あけましておめでトリん♪

あけましておめでとうございます。

なんだかんだで今時、細々とですが当ブログが続いていることに驚かなくもない今日この頃です。

まるで昔の「ほおむぺえじ」というやつのままじゃないかぐらいの時代に逆行っぷりですが、まあなんか、べつにいいやと思ったり思わなかったりしております。

本年もよろしくお願いいたします。


年末には、お伊勢参りに行ってきました。


伊勢神宮では、鶏を特に大切にしています。

夜明けを告げる鶏は、アマテラス大御神の岩戸開きにも一役買っているからです。


そんな伊勢神宮の、酉年の絵馬というのは何ともぐっとくる気がします。

夜明け、つまり闇からの復活再生を表すということで、酉年は一陽来復の年とも。

というわけで、今年の消しゴムはんこ自作絵馬は鶏をパワーアップさせて火の鳥とか鳳凰な感じを狙ってみました。

数年ぶりに細かいのをがんばった。けど、微妙にただの変な怪鳥という気もする( ̄▽ ̄;)



気を取り直して、お気に入りの鶏な郷土玩具でも載せていきます。


まずは伊勢の一刀彫り。

宮大工が神宮の余った御用材で作るという伝統の品です。

やはり伊勢ですから、干支と関係なく鶏が主役っぽい感じ。雌鳥がちょこんとしてて可愛いです。


伊勢神宮で授与される、毎年変わる伊勢一刀彫り干支守りはこちら。

大胆な造形がかっこいいです。

新鮮な楠のアロマが効いているので、しばらくは手近に置いて森の香りに癒されたいところ。

神宮の干支守りは、毎年受けると強運になるという噂もどこからとなくあったりします。

一巡して同じ干支になっても必ずデザインが変わるので、集めていても飽きないそうですよ。


もうひとつ鶏がイチオシなのは、秋田県米沢市の笹野一刀彫。

同じものがモチーフの干支絵馬をバックに飾ってみました。

こちらの特徴は、何といっても、木を繊維の向きに沿って薄く削り、繊細にカールさせていく「削りかけ」という技法。

しっぽや羽の、ひだのような表現にこれが生きています。

そして、この「削りかけ」を最強に極めたのが、こちらの「尾長鶏」。

幾重にも重なる、今にも壊れそうな尾が美しいです。笹野一刀彫は「お鷹ぽっぽ」が有名ですが、私はこの「尾長鶏」が間違いなく最強だと思います。

まあ何というか、今年もこんな感じで、ゆるゆると好きなものを愛でていきたいです。




スポンサーサイト

   

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ(グラフィック社刊)」発売中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月平均2回以上は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石やらトランプ・占いカード類やら喫茶店マッチやらと、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。気になったらとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼について
当方は兵庫県在住ですが、それでも費用等問題ない方だけご依頼ください。また、特にテレビ関係の方、「出演する専門家を誰かしら探していますが未定です」ではなく確定で本当に私を必要としてくださる方だけご依頼ください。なお、何かのマニアを変人扱いして面白がるようなメディアは全てお断りしております。監修のお仕事は、私の名前のクレジットが出なくてしかも他の専門家の名前で解説させるなど論外、もちろんお断りです(きちんとクレジットが出て、なおかつ解説役を誰にするかに至るまで私の意向をある程度尊重してくれるなら可ですが、そういう番組は少ないようですね)。テレビや大衆週刊誌などには不誠実な編集が横行していることも事実であり、まずそちらの誠意を見せて頂かない限り、大前提としてマスメディアを無条件に信頼することは私にはできません。ここまで申し上げて感じ悪いのは重々承知ですが、昨今のメディアに対し、たとえ同じように思っていても表明しない人が案外多いのではないでしょうか。こちらは常に本気で全力投球なので、本気で受け止められる覚悟のある人にだけ来てほしいのです。今の世の中、一個人が自力で調べる労力をかけ身を削って発信する情報の価値をもう少し見直すべきだと思います。上記の事柄を全て了承できる方だけkabura@gmail.comまでご連絡下さい。

カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる