スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再録】絶景の日の出と禊(みそぎ)で生まれ変わる! 二見興玉神社

二見興玉(ふたみおきたま)神社は、お伊勢参りをする前に参拝し身を清める場所。海岸と一体になった境内は、どこからみても雄大な眺めです。

2013年04月24日掲載分01

伊勢神宮の場所を定めた「倭姫命(やまとひめのみこと)」がここを訪れたとき、あまりの美しさに二度ふり返ったのが「二見浦(ふたみがうら)」という地名の由来とか。思わず納得してしまいます。

2013年04月24日掲載分02
あまりにも有名な「夫婦岩(めおといわ)」。この岩の間からのぞむ海の底には、祭神の「サルタヒコ」という神様が現れた所といわれる、御神体の「興玉神石(おきたましんせき)」が沈んでいます。自然の岩石に神様が降り立つという岩座(いわくら)信仰は、神社の最も古い形です。

サルタヒコ様は、記紀神話で「高天原(たかまがはら)」という天上世界にいらした神様たちが地上のこの国に天下ってこられたとき、道案内した神様。新しいことを始めるときのサポートや交通安全などにご利益を発揮してくれます。

2013年04月24日掲載分03
境内には不思議な岩がもうひとつ。「天岩戸(あめのいわと)」は、「天照大神(アマテラスオオミカミ)」という太陽の女神が引きこもった洞穴です。天照大神は、伊勢内宮の祭神で神道の最高神。彼女を外に誘い出した女神「アメノウズメ」は、サルタヒコのパートナーとされています。

ところで、夫婦岩は興玉神石と太陽を拝するための天然の鳥居。つまりここでは、サルタヒコ様とアマテラス様を同時に拝むことになるわけです。サルタヒコをアマテラス信仰が入ってくる以前の土着の太陽神とする説もあり、神話と古代史のミステリーに胸が高鳴ります。

サルタヒコ様のお使いは、カエル。
2013年04月24日掲載分04
境内いたるところにカエルだらけです。
2013年04月24日掲載分05
おみくじも。口からケロッと引きます。

2013年04月24日掲載分06
手水舎も。「満願のカエル」に水をかけると願いが叶うかも。

2013年04月24日掲載分07
お守りで持ちカエルと、無事カエル、お金がカエル。
実はこれもサルタヒコ様のご利益にちなんでいます。「帰る」は道案内の力、「返る」は太陽神としての清めと再生の力。お伊勢参りで訪れる旅人の道中安全と幸福を願う気持ちが込められた縁起物です。

二見興玉神社では、毎年5月5日と9月5日と12月中旬の年三回、「大注連縄張(おおしめなわはり)神事」が行われます。夫婦岩に張る新しい大注連縄を参拝者みんなで手送りしていくのに参加することができます。

はずされた古い大注連縄のかけらがついたお守りもオススメ。
2013年04月24日掲載分08
夫婦岩の間から昇る太陽や月に見立てて、このあたりの特産の真珠がキラリ。

2013年04月24日掲載分09
御朱印にも、日の出をデザイン。

実際に太陽が夫婦岩の間の、しかも遥かに見渡す富士山の上からちょうど昇るのは、夏至の日。この特別な日には、夫婦岩の前で禊(みそぎ)が行われます。禊というのは、海水に浸かって体を清めること。かつてはお伊勢参りの前に必ずするのがしきたりでした。ここはぜひ参加して、最高の日の出に抱かれながら心身に新たな生命力がみなぎっていくのを体験してみては!?

さて、お伊勢参りの前に禊までするのはなかなか大変ですが、二見興玉神社で「無垢塩草(むくしおくさ)」を使ったお祓いをしてもらえばその代わりとなります。もっと簡単な方法は、無垢塩草を社務所で受けて身に付けることです。
2013年04月24日掲載分10
無垢塩草というのは、興玉神石から生えてくる海草アマモのこと。持っているだけで強力な邪気払いに。魔除けとして玄関に飾るもよし、お風呂に入れれば心のデトックスにも。毎年5月21日には、これを収穫する「藻刈神事」が行われます。

2013年04月24日掲載分11
海岸沿いをしばらく歩けば、伊勢神宮で使う特別な塩を作る場所、「御塩殿(みしおどの)神社」にも行くことができます。さわやかな潮風に包まれながら、海と神話の織り成す豊かな世界を感じてみてください。

-------------------------------------------------------------
●二見興玉神社 http://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/

≪アクセス≫
・JR参宮線 「二見浦」駅より徒歩15分
〒519-0602 三重県伊勢市二見町江575
0596-43-2020

≪イベント≫
大注連縄張神事 
毎年5月5日、9月5日、12月上旬(2013年は12月15日) 10時開始

藻刈神事 毎年5月21日 10時開始

夏至祭 毎年夏至の日(2013年は6月21日)
    鎮魂修法 6月20日 午後3時15分~午後7時(定員85名)
    夏至祭 6月21日 早朝 午前3時30分開始
    禊修法 6月21日 早朝 午前4時30分~約1時間
    4月1日より参加申込み開始。
女性は指定の禊着が必要なので注意してください。
詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

なお、夏至の前後約20日間は夫婦岩の間からの日の出を拝むことができます。また、冬至の前後には月が夫婦岩の間から昇るので、満月の日を狙って行くと特に美しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

【再録】祈りの森と昔の生活、リアルジブリのような世界に癒される! 白滝大明神

祈りの森と昔の生活、リアルジブリのような世界に癒される! 白滝大明神

お伊勢さんは日本人の心のふるさと。定番コースでも充分癒されるけど、もっと落ち着いた場所でディープな体験してみませんか。それならもう一足のばして、これから大注目の最新パワースポット「白滝大明神」、通称「白滝さん」へ。

伊勢市から電車に乗ること約30分、鳥羽からなら約8分の近鉄「船津」駅で降りると、すぐにこの旗が目に入るはず。
2013年04月10日掲載分01
旗の場所にあるのはいきなり狭い路地ですが、ためらわずに入ってください。早くも探検気分です。

ここから先は旗が道案内になっているので、安心して歩けます。川沿いにどこかなつかしい家々のならぶ、のどかな景色を味わいながら。
2013年04月10日掲載分02


そうして進むうちに、ひときわかわいらしい古民家が目に飛び込んできます。
2013年04月10日掲載分03
この「どんぐり小屋」が、「白滝さん」の休憩所です。普通の休憩所とは一味も二味も違います。今年の4月1日が正式オープンなので、今ならまさに出来たて。扉を開けば、お手伝いをしている地元の人たちが温かく迎え入れてくれます。

一歩踏み入れると、見たこともないような昔の道具に驚きの連続。

2013年04月10日掲載分04
いろり。

2013年04月10日掲載分05
かまど。

2013年04月10日掲載分06
五右衛門風呂。

これ全部、きれいにして実際に使っていくとのこと(五右衛門風呂までも!)。
かまどでご飯を炊いて軽食を提供したり、石臼で粉ひき体験など使い方を学べる企画もあったりと楽しげです。

さて、好奇心が刺激されすぎて本題を忘れないうちに、ここらで「白滝さん」を参拝していくとしましょう。まずは「どんぐり小屋」でお守りを購入。希望者には「こだまの木」が渡され、願かけ用の小づちを貸してくれます。
2013年04月10日掲載分07
ここに名前と日付を書けば準備完了。「こだまの木」と小づちを持って、「祈りの森」に入っていきます。せせらぎの音に心洗われながら木々におおわれた遊歩道を歩けば、空気もおいしく、まるで生き返るよう。これからの季節には、森に自生する藤の花が見頃になり、新緑も一層あざやかに。
2013年04月10日掲載分08

2013年04月10日掲載分09
この森をいだく山は「行者山」といって、伊勢神宮の広大な敷地に隣接し、古くから大自然の神々が住まう聖地として大切にされてきました。ここで神々と日々に語らい修行する人が絶えなかったということです。

2013年04月10日掲載分10
この三笠塚という石碑には、運命的な恋に落ちた女性と禅僧が、世間に認められずここに逃れて生涯をともにし、最後まで純愛を貫いたという伝説が残されています。清流と小鳥のさえずりに包まれて、世俗から離れた愛と祈りの生活を垣間見たならば、きっと何か大切なものをみつけられるはずです。

2013年04月10日掲載分11
見上げるほど巨大な「行者大岩」。こういう所で、修行者たちは岩に登ったり瞑想したりして自然と一体になっていったのでしょう。その迫力に身が引き締まります。

2013年04月10日掲載分12
こちらは弘法大師様がこのあたりの山々を開きにいらしたとき座って瞑想したという岩。岩肌に自然に刻まれた溝が、色々な文字に見えてくるという不思議な岩です。その文字は、その人のもつ願いに対応しているとか。ここは自然界が映し出す自分の心と対話する場所。

2013年04月10日掲載分13
「白滝大明神」の名前の由来となったのは、この一番奥の美しい滝。この山全体が御神体なので、特別な社殿などはありません。言うなればこの滝が拝殿の役割でしょうか。ここが祈りの場所です。祈り方は自由ですが、願いや想いを声に出して伝えるのがオススメです。歌ってみたりするのも良いかもしれません。今この空間に満ちている神様たちを感じ、響き合うということが大切です。

ひととおり気持ちが落ち着いたら、「こだまの木」を森に返してみましょう(これもタイミングなど自由です)。専用の場所が「三笠塚」から少し道をわきにそれた所にあります。
2013年04月10日掲載分14
「こだまの木」を、小づちを使って地面に打ち込みます。願いを込めてガンガンやっていると、集中力が高まるからか不思議とすがすがしい気持ちに。木の頭が見えなくなるまで埋まったら、土をかけて完了です。「祈りの森」で感じた想いをこの場所に定着させ、ここに住まう神様たちに末永く見守っていただきます。これで願いは叶うはず!

2013年04月10日掲載分15
「どんぐり小屋」まで戻ると、正面の川には昔ながらの洗い場が。二ヶ所あって上流側では食べ物を洗い、下流側では洗濯などをします。この川は、さきほどの滝が源流です。森の恵みはもちろんのこと、今でもこうして使っていられるのはここに暮らす人たちが自然を敬い、大切に環境を保っているからこそ。常に天地自然の神々とともにある昔の生活にふれて、現代人がなくしてしまった大切なものに一瞬でも立ち返れば、必ずなつかしくて新しい気付きを得て帰れます。

「どんぐり小屋」の周りには、他にも普段なかなか見られないものがいっぱい。
2013年04月10日掲載分16
裏山にあいている異次元にでもつながってしまいそうなほら穴は、戦時中に使われた防空壕だそうです。

2013年04月10日掲載分17
小屋の左手についている一見物置のようなスペースは、かつて牛舎として使われていたところ。蓑(みの)や農具、薪割り用の台など、さまざまな古民具が置いてあります。割りたての薪(まき)は、とても良い香り。

こうした昔の道具などは、これからもっともっと増やしていく予定だそうです。楽しみですね。ただの展示施設とちがって、使って生かしているし、一緒に作業できたりもするのが最大の魅力。素朴で温かな地元の人たちが快く色々おしえてくれます。参拝者同士での会話もはずんで、かけがえのない旅の思い出ができること間違いなし。

かつては地域をあげてお伊勢参りの巡礼者たちを手厚くもてなしたように、そして巡礼者同士がゆるやかな絆で結ばれたように、単なる観光では得がたい本物の交流がここでは復活しつつあります。現代の迷えるパワスポ巡礼者にも、「白滝さん」でなら今までにない光明が得られるかも!?
-------------------------------------------------------------
●白滝大明神 http://shiratakisan.jp/
*訪問時の「どんぐり小屋」は正式オープン直前でしたので、変更点などもあるかもしれません。ご了承ください。
≪アクセス≫
・近鉄志摩線 船津駅より案内の旗にそって徒歩約13分
(JR船津駅からはだいぶ離れているのでお間違いなきよう)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。