スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再録】有田の町は有田焼だらけ!えぇっ、神社まで!? 陶山神社

猛暑が過ぎれば、もうすぐ芸術の秋。涼しくなったらハンドメイドにも挑戦してみたいな~、なんて人にオススメの旅は、何と言っても有田です。

駅を降りたら、いきなり有田焼でできた大きな案内板が登場。
2013年08月28日掲載分01
町を歩けば、説明板などもいちいち有田焼製だったりします。


2013年08月28日掲載分02
レトロな蔵造りの街並み。有田焼のお店が立ち並び、あれやこれやと目移り必至。


2013年08月28日掲載分03
道を一本奥に入れば、焼き物の破片を固めてできた珍しいトンバイ塀の街並み。有田焼の古くからの工場がたくさんあり、煙突や建物には独特の風情があります。

これだけでも盛りだくさんな有田駅周辺エリアには陶芸体験のできる所も多く、歩くだけで創作意欲がバリバリわいてきそう。


そんな有田は、神社もすごいんです。いよいよ有田焼の守護神、陶山(すえやま)神社に足を踏み入れてみましょう。

2013年08月28日掲載分04
踏切と鳥居の組み合わせって、なんだかノスタルジック。ヨーロッパの電車みたいで可愛いJR九州の車両も要注目。


2013年08月28日掲載分05
入口に控える、日本一大きいかもしれない狛犬。というのも、公式申請はしていないけれど、宮司さんが個人的に測ったら現在日本一とされているものより3cmほど高かったとか。かくれた実力者!?


奥へ進み石段を上がれば、そこにはめくるめく有田焼ワールドが。

2013年08月28日掲載分06
珍しい磁器製の鳥居。

2013年08月28日掲載分07
狛犬も。

2013年08月28日掲載分08
高さ1mを超す巨大な水瓶。
ここまで全て、もちろん有田焼!いずれも明治時代に作られた名品揃い。


2013年08月28日掲載分09
有田の地の守り神としてここに祀られているのは、八幡様と肥前佐賀藩の藩祖・鍋島直茂公、そして有田で日本初の国産磁器を作り、また職人たちをひきいて有田焼発展の礎を築いた、李参平公。日本の陶芸界に革命を起こした偉人です。有田焼のみならず、伝統工芸や生活に根ざしたモノ作りを愛するすべての人を守ってくれるはず。

2013年08月28日掲載分10
二礼二拍手一礼の後に見上げると、拝殿の額にもお皿が…。


拝殿の裏にかくれた本殿もお見逃しなく。
2013年08月28日掲載分11
本殿の欄干(らんかん)も有田焼。そしてこちらは江戸時代後期の作品です。形の繊細さに注目。


さらに、本殿わきの小道を入って、ゆるやかな上りの遊歩道を進みます。
2013年08月28日掲載分12

上りきると、小高い丘の頂上に李参平公の記念碑。
2013年08月28日掲載分13

この場所から、町を一望。
2013年08月28日掲載分14
煙突が多いのがいかにも陶芸の町。李参平公は、ずっとここで有田を見守り続けているんですね。


さて、参拝を終えたら、もはや毎度のことですが(笑)、やはり何か記念になるパワーアイテムが欲しいもの。実はこの陶山神社、お守り類にまでもめくるめく有田焼ワールドが繰り広げられているのです。
2013年08月28日掲載分15
左は壺の形の有田焼でできたお札。小さな神棚みたいでカッコイイ!
右の湯飲み型のものは、交通安全ステッカーお守りとして全国唯一の磁器製ということになります。

2013年08月28日掲載分16
絵馬も磁器製。上は、陶山神社の景観を描いたもの。下の、今年の干支の絵馬はなかなか意味深ですよ。ヘビとカエルとナメクジは、「虫けん」という昔のジャンケンに出てくるキャラクター。ヘビ>カエル>ナメクジの順で強いのはわかりますが、昔の人はナメクジの粘液がヘビを溶かしてしまうと考えていたんだって。その「三すくみ」と「巳」をかけているというわけ。さらに「よいたね植えよ」というのは、暦の上で十二支の巳は、生命が極限に達して次の種ができはじめる時期を表していることから。

2013年08月28日掲載分17
根付タイプのお守りも、完全オリジナルの有田焼。勾玉と、十二支ごとのミニ絵馬型があります。これまた「午(うま)は旨味(うまみ)」などと全てにシャレっ気のきいた一言が入っていて、作り手の楽しい気持ちが伝わるかのようです。

実はこれら全て、宮司さん自ら心を込めてひとつひとつ手作りし、自宅の窯で焼いているとのこと。なんと細かい絵柄もすべて手描きです。予約すれば名前の入ったミニ絵馬根付を作ってくれる「マイお守り」も人気(お申込み方法など詳しくは公式サイトをご覧ください)。そんなところも有田ならではですね。しかも、これだけ手がかかっているというのに、一般的な寺社の授与品や有田のお土産物と比べても、どれもお手頃価格な印象。良質なものをできるだけ気軽に手に取ってほしいという職人の気概が感じられます。アート魂のお守りとして、ぜひ身近に置いてみて。

陶山神社の御朱印はコチラ。
2013年08月28日掲載分18

毎年10月16・17日には、陶山神社を中心に秋祭り「有田くんち」が行われます。地元の人たちが精魂込めた、お皿で飾ったお神輿(みこし)や有田独特の皿踊りに町中で出会える特別な日、必見です。


ところで、有田は意外にもハウステンボスから近いんですよ。そしてハウステンボスには、有田焼や伊万里焼の名品の数々を鑑賞しながら磁器の歴史がわかるアトラクション「ポルセレインミュージアム」があります。
2013年08月28日掲載分19
写真は、ドイツのシャルロッテンブルグ宮殿の「磁器の間」を有田焼で再現した、一番の見どころ。エキゾチックてんこ盛り。圧巻!

有田の町と合わせて巡れば、相乗効果で感動倍増まちがいなし。ハウステンボスから出発する有田ツアーもあり、現地で簡単に申し込めて大変便利です。陶芸ワールドにどっぷり浸るなら、この組み合わせで決まりだね!

-------------------------------------------------------------
●陶山神社 公式サイト http://www.arita-toso.com/

≪アクセス≫
・JR佐世保線「有田」駅下車徒歩15分
佐賀県西松浦郡有田町大樽2-5-1
0955-42-3310

≪イベント≫
有田くんち 毎年10月16・17日

●ハウステンボス 公式サイト http://www.huistenbosch.co.jp/
有田焼・伊万里焼の博物館「ポルセレインミュージアム」があります。
「ハウステンボス観光」有田観光コース http://hattrip.info/plan/romantic_b/
ハウステンボス滞在中に、現地で申し込むことができます。有田は電車やバスの本数が非常に少ないので、こうしたツアーが大変便利です。自由散策時間に陶山神社も行けます。
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

【再録】なんでも叶えるゾウ!?本気の願いは聖天さんへ! 宝山寺

大阪や奈良からもほど近い、豊かな自然と活気ある人の営みが共存する生駒(いこま)エリア。ひそかにパワースポット密集地帯としても知られています。そんな生駒の中心となる寺社のひとつが、「生駒の聖天(しょうてん)さん」こと宝山寺(ほうざんじ)。

宝山寺へと向かうには、近鉄生駒駅からケーブルカーに乗りかえて山を登ります。
ケーブルの駅では、こんなユーモアあふれすぎる車両がお出迎え。
2013年08月14日掲載分01
ブルとミケって呼ばれてます。
近隣の人々には普通に通勤列車として使われているというのがまたオドロキです。実はこの路線、日本で最初のケーブルカーでした。もとは宝山寺参拝のための路線でしたが、生駒山の山頂に遊園地ができてからは線路も上まで伸び、車両もイメージを合わせたというわけ。

2013年08月14日掲載分02
車両の行きちがい時にも、「むこうからミケがやってきましたよ。みなさん元気に手をふってくださいね~」なんて遊園地すぎるアナウンスに脱力。


宝山寺駅でケーブルを降りると、レトロな雰囲気の参道が続きます。
2013年08月14日掲載分03

ふり返れば、街を一望できて気分爽快。
2013年08月14日掲載分04

宝山寺の鳥居が見えてきました。
2013年08月14日掲載分05
ずらりと立ち並ぶ燈籠が壮観です。この現代でも夜中に毎日お百度詣りをする人などが絶えないので、一晩中明かりが灯されているとか。ものすごいご利益があるからこそですね。


2013年08月14日掲載分06
境内には不動明王という仏様をお祀りしている本堂(右)と、聖天堂(左)が仲良く並んでいます。このお寺のもともとの御本尊は不動明王様だったのですが、聖天さんのほうが人気が上回って代表格に。


2013年08月14日掲載分07
聖天堂の背後にそびえ立つ岩壁には、「般若窟(はんにゃくつ)」という洞窟があり、弥勒菩薩(みろくぼさつ)像が祀られているのが遠目に見えます。お寺ができるよりずっと前の古代から、弘法大師や役行者(えんのぎょうじゃ)など仙人のような人が修行したという聖地です。この大自然の織り成す地形の妙こそが、生駒山の不思議な力の源のように感じられます。


2013年08月14日掲載分08
屋根の形が特徴的な聖天堂。やはり鳥居があります。お寺なのに鳥居があるのは神様と仏様を区別しなかった頃の名残ですが、聖天さんを祀るお寺には今でも多いです。日本古来の荒ぶる神を思わせるほどパワーが強くて畏れ多い存在だからなのかもしれません。

2013年08月14日掲載分09
*イラストはイメージです。
聖天さんの正式名称は大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)。インド神話のゾウの顔をした神様ガネーシャがそのルーツです。欲望の限りをつくし人を喰らう「ビナヤカ」という悪い神様でした。ところが、それを見かねた十一面観音様は、同じゾウの顔をした女の神様に姿を変え「これからは悪いことを一切やめて、仏教を守り人々の願いを叶える良い神様になるなら付き合ってあげてもいいわよ」と言いました。ひとめぼれしたビナヤカは思わず「よっしゃあ、悪いことやめるゾウ!」そして二神は超ラブラブに。
愛欲が満たされる喜びの姿なので、歓喜天というのです。もう悪いことをしないようにと、女の神様が男の神様の足を踏んで押さえつけています。あまりにも強力な神様なので、一般の人がお姿を見ることはできないのが普通です。

2013年08月14日掲載分10
「歓喜天」と墨書された御朱印の梵字も、天蓋の下に同じ形が二つ並んでいて、仲良し相合い傘な感じがします(御朱印の見方については、たのしい御朱印入門・その2その3参照)。
得意分野は金運・商売繁盛と恋愛・夫婦和合。本性が欲望の神様なので、ちょっとムリめのお願いでも真剣に祈れば叶えてくれるかも。好きな食べ物は大根と油と甘いもの。良い神様になっても俗っぽいところが残っていて親しみやすいのが聖天さんの魅力です。


ちなみにこれが聖天さんにお供えする専用の「清浄歓喜団」という甘い揚げ菓子。
2013年08月14日掲載分11
日本最初のお菓子のひとつで、奈良時代に中国から伝わったままの姿。日本でただ一ヶ所、京都の「亀屋清永」というお店が作り継いできています(末尾参照)。


お金がたまる巾着袋は聖天さんのシンボル。「清浄歓喜団」も巾着の形。宝山寺境内のお賽銭箱も…。
2013年08月14日掲載分12
好物の大根マーク入り。


お守りも、しっかりこの形。
2013年08月14日掲載分13


ポップなストラップタイプの「五福の宝袋」お守りも。
2013年08月14日掲載分14
全部で5色。さわるとふにふにしてて癒されるぅ~。


絵馬は、江戸時代の言葉遊びを今に伝える「心に鍵」。
2013年08月14日掲載分15
聖天さんにお願いするときは、自分の好きなものを何かひとつ我慢すれば、より叶えてもらえやすくなると言われています。欲だらけの自分の心に鍵をかけてでも我慢しますよという誓いを表す絵柄なんですね。もとが怖い神様だけに、ちょっぴりキビシイ面も!?とはいえ聖天さん自身も、愛の幸福とひきかえに悪いことを我慢してるわけだし。そう思うと、なんだか妙な共感がわいて励まされるような気がします。そんな聖天さんと一緒に試練を乗り越えた先には、必ず大きな喜びが待っているはず。近年では、禁煙禁酒の誓いを絵馬に書く人も多い模様。ダイエットにも効果テキメンかも。
2013年08月14日掲載分16


宝山寺では、毎年9月23日の夕方から夜にかけて「生駒聖天お彼岸万燈会」が行われます。境内をたくさんの行灯で照らして、すべての命に感謝をささげる行事です。生駒山から見下ろす夜景と星空も大変すばらしく、四方八方から淡い光に包まれ幸せな気持ちに。夏の終わりの思い出作りは、生駒の聖天さんでロマンチックな一夜を。
-------------------------------------------------------------
●宝山寺 公式サイト http://www.hozanji.com/

≪アクセス≫
・近鉄「生駒」駅からすぐのケーブル「鳥居前」駅で乗り換え、「宝山寺」駅下車徒歩10分
奈良県生駒市門前町1-1
0743-73-2006

≪イベント≫
生駒聖天お彼岸万燈会 毎年9月23日
 詳しいスケジュール等は公式サイトをご確認ください。

●亀屋清永 公式サイト http://www.kameyakiyonaga.co.jp/
「清浄歓喜団」を作っている和菓子屋さんです。
京都市東山区祇園石段下南
075-561-2181

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

怪処5号に書きました。



世の中のあらゆる不思議な場所に斬り込む、日本一ユニークでディープなミニコミ誌オカルト探訪マガジン 怪処 5号 - 特集 奇怪なるハコモノ/つくりびと知らずアートの世界 -に記事を執筆させていただきました。


一口にオカルトと言っても、怪談や廃墟は言わずもがな、ソウルフードに温泉にと、そのストライクゾーンの広さには舌を巻くばかり。様々な角度から人間の心の深淵を覗けること間違いなしです。


さて、私が担当したのは特集「つくりびと知らずアートの世界」の中の「おもしろ絵馬」コーナー。江戸時代からの姿を今に伝える手書き絵馬の素朴美に始まり、現代的だけれど少し突っ走ったデザインの絵馬やら、絵柄をつくるのに自分も参加できちゃうラクガオ絵馬やら、ときにヘタウマだったりシュールだったりするのも人々の心が込もりすぎてる証と思える絵馬の奇妙な魅力を、愛情をもって眺めてみました。


他にも、漠然と生きていたら見過ごしてしまいがちな(←これが「オカルト」の本来の意味ですから!)、くすっと笑える路上観察的なものから、土俗信仰的な不思議オブジェに、激情渦巻く驚きのハンドメイドスピリットまでと、広い意味でのアールブリュットな世界が満載です。


特集「奇怪なるハコモノの世界」も、気になるけどなかなか行けない(あるいは扉さえ開かない!?)謎だらけなミュージアムの潜入記が山盛り。また、個人的に最も推したいのは、週刊誌の心霊特集などで活躍している編集長の吉田悠軌さん自らによる、現役最年少イタコへのインタビューです。先入観にとらわれず、とても丁寧な聞き書きをされており、先祖を供養することと現代社会との間の微妙な現実が克明に描き出されています。


オールカラーで紙質も良くて72ページと結構な厚さもあるのに(しかもミニコミなのに!)、たったの1000円というのも「怪処」の凄いところ。ぜひぜひ、こちらからお求めください!

検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。