【再録】源平合戦に狸合戦!?愉快なご利益ガイド 屋島寺・その2

四国狸の総大将「太三郎狸」がすみついているという屋島寺は、実はさりげなく狸だらけ。全部さがしてみるのも面白いかもしれません。

2012年10月3日掲載分01

まずは上の鳥居を抜けて「蓑山大明神」の祠のわきに出ると、願いの叶ったお礼に奉納された狸がこんなに!
2012年10月3日掲載分02

ご利益は家庭円満、縁結び、安産、商売繁盛など。太三郎狸は屋島寺の観音様に仕える、徳の高い狸。みんなの願い事を叶えようとがんばってくれます。しかも奥さんを大切にし、浮気なんか絶対にしないんだそうです。だから家族はいつでも仲良し。
2012年10月3日掲載分03
そんな理想の家庭がほしいっ!それなら大切な人、家族や仲間たちと絵馬でここに来られた喜びを分かち合ってみては。一人ならば、素敵な出会いを願って。その想いを忘れないよう、子狸の部分を取りはずしてお守りにできちゃいます。かわいさに人間関係が和みそう。

宝物館の入口にも狸。
2012年10月3日掲載分04

館内にも、いくつか狸スポットが。中でもゆかりの深いのは、宝物館の窓から見える「雪の庭」。白い凝灰岩が夏でも雪のような景観をつくりだす、必見の庭園です。かつて太三郎狸が「扇の的」や「義経の八艘飛び」といった源平合戦「屋島の戦い」の名場面を化けて再現してみせたという幻想的な場所。

ご本尊の千手観音像も宝物館で拝観できます。源平の絵巻や屏風、ゆかりの品々も盛りだくさん。屋島の海を見に行く前に、イメージをふくらませておきましょう。

屋島寺の境内を出て、案内表示をたよりに海へ。これまた狸だらけのお土産屋さん密集地帯を抜けて「獅子の霊巌」という場所に出ると、高松港を見渡す絶景が広がります。
2012年10月3日掲載分05

気分は爽快。でも見てるだけじゃもったいない!ここでは厄払いの「かわらけ投げ」が楽しめます。
2012年10月3日掲載分06
源氏が勝利を喜んで笠を投げたのが由来とのこと。うまく飛べば願いが叶うとか。思いっきり遠くに飛ばしてストレス解消!たまたま行き会った観光客との会話も盛り上がります。旅人同士がすぐに打ち解けるのは、お遍路文化の息づく四国ならでは。「こうやるとよく飛ぶよ!」なんて知恵を出し合いながらみんなで一喜一憂すれば、楽しさ倍増です。

海の見えるエリアをのんびり一周しつつ、所々でかわらけポイントをチェック。
2012年10月3日掲載分07
↑輪を狙って投げる上級編も。通ればいいことあるかも!


2012年10月3日掲載分08
どこを見渡しても眺望は抜群。デートスポットとしてもオススメです。

景色を楽しみながら、ちょっと一息入れられるお店もたくさんあります。
中には土地ならではの珍しい食べ物を出している所も!

2012年10月3日掲載分09

左は、名物「いいだこ」の田楽。瀬戸内海で水揚げされた旨味たっぷりの小さなタコがぎっしり。頭からまるごと、白味噌をつけていただきます。この地域の料理に特徴的な白味噌は、源平の時代に都から伝わったというハイソな味わい。

右は、「あん餅雑煮」。甘味の強い白味噌の濃厚なスープに、青のり、色鮮やかなにんじんと大根、そして…甘いあんこの入ったお餅、という驚きの組み合わせです。意外にも、白味噌とあんこはまろやかに溶け合い、出汁もほのかに香る上品なお味でした。初めて見る方も多いでしょうが、香川県ではお雑煮といえばまずこれのこと。にんじんと大根はおめでたい紅白、小豆は邪気払い、丸いお餅は「何事も丸く収まるように」といった願いが込められています。

小皿に添えられているのは「しょうゆ豆」といって、お遍路さんの栄養源として親しまれてきた伝統食です。ご当地グルメからも、歴史と祈りを感じてみてください。もちろん、讃岐うどんもお忘れなく!

今年の11月4日には、「現代源平屋島合戦絵巻」というイベントが行われます。武者行列や騎馬戦で、源平合戦のスケールが実感できるはず。涼しくなったら、いざ屋島!

-------------------------------------------------------------
●屋島寺 http://www.yashima-kanko.net/

≪アクセス≫
JR屋島駅/琴電屋島駅から徒歩1時間程度、または山上シャトルバス
バス時刻表http://www.kotoden.co.jp/publichtm/bus/rosen/yashima/t-yashima20101218.html

香川県高松市屋島東町1808
087-841-9418
境内自由7:00~17:00

≪イベント≫
「現代源平屋島合戦絵巻」
2012年11月4日(日) 屋島東町周辺にて開催
------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる