【再録】もうひとつのドーマンセーマンと、海女さんの神話の里 海士潜女神社

前回の「石神さん」の「相差(おおさつ)」からバスの終点「国崎(くざき)」まで足をのばすと、そこはまるで時間が止まっているかのような海辺の町。
2013年05月22日掲載分01
現役の海女さんが50戸100人はいらっしゃるというこの町、すれ違う人々のほとんどが普通に海女さんや漁師さんだったりします。
2013年05月22日掲載分02
上の写真では、干したワカメを取り外し作業中。

そんな町で、海女さんたちに厚く信仰されている神社がここ、海士潜女(あまかづきめ)神社。
2013年05月22日掲載分03

実はこの神社のお守りにも、ドーマンセーマンが描かれています。この地域の海女さんたちも持っている木札のお守りです。ダイビングや水泳をする人はぜひ身に付けてみて。海と水に関するあらゆることにご利益があり、身の危険から守ってくれます。
2013年05月22日掲載分04
「石神さん」お守りにもあった、五芒星と格子模様からなるドーマンセーマン。五芒星「セーマン」は一筆書きできることから無事もとの場所に戻って来られる、格子模様「ドーマン」はたくさんの目が魔物の侵入を防ぐと言われています。

2013年05月22日掲載分05

上の写真は、海士潜女神社の社殿。祀られているのは、海女の祖といわれる「お弁」という女性です。約二千年前、倭姫命(やまとひめのみこと)が天照大神(アマテラスオオミカミ)を祀るにふさわしい聖地を求める旅の道すがら、ここ国﨑へいらしたときのこと。出会った海女さん「お弁」が差し上げたアワビのあまりのおいしさに感動された倭姫命は、神宮のお供えとしてこの場所のアワビを毎年献上するよう定めました。

そのアワビにちなんだ海士潜女神社のお守りがこれ。
2013年05月22日掲載分06
「あわび貝のお守り」「健康長寿のお守り」などと呼ばれています。豪華な雰囲気が嬉しいですね。お守り袋の中には、本物の「熨斗鰒(のしあわび)」が入っています。アワビを延ばして干した「のしあわび」は、伊勢の神様の大好物。不老不死の妙薬ともいわれ、幸せが末長く続くようにと祈る縁起物。お守りを乗せている貝殻は、神宮に献上する「のしあわび」を作るときに出た貴重なものです。アワビの殻は、この地域の家庭で御供え物を盛るお皿として使われています。

この「のしあわび」、実は身近なところにも。お祝い袋などについている「のし紙」、今でこそ絵だけのものが多いですが、もとは「のしあわび」でした。
2013年05月22日掲載分07
余談ですが、今も本物の「のしあわび」を使った御祝儀袋を、日本で唯一、相差(おおさつ)の「兵吉屋」(http://hyoukichiya.com/)というお店が作っています。

海士潜女神社のすぐ近くには、「伊勢神宮御料鰒調製所」があります。
2013年05月22日掲載分08
ここで伊勢神宮に神様の食べ物として献上する「のしあわび」が作られます。

2013年05月22日掲載分09
上の写真は、薄く切って細長く延ばしたアワビを干す場所。干し上がったら、短く切り、決まった数をひもに通せば完成です。その工程や形などは、伝統として厳しく守られてきています。

この一帯は、「鎧崎(よろいざき)」と呼ばれる海に突き出た小さな半島のような地形。
地名の由来は、これまた倭姫命でした。

2013年05月22日掲載分10

「御料鰒調製所」から木漏れ日の中を少しばかり歩くと、記念碑があります。
2013年05月22日掲載分11
倭姫命がここで鎧を脱いだから鎧崎と言うんだそうです。思わずリラックスしてしまうほど素敵な場所、ということでしょうか。

2013年05月22日掲載分12
鎧崎灯台。このあたりは波の荒い難所として有名。
2013年05月22日掲載分13
それだけに、雄大な眺めが広がります。

こうして倭姫命の足跡をたどってみると、この地での海女さんとアワビのエピソードといい、二見浦の地名の由来といい(二見興玉神社参照)、彼女が神宮の場所として伊勢を選んだのは、もしかしたら「美しい・おいしい」が決め手だったのではと思えてなりません。

2013年05月22日掲載分14
上の写真は、鎧崎の全景。左のほうに見える、半島と接して整備された海岸が「前の浜」です。

2013年05月22日掲載分15
「前の浜」入り口には、海女さんが採ってきた天然ワカメを干すための棚が並びます。そのうしろに見える小屋は、海女小屋。海女さんが仕事の合間に休憩し暖を取る場所です。海女小屋のすぐ右わきの鳥居をくぐり階段を上れば、先ほどの「御料鰒調製所」。
2013年05月22日掲載分16

ここで海女さんが作業する様子を見たいなら、今年6月29日に行われる「御潜神事(みかづきしんじ)」へ。伊勢神宮に献上する「のしあわび」を1から奉製する神事です。普段は禁漁の神聖な場所「前の浜」で海女さんたちが一斉にアワビを採る姿は壮観。この日は、「のしあわび」を作る様子も屋外で公開実演されます。7月1日には、伊勢神宮から舞姫がやってきて海士潜女神社で神楽を奉納。毎年11月23日には、「前の浜」で2隻の船が競争する勇壮な神事「二船祭」も見逃せません。

付近には海水浴場もあるので、夏は特に気持ち良いですよ(海開きは7月中旬です)。鳥羽市内や二見浦などの宿に泊まれば、海の幸もたっぷり味わえます。この式年遷宮の年に、大自然と神話に彩られた「美しい・おいしい」伊勢・志摩のロマンをもっとディープに感じる旅へ、ぜひ相差(おおさつ)や国﨑(くざき)まで足を運んでみてください!

-------------------------------------------------------------
●海士潜女神社、伊勢神宮御料鰒調製所など http://kuzaki.jp/ (三重県鳥羽市国崎町町内会)

≪アクセス≫
・JR/近鉄「鳥羽」駅すぐの「鳥羽バスセンター」より「かもめバス」で約60分、「国﨑(くざき)」下車徒歩5分
0599-33-7428 (国崎町内会・熨斗あわび保存会)

≪イベント≫
御潜神事 2013年6月29日(土)(日程は毎年変わります)
     海女さんたちのアワビ取りは午前9時から開始。
海士潜女神社例大祭 毎年7月1日
二船祭 毎年11月23日

スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる