつ、江戸時代から行われていた船の安全を祈る行事を再現する媽祖行列が、崇福寺の媽祖堂にもやって来ます。媽祖行列が行われるのは、今年は2月の17日(日)と24日(日)。期間中は、鮮やかな中国ランタンで幻想的に彩られる夜の崇福寺も必見です。

-------------------------------------------------------------
●崇福寺
≪アクセス≫
・路面電車「正覚寺下」電停下車、徒歩3分
長崎県長崎市鍛冶屋町7−5
095-823-2645
≪拝観時間≫
3月1日~11月30日 8:00~17:30
12月1日~2月末日 8:00~17:00
拝観料 300円
--------------------------------------------------------------
●長崎ランタンフェスティバル http://www.nagasaki-lantern.com/
2013年2月9日(土)~2月24日(日) 長崎市内各会場にて開催
詳しい場所やイベント日時については上記公式サイトをご覧下さい。

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ」(グラフィック社刊)もうすぐ発売。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる