【再録】寄り道しながら大阪七福神・その4 長久寺・三光神社、そしてゴールの後は…?

寄り道しながら大阪七福神・その1 四天王寺
寄り道しながら大阪七福神・その2 今宮戎神社・大国主神社
寄り道しながら大阪七福神・その3 大乗坊・法案寺
↑前回まではコチラ↑


いよいよ大阪七福神も残り2ヶ所。

モダンな建物の長久寺では、福禄寿を祀っています。
2013年01月30日掲載分01
福禄寿は、頭の長いおじいさんの姿をした神様。お供に鶴を連れていることが多いです。
その名の通り、福(幸運)と禄(金運)と寿(長寿、健康運)を授けてくれます。
2013年01月30日掲載分02
御神体は撮影禁止なのでここではお見せできませんが、豪華で繊細な作り込みとカラフルな色彩、そしてなんとも深みのある満面の笑顔がハッピーにさせてくれる素敵なお像です。ぜひ会いに行ってみてください。

2013年01月30日掲載分03


福禄寿と、この次の三光神社でお祀りされている寿老神は、両方とも人の運命を決め動かしているという南極星の化身です。中国の神仙思想から生まれた神様なので、どちらも仙人の姿をしています。

2013年01月30日掲載分04

大阪城からほど近い高台にある三光神社は、真田幸村ゆかりの地。
大阪冬の陣では、このあたりに出城をかまえて大阪城を守りきったといわれています。
これにちなんだ渋カッコイイお守りにも注目!

2013年01月30日掲載分05


真田幸村の銅像も凛々しいこの場所には、そのときに掘ったという「真田の抜け穴」が残されています。

2013年01月30日掲載分06

この穴は大阪城まで続いているとか!?真偽のほどはわからないままですが、真田幸村という謎多きヒーローをめぐる歴史のミステリーを感じながら歩けば、また違った顔の大阪が見えてくるはずです。大阪市内には他にもゆかりの地がたくさんあるので、大阪城と合わせて巡ってみては。11月には真田まつりも開催されますよ。

2013年01月30日掲載分07
上は三光神社の御朱印です。

さて、大阪七福神のラスト寿老神はこちら。
2013年01月30日掲載分08
福禄寿との違いは、頭があまり長くないのと、お供には鹿を連れていることが多いくらいでしょうか。一般的には寿老「人」と書きますが、三光神社では寿老「神」と表記しています。御朱印には仙人の食べ物とされている桃のマークが。
2013年01月30日掲載分09
ミニ絵馬と御朱印を受ければ、めでたく色紙と七福神絵馬の完成です!これをお部屋に飾っていつでも七福パワーを浴びれば、開運まちがいなし!
2013年01月30日掲載分10


このあとは、夕方まで時間があれば大阪城へもう一足伸ばすもよし、日が沈んだら新世界に移動して串カツ食べて通天閣から夜景をながめるもよし!

2013年01月30日掲載分11

というわけで、ここでまた寄り道案内。
実は、通天閣には、もうひとつの七福神があるのです!

まず、通天閣の展望台5階には、ご存知大阪の「ビリケンさん」。
ビリケンさんはフローレンス・プリッツというアメリカのアーティストがみた夢から生まれた、世界的な福の神です。足の裏を掻いてあげると喜んで、願いを叶えてくれます。明治~大正時代に初代通天閣(現在は2代目)が遊園地「ルナパーク」のシンボルタワーだった頃から大阪新世界を見守っていました。

2013年01月30日掲載分12

昨年100周年を迎えた通天閣は、5階のフロア全体を金ピカにリニューアル。ビリケンさんの像も3代目となり、新たな開運スポットの誕生です。

そこで加わったのが、ビリケンさんをぐるりと囲む七福神。ビリケンさんと合わせて、その名も「通天閣ビリケン八福神」!現代に名高い仏像工房「松久宗琳佛所」が手がけた本格派です。「ルナパーク」の頃にも流行した八福神めぐりが現代によみがえったのです。
2013年01月30日掲載分13
あれれ、よくみると七福神のメンバーが違う?!
実は今回紹介した福禄寿と寿老人、キャラがかぶっているので、時々どちらか省かれてしまうことがあります。そこでかわりに加わるのが、美と幸福の女神「吉祥天(きっしょうてん)」。大阪七福神の毘沙門天の回では、毘沙門天の奥さんとしても登場していました。

2013年01月30日掲載分14
ビリケン八福神めぐりでは、なんとこんな御朱印帳まで用意されています。かわいいイラスト入りのページにセルフ御朱印を押しながら展望台を一周するだけという手軽さで、景色に気分爽快、愛嬌あふれる福の神たちにほっこり、あっという間に福いっぱいのルンルン気分。

2013年01月30日掲載分15
ビリケンさんの足の裏をかたどった絵馬と、思わずクスッと笑ってしまう大阪弁のルーレットおみくじも人気です。

大阪七福神で街をめぐって、ついでに通天閣にも登れば開運度もダブル!そんなお得な大阪観光、年頭の景気づけにどうでっか?

-------------------------------------------------------------
●長久寺
≪アクセス≫
・地下鉄谷町線「谷町」駅下車、徒歩3分
大阪府大阪市中央区谷町8丁目2-49
06-6761-1363
--------------------------------------------------------------
●三光神社 http://sankojj.blog100.fc2.com/
≪アクセス≫
・JR大阪環状線・地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅下車、徒歩1分
大阪府大阪市天王寺区玉造本町14-90
06-6761-0372
≪イベント≫
真田まつり 毎年11月上旬頃の日曜日開催
(最新の日程は公式サイトをご覧ください)
--------------------------------------------------------------
●大阪七福神について
四天王寺(布袋尊)、今宮戎神社((えびす神)、大国主神社(だいこく神)、
毘沙門天(大乗坊)、弁財天(法案寺)、福禄寿(長久寺)、寿老神(三光神社)

専用色紙1500円(御朱印大別途・1カ所につき300円)
ミニ絵馬1ヵ所につき1枚100円、ミニ絵馬を飾る専用絵馬1000円
通年対応、専用色紙と専用絵馬は上記各寺社で授与
(いつでも、どこからでもスタートできます)
-------------------------------------------------------------
●通天閣 http://www.tsutenkaku.co.jp/
≪アクセス≫
・阪堺電軌阪堺線・地下鉄堺筋線「恵美須町」駅下車、徒歩3分
大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目18-6
06-6641-9555
営業時間 9:00~21:00 展望料金600円
-------------------------------------------------------------

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ」(グラフィック社刊)もうすぐ発売。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる