愛染さんの一言おみくじ@東寺


色とりどりのミニ巾着。


実はこれ、おみくじの袋なんです!
何度か引くうちに、たまってきちゃいました(^^;


京都の東寺で引ける「愛染さんの一言おみくじ」には、色々な模様の巾着がぎっしり。


同じ布から作ったものでも、切ったり縫い合わせたりする位置で雰囲気が変わるので、ひとつとして同じものはありません。


そのときピンときた柄を直感で選ぶべし!


さて、肝心の中身はというと。



吉凶なしの一言勝負。


そしてバックにうっすら浮かぶ、ちょっと怖い顔。
こちらが愛染さんこと、愛染明王(あいぜんみょうおう)という仏様です。


愛欲を悟りに昇華する役目をもっていることから、
恋愛のお願いを叶えてくれると言われています。


ここではズバリ「縁」って大吉並みに幸先良すぎですが、ときにはお顔通りの愛情こもった厳しいアドバイスも。

(いまちょうど手元にこれしかないので、部屋から発掘もしくは、またの機会に何か面白いの出せれば追記します 汗)


めくるめく立体曼荼羅ワールドな仏像拝観のついでに、愛染さんから恋のヒントをもらってみては。

お言葉も巾着も、活用法はあなた次第です。

スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる