【再録】たのしい御朱印入門・その1 御朱印帳を手に入れよう!

神社仏閣めぐりやパワースポットに興味があるけど、最近何かと話題の御朱印も気になるというそこのアナタ!御朱印って、何だか敷居が高そうだと感じたことはありませんか?いえいえ、全然そんなことはないんです。とりあえずは、硬いこと言わなくても大丈夫。何事もまずは形からと申します。色々考えるのは、サクッと始めちゃってからにいたしましょう。

ここでは最低限、御朱印を始めるにあたって必要なことだけお伝えしておきます。

① 「御朱印帳」とよばれる専用の帳面を用意します。お寺や神社に持って行きましょう。

② 寺社に着いたら必ず、お詣りしてください。そこにお祀りされている神仏への尊敬の気持ちを込めて。最低限のマナーです。

③ 授与所・御朱印所・納経所などと書かれたところで御朱印帳を渡します。300円くらいで御朱印をいただくことができます。料金は場所によって違うこともありますが、「お気持ちで」と言われた場合の相場も300円くらいと考えてよいでしょう。


2012年7月25日掲載分01

④ 御朱印帳には、いわゆる記念スタンプを絶対に押してはいけません。これも最低限のマナー。その他、その場での指示には素直に従ってください。

以上、たったのこれだけ。簡単でしょう?

そうとわかったら、早速、第一歩を踏み出してしまいましょう。

レベル1
とにかく御朱印帳がなければ、何も始まりません。書道用の和綴じの帳面でもOK。今すぐ大きめの文房具店、書道用品店、画材屋さんなどに行きましょう。シンプルなものなら案外あっさり入手することができます。
2012年7月25日掲載分02

可愛いデザインの御朱印帳も、ネット通販で簡単に手に入ります。最初の一冊はここから選んでみるのも手ですね。



ただ、これでは少々物足りない。少し慣れてきたら、記念にもなる一味違った御朱印帳でいきたいものです。

レベル2
各寺社オリジナルなら、個性的なデザインが色々あって楽しいですよ!

2012年7月25日掲載分03

左は比叡山延暦寺(京都府)、右は吉野の金峰山寺(奈良県)。格の高い大きなお寺のものだと、思い入れも違ってくるはず。


2012年7月25日掲載分04

左は室生寺(奈良県)、右は気比神宮(福井県)。カラフルな刺繍で、旅の思い出を彩って。


2012年7月25日掲載分05

建仁寺(京都府)。スタイリッシュな風神雷神は注目度ナンバーワン!


レベル3
素材にもこだわってみては!?その寺社にゆかりのあるもので作られた御朱印帳に出会えたときは、うれしさもひとしおです。

2012年7月25日掲載分06

晴明神社(京都府)。陰陽師・安倍晴明のトレードマーク、五芒星がキラリ。ファン必携ですね。この神社が西陣エリアにあることにちなみ、高級感漂う西陣織製なのも見逃せません。


2012年7月25日掲載分07

高野山(和歌山県)。なんと高野山の霊木でできています!行く先々で珍しがられること間違いなし!大自然の香りと手触り、そして日本最大級の聖地のパワーをいつでも身近に感じられる逸品です。

この他にも、オリジナルの御朱印帳を出している神社仏閣はたくさんあります。旅の途中でお気に入りを見つけたら、迷わずゲットしておきましょう。そうすれば、ページが埋まってしまっても安心。

さあこれで今後は、お出かけのたびに楽しい御朱印ライフが待っています。何が飛び出すかは、集めてみてのお楽しみ。忘れずに御朱印帳を持ち歩いて、新たな充実の旅を!



↓続きはコチラ↓
その2 神仏を感じる御朱印の見方・前編
その3 神仏を感じる御朱印の見方・後編
その4 ビジュアル系御朱印をさがせ!・墨書編
その5 ビジュアル系御朱印をさがせ!・印編
その6 ビジュアル系御朱印をさがせ!・総合編
その7 巡礼ノススメ~四国八十八ヶ所に挑戦!~





テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ」(グラフィック社刊)もうすぐ発売。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる