スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再録】旅立ちを見守る和歌の神様 住吉大社・その1

行き先に「住吉公園」と書かれた路面電車が、大阪の阿倍野から出ています。生活感にあふれた街を駆け抜ける昔なつかしいチンチン電車、阪堺電軌に終点まで揺られること15分。そんな旅情をかき立てる道のりの向こうに待っているのが、住吉大社です。

2012年6月27日掲載分01

明治時代には、名のある神社仏閣にお詣りするための鉄道が流行っていました。それほど寺社への参拝は、生活に根付いた楽しみだったんですね。今だって、お目当ての神社やお寺の名前が電車の終点になっていれば、なんだか特別な場所という感じで一層ワクワクしてきませんか。

2012年6月27日掲載分02

古めかしい駅舎を降り立つと、沿道の商店街にはすでに神社の石灯籠が立ち並んでいます。これを道しるべに進めば、広々とした住吉公園。花壇や遊具も整備された、地元の人たちの憩いの場です。狛犬などもあり、もはやほとんど住吉大社の一部。

2012年6月27日掲載分03

路面電車の線路を渡って鳥居をくぐれば、出店がにぎわっていて、いつでもお祭りのよう。格調高い近畿地方屈指の古社でありながら、この親しみやすさには心が和みます。

2012年6月27日掲載分04

すぐに見えてくるのは住吉大社のシンボル、太鼓橋。ご神木の松の緑色とのコントラストが絵になりますね。明治頃までは神様しか渡ることが許されなかった橋です。ここを渡れば身が清められ、開運への第一歩に。

かつてはすぐ近くまで海が迫り、この橋まで波が打ち寄せてくるほどでした。この土地は当時、海外への玄関口だったのです。

2012年6月27日掲載分05

橋の向こうは、いよいよ神様の領域。住吉造という独特な形の社殿が立ち並ぶ景色は壮観です。その配置は大海原を駆ける船団をイメージしているとも言われています。

祀られているのは、航海の安全を守る神様。神話の時代に、日本初の海外遠征を成功させました。それだけに、新しいことへの挑戦を強力に後押ししてくれます。これから仕事などで外国へ行こうとする人や、貿易・商売を繁盛させたい人はもちろん、今後の人生を積極的に切り開いていきたい人はぜひお詣りを!

さらに、住吉の神様は古代の天皇と歌を交わしたことから、和歌の神様として敬われています。ここでは私たちも、おみくじで神様から歌のメッセージをもらってみましょう。

2012年6月27日掲載分06

恋みくじもあります。和歌といえばやっぱり恋の歌、想いを伝えるのが上手になれるかも!力強くも雅な住吉の風景と歴史深い歌を胸に、明日への旅立ちを新たな気持ちで迎えることができるはず♪

住吉大社では毎年7月30日からの三日間、住吉祭が行われます。大阪名物夏祭りラッシュのラストを飾る、古式ゆかしくも盛大なお祭りです。せっかくだから、この機会に参拝してみては!?次回は、住吉大社境内に今なお脈々と息づく、ディープなご利益スポットと楽しい縁起物をご案内します。

-------------------------------------------------------------
●住吉大社 http://www.sumiyoshitaisha.net/

≪アクセス≫
・ (路面電車) 阪堺線 「住吉公園駅」から徒歩2分
・ 阪堺線 「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ
・ 南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分
・ 南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分
・ 市営赤バス 住吉ループ「住吉大社バス停」から徒歩2分
大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89
06-6672-0753
境内自由(4月~9月は6:00~17:00、10月~3月は18:30~17:00)
(授与所9:00~18:30)

≪イベント≫
住吉祭
2012年7月16日(月)・30日(月)・31日(火)・8月1日(水)
(毎年固定で、海の日と、7月30日よりの三日間です)
御輿洗神事:16日19:00~ 住吉公園にて
宵宮祭:30日
例大祭:31日 夏越祓神事:31日17:00~
御輿渡御:8月1日 13:00頃~
----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

   

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ(グラフィック社刊)」発売中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月平均2回以上は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石やらトランプ・占いカード類やら喫茶店マッチやらと、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。気になったらとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼について
当方は兵庫県在住ですが、それでも費用等問題ない方だけご依頼ください。また、特にテレビ関係の方、「出演する専門家を誰かしら探していますが未定です」ではなく確定で本当に私を必要としてくださる方だけご依頼ください。なお、何かのマニアを変人扱いして面白がるようなメディアは全てお断りしております。監修のお仕事は、私の名前のクレジットが出なくてしかも他の専門家の名前で解説させるなど論外、もちろんお断りです(きちんとクレジットが出て、なおかつ解説役を誰にするかに至るまで私の意向をある程度尊重してくれるなら可ですが、そういう番組は少ないようですね)。テレビや大衆週刊誌などには不誠実な編集が横行していることも事実であり、まずそちらの誠意を見せて頂かない限り、大前提としてマスメディアを無条件に信頼することは私にはできません。ここまで申し上げて感じ悪いのは重々承知ですが、昨今のメディアに対し、たとえ同じように思っていても表明しない人が案外多いのではないでしょうか。こちらは常に本気で全力投球なので、本気で受け止められる覚悟のある人にだけ来てほしいのです。今の世の中、一個人が自力で調べる労力をかけ身を削って発信する情報の価値をもう少し見直すべきだと思います。上記の事柄を全て了承できる方だけkabura@gmail.comまでご連絡下さい。

カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。