当たり方が怖いトンパタロット

今回は、中国の少数民族シャーマンに伝わる「おみくじ」的なものを紹介してみます。

占いの最も原始的な形を簡略化して受け継いでいるのが「おみくじ」式ということになりますから、広めの定義で探すならば、もっと世界中に隠れているのかもしれません。




トンパのアサバイブル―今日のヒントになるトンパタロット。


トンパ文字ブームを作った浅葉克己さんによる、トンパ本のひとつの集大成がこの本だそうです。トンパ文字というのは、世界で唯一、原初的な絵文字の形のまま今も現役で使われている象形文字。中国南東部、雲南省に暮らすナシ族のシャーマンだけが真に理解できるという、大変に神秘的な文字なのです。


トンパ入門としてもよくできているこの本ですが、おみくじ好き・カード好きの私としては、やはり付属のトンパタロットに惹かれての出会い即買いでした。





カードは大体こんな感じ。プリミティブなゆるいタッチが愛らしいです。また、絵と文字との未分化具合が自然と抽象的なアートになっていて、折々に豊かな印象を投げかけてくるので、いくら眺めても飽きることがありません。


このカードは、ナシ族シャーマンに伝わる「抽縄卦」という占いを忠実に再現しているとのこと。「抽縄卦」は、紐つきの絵札の束から一本選んで引っぱり、どれが出たかで占うというものです。これって、ほぼ「おみくじ」ですよね。


ここでは現存する絵札29枚(かつては33枚あったらしい)を忠実に再現しているとのことなので、資料性・観賞性としてもかなりオイシイと思います。


しかもそれだけじゃなく、
当たるんだな~、これが。


個人差や相性などはあるかと思いますが(占いって結局は人生観の問題なので、誰かにとっては当たるけど他の誰かにとってはからきし、みたいなことはよくありますし)、私はこのカードに関してはあまり具体的に「この問題に対して答えを出して」という形で占わないほうがいいような気がしています。


というのも、このトンパタロット、何か問いたいことに関してはなかなかピンと来づらいのに、「そんなのべつにきいてないよ!」みたいなところでおせっかいなくらいに思いもしなかったようなことを当ててくるんです。



私は今月2度も、運気が沈むから休息しなさいと促すこのカード「日没」が出たその日の晩に突然、思いっきり風邪をひきました。しかも「体調に不安を感じていたのなら、それだけは甘く見てはいけません」とあるのに寝とけばいいやとナメきっていた1度目はこじらせ異様に長引いてしまい、2度目は「このカード来たらやばいぞ」とばかりに反省、すぐ病院にかかって事なきを得たという。ただの偶然だと思いたい…。怖い。


逆に、豊かさや予想外の幸運を表すカード「白い大鵬」が出た直後には、長かった夏風邪も治った上に、臨時収入があったり、思いがけず友人や親戚から美味しいものをたくさん頂いたり。あとで確認したところ、カードの意味に「食生活の充実」とも書いてあったのがまた驚きでした。やっぱ怖い。自分はそんなに不思議体験するほうでもないから、余計に。


だからこそ出たら大変なのは、最も凶意が強いこのカード。

↑「虎と白鹿」。
鹿、すでに半分喰われてます…。
きゃー、いやん怖い。
でも見た目は、ゆるい。


そんな怖すぎるカードも、対策がしっかり解説されているので、前もって身構えたり最小限の被害に止めるための予防策を講じたりするのに本気で役立ちそうです。なにしろ、当ててきますから…。


人生に災難はつきものですし。同じ困難でも、先にわかっていて上手くやり過ごせるか、そうでないかでは大違いです。



トンパタロットを作った、イーチンタロットなどで有名な占い師の真矢茉子さんは、この占いをそのまま翻訳すると現代に合わないのでアレンジを施したといいます。現代人の人生に寄り添った象徴解説は的確で素晴らしいです。よく当たるのは、その功績でもあります。


ですが、うまく説明できないけれど、最近の色んなカード占いと違って、何か特定の複雑で現代的な問題に答えることには、もはや翻訳とかの話と関係ないレベルで最初から微妙に合ってないのかもしれないです。それだけに「今日の運勢」や少し先の「うまくいくか・いかないか」みたいに普遍的で単純な問題のほうが妙に当ててくるような…。占的とは全く関係なく「おまえ今とにかく調子悪いぞ!」…ハイ、ソウデスネ…みたいな。そこはシャーマンの神秘としか言いようがないのかも。何か宿りすぎてるよコレ。やばい。

欲を言えば、いくら現代に合わないからといっても、もう少し原典の直訳的なものや神話的な背景まで詳しく触れてくれていれば、自分で解釈して占う幅が生まれたのではと思います。他のトンパ関係の本を使って、幅広い文化的な事柄や、せめて各カードに直接書かれた象形文字の意味だけでも調べれば、もっと深く占えるのかもしれません。

そういうわけなので、とりあえずはあまり占的を絞らずに「今の運気の流れはこんな感じ」くらいの使い方のほうが合うようです。あまり先のことにも向いてないかも。どうやら翻訳者もそのへんを理解している上で、タイトルに「今日のヒントになる」トンパタロット、と付けたのかな、と妙に納得したりしました。難点は、当たりすぎて怖いので気楽に引けないことくらいでしょうか。トンパタロット、おそろしい子!





おみくじ最新鋭@秋葉原。神田明神ガチャ


神田明神には、2015年のお正月から新登場した最新鋭なおみくじがあります。


↓それがコチラ。(クリックで公式サイトへ)
神田明神縁起物フィギュア
-人生指針神話くじ付き-




海洋堂コラボの神田明神にまつわるあれこれをモチーフにした縁起の良いフィギュアとともに、おみくじが入っているというもの。

巫女さんやラブライブがラインナップされてるし、
ガチャ式なところもまた、何とも秋葉原。



ところで、おみくじとガチャって、もともと相性が良いような気がします。


ランダムで出るというのは、要するに、くじ引きと同じ。


そして「くじ」は、元をたどれば大事なことを神々の意思で決めるのに使われた手段です。


これは「おみくじ」のルーツの古い形ですが、そこから派生して、古代から日本や中国では偉い人が宴などの余興に「くじ」で景品を決め客に授けるということが行われていました。



この形をよく残していると感じるのが、上の写真、様々なビッグサイズの縁起物が当たる博多の十日恵比須神社例大祭の福引き(←詳しくはこちらの記事)です。



特に、このお祭りでは「開運御座」(↑こちらの写真)という、エビス様との宴の席を模した珍しいご祈祷があり、その席でも福引きが行われます。


この他にも、たまたまお正月シーズンに福岡県内を旅したところ、行く先々の神社でお正月行事として景品つきのおみくじが特設されていたのには軽いカルチャーショックをおぼえたものです。この風習って、他の地域にもあるのでしょうか?情報求ム。


このように、「くじ」で景品が当たるというのは、それだけで神々から授けられるということにつながり、大変縁起が良いということになります。


この最も現代的な形が、神田明神の縁起物ガチャではないでしょうか。



しかも、一緒に入っている「人生指針神話くじ」がまた、おみくじとして秀逸。


「古事記」「日本書紀」をもとにした日本神話になぞらえて占ってくれるというもの。筆者が初めて引いたとき出した「第一番 吉凶未分(きっきょういまだわかたず)」という割とレアめなランクも、運勢としては微妙かもしれませんが、世界の始まりの混沌感が出ていて何だかわくわくしてしまいます。

これだけでも充分素敵な内容なのですが、さらに今時珍しく、なんと大凶があります!




ですが、大凶といっても、決して怖いものではありません。ここでは「大凶の次に待っているのは吉」とハッキリ書かれていました。それに、そもそも確率が低い上に大部分の神社で抜かれがちな大凶はウルトラレアです。むしろ大ラッキーが約束されたようなものと言えるでしょう。


秋葉原観光や買い物巡りのついでに、ガチャで幸運を授かってみてはいかが?

おみくじの心得などへの私見

これまでにいくつか、おみくじに関するweb記事やテレビ番組の監修をさせていただきました。


というか、以前は縁起モノや絵馬のことばかり書いていて、その一貫ではあれ、私がおみくじの収集もしてきたことなんてのはプロフィールの片隅にちょこっと書いておいたオマケみたいなものにすぎないと思っていたわけです。


それが思いのほか目に止めていただけていることに、むしろ本人が驚いているくらいで。


こういった機会を得たことで、おみくじについて色々なことを考えたり、それを自分なりの備忘的な考察にまとめてみたりもするようになってきました。


中でも、どうやら多少なりともおみくじを気にかけ始めた人が、まず一番知りたがるのは、
「おみくじの常識」みたいなものだったりします。


それって、私のように当たり前にしょっちゅうおみくじを引きまくっている特殊な人種にとっては、どれも当たり前すぎるので、実を言えばわざわざ質問されることに当初は戸惑うばかりでした。


ですが、こうしてそれまで気にも止めなかったことを改めて言葉にしていく作業を通して、新たにわかってくることはたくさんあります(ありがたいことです!)。


そんなわけで今回は、おみくじ(の常識?!などなど)について私が生意気にも何かモノを言う上で、常に基盤としている考え方を書かせていただきます。




昨今、より多くのご利益を得たいからなのか、寺社参拝のマナー/ハウツーを教えるメディアが巷に溢れています。おみくじについてのことも、そのひとつ。まさかそういったものに私自身が関わることになるとは、夢にも思いませんでした。


とはいえ関わる以上は、質問に答えて何かを指南したり、他のところでは大体どんなことが言われているのかに目を通したりすることになります。


そんな中、こうしたマナー/ハウツー記事の需要の背景には、「こうでなければいけない」と言いたい人、あるいは誰かに言ってもらって安心したい人が多いのかな、という印象を私は持ちました。


しかも、悩ましいことには、こういったテーマを扱うと
賛否両論あるものが必ず出てきます。
それはもう、嫌というほど。


そんなときに、どうしているか。


まず、どのような事についてにせよ、私のやり方や意見がひとつの参考例にすぎないということは最初に断っておくとして。


伝統や歴史資料に裏付けできる根拠のあるやり方も、単なる俗信でしかないと片付けられてしまいそうなことも、それが何であれ実際に今の世の中に「ある」ものとして意味をもっているはず、という立場を私は取ります。


ですから、私はどちらも否定しません。
「こうでなければならない」など、ないのです。
少なくとも、何か実害がない限りは。


実害って、たとえば木に結ぶのは木を傷めてしまうから絶対ダメ!とか、そういうことです。


また、神社仏閣はまがりなりにも宗教施設ですから、神職さんや僧侶さん、あるいはその関係者の方々、そして何より、真剣に信心している方々の、気持ちなどを傷付ける行為も絶対にダメです。


このような最低限の基準で、私は書籍や自分のブログ記事を書いたり他メディアの監修として意見したりしております。そのあたりを知っていただきたく、この記事を書いておきました。


時には色々な都合上、何かひとつのやり方・方向性を選んで(あるいは誰かに選ばれて)お伝えしなければいけないこともありますが、基本的に、そこに表現されたことが全てだと私が考えているわけではありません。


私自身は、おみくじには、より幅広く、色々なスタンスがあっていいと思っています(しつこいようですが、実害さえなければ)。


そのほうが、より色々な人にとって楽しめたり役立ったりできるだろうし、すでにおみくじに親しんでいる人には新しい見方を開くことができるのではないでしょうか。


そして、その幅を少しでも広げるような方向にしていけたらというのが、拙いながらの理想です。




それと、もうひとつ。


以前は単に「気楽に引いてみよう!そしてもっと深く楽しんでみよう!」しか言ってこなかった私ですが、おみくじについて責任をもって色々と調べたり書き出してみたり誰かと喋ったりしていくうちに、少し考えが変わってきました。


というよりそれは、より深く楽しむ方法として発見したこと、と言ったほうがいいかもしれません。何事も入り口は、気楽であっていけないことなどないのですから。


色々なおみくじを引いていく楽しみは、
おみくじそれぞれの個性を見つけることだと私は以前から思ってきました。


そして、その上で最近気付いたのは、気軽に引いていいおみくじと、真剣に向き合うべきおみくじとを上手に使い分けるのが重要ということです。


人生の問題や、真面目な悩みについてヒントを引き出すのに向いているタイプのおみくじを、それなりに受け止める覚悟もなく気軽に引いてもあまり意味がありません。


逆に、気楽にふらりと、あるいは仲間同士ワイワイと引くのに向くタイプのおみくじを変に気張って引いても、楽しくなくなるじゃないですか。


もちろん、両方の要素を兼ね備えているおみくじだってたくさんあるわけです(それこそがおみくじの最大の魅力でもあるような気がします)。


こうしたバランス感覚は、その時その場での目的などによっても、また違ってくることでしょう。


…要は、そういうことだと思います!
そのへんの見極め、大事。


それがどんな加減かは、拙ブログや色々な本など参考にしてもらってもかまわないのですが、自分で興味をもって様々なおみくじを体験していけば、おのずとわかってくるものではないでしょうか。


まずは自由に、でも時々は色んなことに思いを巡らせながら、楽しんでもらえたらいいなと。


そんな感じで、おみくじについていくらかでも気になっている人の疑問に、少しでも役立つことができれば幸いです。



最後に、よく「おみくじとは何?」という質問を頂くことについて一言。

信仰上などの理由で様々な意見がありますが、私はあくまで「占いの一種」という立場です。そのほうが、偏らず幅広い見方ができるのは間違いないので。

とはいえ、そこはブレないようにしつつも、やはり、何かしら信仰を持っている人の尊厳を傷付けるような表現はできる限り避けるべきです。これは何か多少なりとも宗教的なことに関わる情報を発信する上での、最低限のマナーとして捉えてください。



なお、私に仕事依頼などされる方は、以上のスタンスをご理解の上、コンテンツ作成を行われますようお願い申し上げます。

特に、取材による記事作成の場合、皆が皆とは言いたくないですが、最近のライターさんは上記のような事柄への理解や宗教的な事柄に関する一般教養に乏しい場合が多く、私が原稿をチェックしてほとんど直さなければ読むに耐えないレベルのものとなってしまいます(ちなみに某週刊誌のような、訂正を無視した上に最終チェックさせない、明らかに誤った情報を載せる、など不誠実なメディアは論外です、今後お断りします)。私自身の物書きの責任として、そんなものにそのままで私の名前を出させるわけにはいきません。この種の記事チェックは正直、大変な無駄手間であり、最初から私自身に執筆させてほしいと常々思うところです。もしそれができないなら、最低限、情報を提供される側としての誠実な対応を望みます。

お互い気持ち良く効率良くお仕事ができますよう、何卒ご了承くださいませ。

【考察など】おみくじについて。

ここ数年、なぜか縁起モノの中でもおみくじ関連でお仕事をいただくことが多いので、私見・雑感などを。


私は、たとえば絵馬なら一種のメッセージボードとして見ています。それは神仏に対してというのが基本ですが、しばしば自分に対してだったり、結果的に他の誰かに対するものになったりもするわけです。というか、最近はおみくじが絵馬の役割まで兼ね始めてきているような気もしなくもないですが。そんなあたりの話は、また機会を改めるとして(絵馬もよろしく!)。


同じような感じで例えるなら、おみくじは神仏のテレフォンサービスみたいなものだと思います。なんとも発想が昭和でありますが。リカちゃん電話とか、懐かしいですよね。この場合は架空のキャラクターですけれども、今ここにある日常の時空や現実を超えた存在とお話できてしまうという。それも、ダイヤルを回せば必ず(回す、ってまたアナクロなw)。


そんなふうに、気が向いたときふらっと引いて気軽に一言アドバイスをもらうことで、神仏を身近に感じられるというのが、おみくじの現代における存在意義の重要な部分ではないかと私は考えています。


最近は、人形の中に入っていたり、小さなお守りが同封されていたりするオマケつきおみくじも増えていますね。どっちがメインでどっちがオマケかわからなくなってきているあたり、食玩みたいだなと思ったり。


こういうものも可愛くて楽しくて、私もつい集めてしまっています。特に、その土地ならではのものが大好きです(赤山禅院の福禄寿お姿みくじ↓の手描き人形とか最高だと思ってます)。



それでもさらに伝えたいと思うのは、メインのお菓子、じゃなかった、おみくじ本文のほうもぜひ味わってほしいな、ということ。


まずは吉凶のランクにばかりこだわらず、本文の漢詩/和歌や運勢解説をじっくり読み解いて、自分の状況と重ねてみてください。意外なメッセージが隠れていることもありますよ。寺社の個性によってアドバイスの切り口が変わってくるのも面白いです。その場所にどんな性格の神様(的な何か)が宿っているのか、想像が膨らむこともあります。ゆかりのある神仏やエピソード等にちなんだユニークおみくじなら、引いた自分たちも物語の一部として、歴史や神話とつながれるのも魅力です。


現代のおみくじは、いわばちょっとした体験型アトラクション。色々な楽しみ方を見つけてご提案できればと思っている今日この頃です。



おみくじについてもっと知りたい方は、以下の記事をどうぞ。
こちらの目次は、随時増やすこともあるかも。


【ビギナー向け♪】

初詣前に親子で押さえておきたい!おみくじの作法&楽しみ方

【まとめ】昨日nack5「夕焼けシャトル」内コーナー「今日の押さえドコ」聴いてくださった方へ。

すまたん!zipと、凶が多い廬山寺について。

おみくじの心得などへの私見


【ちょっとマニアック】

おみくじFAQ/ボツネタ集~そのルーツ、海外事情など~


おみくじの効果的な引き方。本気なら生年月日を念じるべし!


何も考えずにおみくじ引くのもアリ。


おみくじ参考文献ゆるゆるレビュー

歌占いまむかし展に行ってきました。



【こちらもぜひ!】

Twitterで各地のおみくじや豆知識を紹介するbot を運営中です。こちらをクリックでご覧ください(PCビューの場合は、当ブログの左端に常に表示されているはずです)。



一世代前の立絵馬

以前の記事で「立絵馬」というものを紹介しましたが、最近、手向山八幡宮の一世代前の立絵馬をたまたま入手できました。


大谷幸康さんという方の筆になるそうです。現行のものがややカッチリした印象なのに対して、おおらかで温かみのあるタッチにほっこりします。

何だかテンション上がったので、思わずひさしぶりにブログ書いちゃいました。

個人的には、絵馬や郷土玩具って、骨董市などで見つけられるほんの少し昔くらいのものが一番好きです(単に古ければいいってわけでもなく、あんまり古すぎて色褪せていたりすると寂しいので)。ともすると今の時代には忘れ去られてしまいそうな、独特の野趣を感じられることが多いように思います。

普段の生活の中でも、ふと立ち止まったときに目に入ると、一時、気持ちがほぐれるような、この感じがたまらないんです。こういうものって。



ところで、何となく手向山八幡宮の立絵馬をスウェーデンの縁起物「ダーラナホース」と並べてみました。

どうです、この違和感のなさw

立絵馬はもっと北欧女子に愛されてもいいと思うんだ。

それにしても、スウェーデンでも馬は幸せを運ぶ存在なんですよね。模様の雰囲気なんかもどこか手描きの絵馬に近いところがあって、不思議な親近感をおぼえてしまいます。
選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ」(グラフィック社刊)もうすぐ発売。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる