【再録】博多の街のシンボル!これぞお祭り中心地 櫛田神社

梅雨のじとじとした時期に入りましたが、ここまで来れば夏はすぐそこ。夏祭りの季節がやってきます。バテてなんていられませんよ!実は夏祭りって、特に人の集まる大都市では、まさにそんな真夏のイヤ~な気候を病気なく無事に乗り切れるよう祈って始まったもの。そのひとつが、「博多祇園山笠」。今回は、このお祭りの拠点となる櫛田(くしだ)神社です。

博多の地下鉄「祇園」駅周辺には、街中に歴史ある神社仏閣の集まっているエリアがあります。お店やオフィスビルなどが立ち並ぶ中、突如開けた境内地に華やかな楼門。
2013年06月19日掲載分01

この門をくぐりながら天井を見上げると、ちょっと珍しいものが。
2013年06月19日掲載分02
なにやら十二支の動物たちが表されています。十二支は、それぞれが時間や方角に対応していて、昔はこれがお正月のみならず日々の生活に浸透していました。もちろんこちらの十二支も、実際の方位に合わせてあります。
2013年06月19日掲載分03
真ん中には、磁石の針のようなものが。魔障を打ち砕く金剛杵(こんごうしょ)という道具をかたどったデザインです。今年は巳年なので、へびの方を向いています。これが今年の縁起のいい方角「恵方(えほう)」。節分の恵方巻でもおなじみ。この円盤は、恵方を指し示すということで、「恵方盤」とよばれています。毎年大晦日には、針を動かしているんですよ。こんなところからも、ここ櫛田神社が地元の人々をみちびく心の中心地であり続けていることがうかがえます。

境内には、「博多祇園山笠」の「飾り山笠」が。高さは約10メートル!
2013年06月19日掲載分04

毎年7月1日からお祭り終了までの間は、街のあちこちでこういった「山笠」がみられるようになります。博多人形の伝統技術の粋をこらして毎年作られる「山笠」、ぜひ巡って細部まで鑑賞してみて。「山笠」には「飾り山笠」と「舁(か)き山笠」の二種類あり、「舁(か)き山笠」はお神輿(みこし)のようにかつがれるものです。「舁(か)き山笠」は高さで多少コンパクトになるものの人形にはまた違った迫力がありますし、例外としてひとつだけかつがれる「飾り山笠」もあったりします。これだけのものを、曳くのではなく、かついでしまうなんてオドロキ。

2013年06月19日掲載分05
楼門のわきには「清道」という看板がみえます。こちらのほうには広いスペースがあり、お祭りのクライマックス「追い山笠」では各山笠が走って一周します。あれだけのものを、かついだまま、走って競争までしてしまうのが「博多祇園山笠」最大の魅力。レースのチェックポイントに当たる「清道」は、櫛田神社のほかに周辺の東長寺と承天寺の、合わせて三ヶ所。感動の瞬間を目撃できる「追い山笠」は、毎年7月15日のまだ夜も明けない午前4時59分から開始!

「博多祇園山笠」の由来は、鎌倉時代に博多で疫病がはやったとき、承天寺の「聖一国師」という留学帰りのえらいお坊さんが、かつがれながら病気退散の祈祷をして回ったことだと言われています。
2013年06月19日掲載分06
また、櫛田神社には疫病や災厄を司る暴れ神スサノオノミコトが他の神様と合わせて祭られています。もともと祇園祭というのは、この神様を鎮めるお祭りのこと。拝んでおけば病気にかからなくてすむかも。

2013年06月19日掲載分07
社殿の右側にみえる鶴の像のところは井戸。少々クセのある水ですが飲むと健康長寿になるそうです。さすが暴れ神、ひとすじなわではいきません。

社殿の向拝(むこうばい)の左右にも注目。

2013年06月19日掲載分08
雷神:「よぉ風神カモ~ン 嵐を起こそうぜトゥゲザー」


2013年06月19日掲載分09
風神:「やなこったい あばよ あっかんべー」

現地方言では「あかちょこべー」。人々の願いにこたえて暴風雨を起こさない風神です。これぞ博多っ子の反骨精神!?この風神雷神をあしらったお守りもありますよ。人生の嵐を防いでくれそう。

もうひとつ、オススメのお守りはコレ。
2013年06月19日掲載分10
本物の博多織が入っています。高級でお洒落なものの代名詞だった博多帯のミニチュアみたいで、ちょっとイイ気分。色や柄もたくさんあって迷っちゃう。

ところで、博多は海外への玄関口だった町ですから、かつてはモードの最先端でした。実は、うどん・まんじゅう・お茶を日本に初めてもたらしたのは、先ほども出てきた聖一国師だとされています。うどん発祥地の座を讃岐と争っているとか。
2013年06月19日掲載分11
櫛田神社のすぐそばにある「かろのうろん」では、そんな昔ながらの博多うどんを味わえます。マンガなどにも登場する名店。レトロな店内でほっこり。参拝のついでにどうぞ。

櫛田神社の御朱印はコチラ。
2013年06月19日掲載分12

櫛田神社は、「博多祇園山笠」をはじめ、なんと博多三大祭りの全てが行われてしまうすごい場所。毎年5月3・4日の「博多どんたく」では(これだけは櫛田神社のお祭りではありませんが)、行列の出発地点となります。

2013年06月19日掲載分13
上の写真は、櫛田神社の三基のお神輿(みこし)のひとつ。毎年10月23・24日に行われる「博多おくんち」では、これらを牛車で曳いて練り歩きます(山笠はかつぐのにお神輿になるとかつがないというのがちょっと面白いですね)。華やかな行列が見所。

次回は、「博多祇園山笠」に欠かせないパワーアイテムのお話です。

-------------------------------------------------------------
●櫛田神社

≪アクセス≫
・福岡市営地下鉄「祇園」駅下車徒歩3分
福岡県福岡市博多区上川端町1−41
092-291-2951

≪イベント≫
博多祇園山笠 公式サイト http://www.hakatayamakasa.com/
 詳しいスケジュール・問い合わせ先等は公式サイトをご確認ください。
 毎年7月10~14日「流舁き」 各区域ごとの練習がみられます。
   7月12日午後3時59分「追い山笠ならし」 リハーサルです。
   7月15日午前4時59分「追い山笠」 本番。クライマックスです。

博多おくんち(櫛田神社秋季大祭) 毎年10月23・24日
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる