スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再録】京都が異界とつながる日・その2 六道珍皇寺・西福寺ほか

前回は、六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)と地獄の不思議な関係についてお話しました。ではそこで年に一度、毎年8月7日~10日の4日間行われる「六道まいり」とは!?

2013年07月31日掲載分01
夜店でにぎわう「六道の辻」、普通の縁日のような屋台に混じるのは、お盆用品と、高野槙(コウヤマキ)の枝を売る店。高野槙の穂先は、前回出てきた「冥土通いの井戸」で、あの世との橋渡しの役目を担っていました。

そう、この「六道まいり」の目的は、お盆にこの世へとやってくるご先祖様を無事お迎えし、おもてなしすること。その手順はこう。

まず高野槙を買い、経木でできた水塔婆(みずとうば)を六道珍皇寺の本堂前で求め、ご先祖様の名前を書いてもらいます。これを持って、平安時代から続く「迎え鐘」へ。長い行列が沿道まで続いていました。
2013年07月31日掲載分02
鐘は壁でおおわれ、外からは見えません。地下に半分もぐった状態なので、撞く位置は腰のあたりとだいぶ低め。地獄にまでも音が響きわたるように、こうなっているのだそうです。「迎え鐘を撞いたときに、ご先祖様が自分の肩にふわりと乗ってくるつもりでやってみてね。送り火のときまで一緒にいてくれるからね」毎年お手伝いをしているという地元の女性の言葉が印象的でした。

次に、本堂でお詣り。このとき、お線香を焚いて、煙で水塔婆を清めます。
2013年07月31日掲載分03


最後に、お地蔵様にお詣りします。お地蔵様は、六道の全てを見守り、たとえ地獄に落ちたとしても自ら救いに来てくれるという、たのもしい仏様。
2013年07月31日掲載分04

このお地蔵様たちの前には長い水槽があります。「水回向(みずえこう)」といって、ここでぬらした高野槙の穂先で水塔婆をなでると、ご先祖様が喜んでくれるとのこと。それから所定の場所に水塔婆を納めれば完了。五山送り火の翌日に、お寺でご供養していただけます。高野槙は、お盆が終わるまで自宅の仏壇にお供えします。

2013年07月31日掲載分05

六道珍皇寺の他にも、「六道の辻」エリアに位置するお寺では、お盆の行事が営まれています。

たとえば、西福寺では毎年8月8日から10日まで「お精霊(しょうりょう)迎え」。
2013年07月31日掲載分06


ここでも、お地蔵様の前で水回向が行われていました。
2013年07月31日掲載分07


本堂の中には、これまた前回ご紹介したような六道絵や地獄絵がズラリ。絵の内容を詳しく解説する「絵解き」のイベントも毎年行われています。
2013年07月31日掲載分08


六波羅密寺では、同じく8月8日から10日まで、萬燈会(まんとうえ)です。
2013年07月31日掲載分09


この灯火、よく見ると、送り火と同じ「大文字」の形になっています。
2013年07月31日掲載分10
本堂内のロウソクも、大文字の形に並んで灯されていました。
大文字は、5方向に線が伸びていることから「地水火風空」という天地自然の5つの根幹要素「五大」を表しています。ご先祖様のいる目に見えない世界に敬意を払い、大宇宙のすみずみまで祈りを届けるための形です。


2013年07月31日掲載分11
六波羅密寺にも、迎え鐘が。やはりほとんど地中にかくれています。


2013年07月31日掲載分12
西福寺御朱印の梵字は、本堂「法王殿」に祀られる、人々を極楽浄土へと導く阿弥陀如来様。右は六道珍皇寺の通常の御朱印。御本尊の薬師如来様です。


最後に、ちょっぴり涼しくなっちゃうお土産をご紹介。
2013年07月31日掲載分13
「子育て幽霊」のお話、まんが日本昔ばなしの世代なら知っている人も多いかもしれません。まだ土葬が一般的だった時代、誤ってお墓の中で生まれてしまった我が子の命をつなぐために、救出されるまで毎晩欠かさず飴を買いにきた母親の幽霊。

2013年07月31日掲載分14
その幽霊に選ばれたのが、このお店だったとか。こんなことがあるのも「六道の辻」ならでは。いまやすっかり名物となった「幽霊子育飴」、なつかしい濃厚な味わいの、大変美味しいベッコウ飴です。

あの世とこの世、そしてご先祖様と自分。ちょっと怖いけれど、なぜかほっこり優しい気持ちになれるのが京都のお盆の魅力です。異界と身近に触れ合い、命のつながりを再発見する夏へ、迎え盆にはぜひ「六道の辻」で夕涼みがてら散策を。

-------------------------------------------------------------
●六道珍皇寺 公式サイト http://www.rokudou.jp/
≪アクセス≫
・京阪電車「東山五条」駅下車徒歩20分
・市バス「清水道」下車徒歩5分
京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595
075-561-4129
≪イベント≫
六道まいり 毎年8月7日~10日 朝から夜9時頃まで
特別公開(不定期) 2013年7月13日(土)~31日(水)、8月20日(火)~9月30日(月)
          10:00~16:00 拝観料600円
         *法要等により拝観できない日が生じる場合もあります。

●西福寺
≪アクセス≫
・六道珍皇寺から徒歩2分
京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町81
075-551-0675
≪イベント≫
お精霊(しょうりょう)迎え 毎年8月8日~10日 朝から夜8時頃まで

●六波羅密寺 http://www.rokuhara.or.jp/
≪アクセス≫
・六道珍皇寺から徒歩3分
京都市東山区五条通大和大路上ル東
075-561-6980
≪イベント≫
萬燈会(まんとうえ) 毎年8月8日~10日 日没から夜8時頃まで

●みなとや幽霊子育飴本舗 公式サイト http://kosodateame.com/
≪アクセス≫
・六道珍皇寺から徒歩2分
京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町80番地の1
075-561-0321
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

【再録】京都が異界とつながる日・その1 六道珍皇寺

京都といえば、祇園祭も終わって夏たけなわ。そろそろ五山送り火が待ち遠しくなってきますね。送り火はお盆の風物詩ですが、京都では他にも、ご先祖様をお祀りする伝統的な行事がたくさん生きています。というのも、京の人々は古くからの世界観と一体になった町で、異界の存在を身近に感じてきたから。現代っ子の私たちからすればミステリアスで、それだけ情緒豊かな京都のお盆。さて、どんな世界を垣間見られるでしょうか!?

東山の住宅やお寺が立ち並ぶ中、「六道の辻(つじ)」といわれる一帯があります。古来、あの世とこの世のつながる場所として、おそれられてきました。ここを守るお寺のひとつ、六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)。
2013年07月17日掲載分01

2013年07月17日掲載分02
普段は、人も少なく静かなお寺です。

このお寺が、年に一度にぎわう「六道まいり」の夜。
2013年07月17日掲載分03

今年は8月7日(水)~8月10日(土)の4日間。
境内はちょうちんで彩られ、とても幻想的です。

2013年07月17日掲載分04

六道というのは、死後、生きていたときの行いの良し悪しに応じて6つの世界のどれかに生まれ変わるという信仰。期間中、境内ではこれらの世界の様子を描いた寺宝の「十界観心図」や「地獄絵図」が飾られます(撮影禁止)。普通の展示ではなく、屋外で闇に淡く浮かび上がるライトアップで、妖しい空間が出現。見る者を異次元へと誘います。

六つの世界の一番上にランクする「天道」は、最もラクチンな天上の世界(ただし寿命があります)。その次に当たるのが、今私たちの暮らしている「人間道」。その下には、戦いばかりの「修羅道」、動物の世界「畜生道」、常にお腹がすいて満たされることのない「餓鬼道」、最後に「地獄道」と続きます。

2013年07月17日掲載分05

こう書くと怖そうですが、実際は素朴なタッチで描かれるブラックユーモアといった雰囲気。案外たのしくて細かいところまで見飽きることがありません(詳しく知りたいなら、今回の末尾に載せてある「熊野観心十界図・地獄絵絵解き」イベントがオススメです)。日々の生活を少しふり返ってみると、なんだかどれも現実世界の気分や状況に対応しているような気がしてドキリ。そう思うと、どの世界も等身大でいとおしい感じがしてくるから妙なものです。六道は、天道も含めて苦しみの多い迷いの世界。こうやって時々は自己反省しつつ、我欲をなくして苦しみの世界から逃れ、平穏な心の世界「極楽浄土」をめざそうというのが地獄絵に込められたメッセージです。

地獄との間を自在に行き来できるという不思議な井戸も。
2013年07月17日掲載分06
↑行きは庭園の奥にある「冥土通いの井戸」。すぐわきには高野槙(コウヤマキ)の木がはえています。この枝の穂先をつたってワープするのだとか。

2013年07月17日掲載分07

2013年07月17日掲載分08
↑帰りは、すぐ近くの飛び地にある「黄泉(よみ)がえりの井戸」から。

平安時代、文人官僚の小野篁(おののたかむら)が、ここを毎日通い、夜は地獄の官僚としてダブルワークしていたそうです。「冥土通いの井戸」の左にある祠「竹林大明神」は、彼の守り神だったと言われています。

閻魔(えんま)様や鬼などの地獄の住人と小野篁の像が居並ぶ閻魔堂も、「六道まいり」のときは夜間ライトアップで拝観できます(撮影禁止)。絵図と合わせて、イッツ・ア・地獄ワールドをご見聞あれ。

六道まいり限定の御朱印にも、閻魔様と小野篁さん。
2013年07月17日掲載分09
極楽へ行きたいと願って紺色の紙に金で書く、平安貴族の豪華な写経「紺紙金泥経」を思わせるかっこよさ。こんなところにも、浄土へのあこがれが込められているのかも。

「六道まいり」期間中には、秘仏で普段は姿を見られない六道珍皇寺の御本尊・薬師如来坐像を間近に拝める御開帳も。藤原時代につくられた重要文化財指定の薬師如来様は、エキゾチックで端正なお顔立ち。あらゆる病気をなおしてくれる仏様なので、左手に薬壷を持っています。
2013年07月17日掲載分10
屋外の小さな収蔵庫を開いての公開で、これまた夜はライトアップ。普通のお寺や博物館での仏像拝観と全く違った雰囲気は、必ず記憶に残るはず(撮影禁止)。

次回も引き続き、六道珍皇寺の「六道まいり」を探訪しつつ、その周辺も合わせて「六道の辻」のお盆の雰囲気をお伝えします。

-------------------------------------------------------------
●六道珍皇寺 公式サイト http://www.rokudou.jp/
≪アクセス≫
・京阪電車「東山五条」駅下車徒歩20分
・市バス「清水道」下車徒歩5分
京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595
075-561-4129
≪イベント≫
六道まいり 毎年8月7日~10日 朝から夜9時頃まで
特別公開(不定期) 2013年7月13日(土)~31日(水)、8月20日(火)~9月30日(月)
          10:00~16:00 拝観料600円
         *法要等により拝観できない日が生じる場合もあります。

●イベント「熊野観心十界図・地獄絵絵解き」(要予約)
  場所:西福寺(六道珍皇寺から徒歩2分です)
京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町81
日時:2013年8月9日(金)17:30開場、18:00開演
料金:1000円 
寺宝の絵図を実際に見ながら、六道や地獄について楽しくわかりやすく解説。
地獄がテーマのユニークな音楽ライブもあり。
*詳しい場所・スケジュールや予約方法などは、下記のサイトをご確認ください。
イベント情報公式ページ http://maka2log.blog43.fc2.com/blog-date-20130701.html
イベント運営プロジェクトチーム「まか通」 公式サイト http://maka2log.blog43.fc2.com/

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

【再録】ここだけの浄化アイテムも!海の八幡宮で必勝祈願 筥崎宮

このかご、何だかわかりますか?
2013年07月03日掲載分01
実はこれ、前回ご紹介した「博多祇園山笠」に欠かせないもの。「お潮井(しおい)てぼ」といって、櫛田(くしだ)神社・筥崎宮(はこざきぐう)や博多のお祭り用品店などで買うことができます。

といっても、これだけでは足りません。中身が重要。「博多祇園山笠」では、お祭り期間の最初に、参加者は必ず「お潮井取り」をすることになっています。そのときこの「てぼ」に入れて持ち帰る「お潮井」って!?

その答えはここ、筥崎宮(はこざきぐう)にあり!
2013年07月03日掲載分02
広くてのびのびとした参道は、まっすぐ海へと続いています。

2013年07月03日掲載分03
江戸時代初期に建てられた「一の鳥居」。ずんぐりとした独特の形は、「筥崎鳥居」とよばれるここだけの形式です。

さっそく鳥居をくぐると、ありました。
2013年07月03日掲載分04
これが「お潮井」。注ぎ足し中。
「お潮井」というのは、「お潮井浜」とよばれる特別な場所から取ってきてお祓いをした砂。「お潮井てぼ」に入れて玄関に置いておき、出かける前に体に振りかけたり、ここぞという特別な場所にまいたりすると、お清めになり災いをはねのけてくれます。
2013年07月03日掲載分05
そのへんの普通の砂とは全然違って、貝殻や丸い粒が多く、見た目にもとてもキレイです。小さなガラス瓶に詰めて飾ったりしても、かわいくお部屋の邪気祓いができそう。

参道を一度引き返して、突き当たりまでひたすら直進。
2013年07月03日掲載分06
海と砂浜が見えてきます。これが「お潮井浜」。一般の人が立入ることはできない神聖な場所。だからこそ「お潮井」には美しさと特別な力が保たれているんですね。

古代から海外との接点を担ってきた福岡。その海を臨む筥崎宮は、国の安全を祈るのに重要な場所とされてきました。
2013年07月03日掲載分07
社殿へとつながる安土桃山時代の重厚な楼門には、「敵国降伏」の文字が。平安時代の醍醐天皇以来、歴代の天皇が祈りを込めて筥崎宮に納めてきた書をもとにしています。蒙古襲来を食い止めたのも、ここの神様のおかげとか。

ちなみに、こんな根付タイプのお守りも出ています。
2013年07月03日掲載分08
その名も「伏敵守」。こっそり身に付けて、職場のイヤな奴にも強気でいきたいところ。

筥崎宮に祀られているのは、八幡神(はちまんしん)という戦いの神様。各地の神社で八幡様としておなじみです。八幡神は、応神天皇と同体とされてきました。その応神天皇が生まれたときに、へその緒と胎盤を箱に収めて埋めた場所というのが「筥崎(はこざき)」の由来です。
2013年07月03日掲載分09
この箱の埋まった上に生えているというのが、上写真のご神木「筥松(はこまつ)」。周りには絵馬がいっぱい。ソフトバンクホークスをはじめ、地元の様々なスポーツチームが奉納した大きな絵馬も目立っています。八幡様への願いがじかに届くこの特別な場所で、ライバルに勝つ、自分に勝つ、目標に勝つ、などなど人生のさまざまな勝負に勝てるよう強運を祈ってみて。

2013年07月03日掲載分10
運が湧き出てくるという湧出石にも忘れずタッチを。

御朱印はコチラ。
2013年07月03日掲載分11

筥崎宮では、毎年9月12日~18日に「放生会(ほうじょうや)」が行われます。出店もたくさん出て大変にぎわう博多っ子の憩いの場です。放生会は、すべての命に感謝して鯉と鳩を放す行事。戦いに勝ち続けたとしても優しさを忘れてはならないという八幡様の教えが込められています。

この放生会には、お祭り期間限定の縁起物が2つ。
2013年07月03日掲載分12
まずは、厄をはじくという「おはじき」。上の写真は一年中ある根付タイプのものですが、放生会ではたくさんの種類が出ます。博多人形の職人が作る陶器製のおはじきは、どれもカラフルで凝った細工。思わずコレクションしたくなっちゃう。
2013年07月03日掲載分13
そして、「チャンポン」。「びいどろ」「ポッペン」などとよぶ地域もあります。薄いガラスでできていて、中に息を吹いたり吸ったりするとポッコンと涼しげな音が鳴るおもちゃです。よく鳴ることから「よく成る」、積極的に運を呼び込むといわれています。いち早くガラスが伝わったこの土地ならではの、季節の風物詩です。
以上2つは、行列ができ、なくなるのも早いので気をつけてくださいね。

さて、今回最後にお見せするのは、筥崎宮のおみくじ(おまけつき)。ここだけの名物オールスターズなミニ縁起物お守りが7種類。どれが出るかはおたのしみ。海からのさわやかな風と開運パワーを受けに来たら、ぜひ記念に引いてって♪
2013年07月03日掲載分14

-------------------------------------------------------------
●筥崎宮 公式サイト http://www.hakozakigu.or.jp/

≪アクセス≫
・福岡市営地下鉄「箱崎宮前」駅下車徒歩3分(1番出口)
福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
092-641-7431

≪イベント≫
放生会大祭 毎年9月12日~18日
 詳しいスケジュール・イベント詳細等は公式サイトをご確認ください。

玉取祭(玉せせり) 毎年1月3日
 裸の男たちが2つの玉を奪い合いながら楼門を目指す奇祭です。

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。