伏見稲荷大社(京都)

伏見稲荷・表

全国の稲荷神社の本家本元、伏見稲荷大社の絵馬は、狐の顔をかたどった三角形。
線だけで描ける糸目はまさにキツネ顔。なんだかあっさりしています。

伏見稲荷・裏

裏も、願い事を書くスペースは少なめ。なにも住所なんかにそんな割かなくても、と思うくらい。
これではちょっと書き足りないのでは・・・?


と思いきや、なんと文字だけでは終わらない!

伏見稲荷らくがお

そのあっさりした顔は、好き勝手にいじりたおすためだったのです。
化粧映えする顔なんてよく言ったもので、手を加えてはじめて完成・・・っていうか、もう描かれたい放題。
実にいろんな顔があります。まん丸お目々のオトボケ顔から、キラキラのベルばら風少女漫画フェイスまで、千差万別。いくら見ても見飽きるということがありません。まるで一人一人の姿も心も願いも、すべて違っていながら、それぞれがかけがえのない生命力を放っているように。

「らくがお」式の絵馬には、こんなふうに、顔を描くことで言葉以上の思いを込める機能がいつしか備わっているように思いました。同様のものでは、日本一の大黒像が有名な妙義山大黒神社にうさぎの顔の形の絵馬があるそうです。やはりこんな糸目をしています。うさぎなのに(笑)。この顔って、つい落書きを誘うのかしら。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる