【再録】眺望バツグン!奥の院までドキドキ探検プチ修行!? 祐徳稲荷神社・その2

前回、今年の年賀切手になった「のごみ人形」ゆかりの地としてご紹介した祐徳稲荷神社。
なんといっても、華やかな舞台づくりの御本殿が目を引きます。
2014年01月22日掲載分01


九州の日光とよばれてきただけに、カラフルな装飾も見ごたえアリ。
2014年01月22日掲載分02


舞台からの見晴らしに気分爽快。
2014年01月22日掲載分03


だけど、これだけで満足してたらもったいない!
御本殿のわきからは山道がさらに上へとのび、奥の院へと続いています。
一歩踏み入れれば、赤い鳥居がつらなり大小の祠(ほこら)が居並ぶ異空間。
2014年01月22日掲載分04

こんな感じが続く中を、家族連れやカップルなどがたくさん登っていました。
2014年01月22日掲載分05
この先に広がる異世界を一緒に探検すれば絆が深まるかも。




途中には、パワーのありそうな見どころも点在。

少し登ると見えてくる「石壁社」は、その名のとおり岩の壁に囲まれた洞窟の入口を社殿がおおっている形です。
2014年01月22日掲載分06
祐徳稲荷神社を創建した、肥前鹿島の藩主・鍋島家のお姫様がここに祀られています。我が子を失った悲しみを癒すために神仏にお仕えし、晩年はこの洞窟の中で修行して命を全うされたとのこと。自分のことなど忘れるほど、周りのみんなを幸せにする生き方を貫いたのでしょう。人々からとても慕われていました。


2014年01月22日掲載分07
石壁社の横には、「水鏡」とよばれる小さな湧き水。このお姫様が水面に自分の姿を写して、占いをしていたとか。のぞき込めば、このお方の清らかに澄んだ心と、生きることへの強い気迫がビリビリと伝わってくるような気がします。


さらに鳥居のトンネルをくぐって、もう少し上に行けば「命婦社」。
2014年01月22日掲載分08

2014年01月22日掲載分09
奥の院のあるお山の中でも特に重厚な存在感のあるこの社殿は、江戸時代の創建当初に祐徳稲荷神社の御本殿だった建物を移築したもの。祀られているのは、お稲荷様のお使いのお狐様たちです。このお狐様たちに朝廷から「命婦(みょうぶ)」という位が与えられたので、以来これが別名のようになりました。ですから、祐徳稲荷神社のお山には、この他にも「命婦社」と書かれた祠がたくさんあります。祠の数だけ、お狐様がいらっしゃると思うとうれしくなりますね。

そこかしこに見られるお狐様の像もチェックポイント。
2014年01月22日掲載分10

2014年01月22日掲載分11
ときに愛らしく、ときにちょっとコワいのが魅力。一体ごとに違った個性があります。その時々で、ふと心に語りかけてくるようなお狐様に出会えるかもしれません。


道中には、こんな切り通しになっている場所も。
2014年01月22日掲載分12
巨岩の作り出す圧倒的な景観が、聖地の趣を感じさせます。

2014年01月22日掲載分13
「鹿島大明神」として祀られている、迫力ある形の岩も。日本神話の戦いの神様の名前がついていることもさることながら、せり出すような勢いの良さに男性的なエネルギーが感じられます。今にも屋根からはみ出しそうな姿は、まるで「がんばれ」とささやきかけてくれているかのよう。この場所で大切な目標を念じれば、運気をぐいぐい押し上げてくれそうです。



この先は岩場が続き、いかにも霊山という本格的な雰囲気に
思わず「うわぁ、修行だ~」なんて声もちらほら。
2014年01月22日掲載分14
たしかに小さい子供には大変そう。ですが基本的には、きちんと運動靴さえはいて標識の指示に従いつつ足下に気をつければ問題ないレベルの山といえます。片道30分程度と短い割に空間が濃密なので、気軽に修行な気分が体験できる非日常的ハイキングといったところです。



もう一息がんばれば奥の院に到着。
2014年01月22日掲載分15


ふり返れば、有明海を一望の絶景が待っています。
2014年01月22日掲載分16
登ってみて良かったと思えること間違いなしです。


奥の院のまた少し奥、一番奥まった祠。
2014年01月22日掲載分17
森に囲まれ、木漏れ日に癒されます。
奥まで行った人だけが味わえる充実感をかみしめて。

下りていくと、御本殿の屋根がみえてきます。
2014年01月22日掲載分18

ずいぶん登ってきたんだなと、ここで改めて実感。

御本殿まで下りました。日常の喧噪が戻ってきます。
2014年01月22日掲載分19


さらに下りると、舞台の足下に縁結びスポット「岩﨑社」が。
2014年01月22日掲載分20

縁結びの絵馬も用意されています。
2014年01月22日掲載分21
奥の院まで踏破した達成感の中、最後にここで絆を固めてみては。



ラストで運試しもいいかも。
祐徳稲荷神社の「玉みくじ」は、お稲荷様のシンボルアイテム「宝珠」の形の玉を引きます。
2014年01月22日掲載分22

出てきた数字で、結果の紙をもらいます。
2014年01月22日掲載分23
少々読みづらいけれど、古い版木の雰囲気がカッコイイですね。神社のおみくじとしては珍しく漢文なのは、ここが元はお寺だったのを明治時代に神社に変えた名残でしょうか。

御朱印はコチラ。
2014年01月22日掲載分24
稲の神様らしく、四角い印の中の上側には稲穂、下側には稲わらが。

オリジナル御朱印帳もあります。
2014年01月22日掲載分25
御本殿の極彩色をイメージした裏表紙が素敵です。

2月は初午のお祭り、そして春には庭園や川向かいの広大な花園に色とりどりの花が咲き乱れ、ますます見どころ盛りだくさんになっていく祐徳稲荷神社。奥の院からも、四季折々でまた違った景色が楽しめるはずです。訪れたときにはぜひ、ほんの少しがんばって足をのばしてみてください。

------------------------------------------------------------
●祐徳稲荷神社 http://www.yutokusan.jp

≪アクセス≫
・JR佐賀駅より祐徳バス約1時間「祐徳稲荷神社」下車(本数少)
・JR肥前鹿島駅よりタクシー約10分
佐賀県鹿島市古枝
0954-62-2151

≪イベント≫
初午祭 毎年初午の日(2014年は2月4日)
この日の商売繁盛祈願は特にご利益アリ。
境内では神楽などの伝統芸能が演じられます。









スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる