人形系おみくじをナメたらあかん。

陶器の人形などに入ってるおみくじ、大人気ですよね。今日立ち寄った某寺で、私好みの可愛いのを見つけたので軽い気持ちで受けてみました。


見たところ中身は量産型おみくじのようだし、大体当たり障りのないことが書いてあるんだろうなあ、とか思いながら特に何かを占いたいわけでもなく何気なくです。


それも授与所ではなく、お土産なども売っている境内の売店ですよ。本当に、普通に、可愛い雑貨を買う気分で。


まあどうってことないだろうと思って、開けました。





思いっきり凶でした。


ご丁寧に5ヶ国語で、凶が並んでましたよ。
べりーばっどらっく!


はい、すみません。
完全にナメきってましたから。
そんな態度への、仏様のお叱りかも(´・ω・`)





それにしても、ショックというよりは驚きでした。人形などに入っていたりプチ御守り付きだったりするタイプで、中身が各寺社オリジナルでない新しめの量産型おみくじなら、大抵凶は抜いてあるかなと思ったので。


人形タイプの人気を受けて今年中に登場したばかりの新しいおみくじだったこともあり、もしかしたら凶抜きの流れから凶入りの復権?!みたいなことも少し考えたくなりました。


陶器人形系おみくじって大体500円以上はするから凶だと気分的な痛手が大きいし、人形を1体手に入れたらリピートすることもないじゃないですか。だから、わざわざ凶入りにすることにはそれなりの思想というか気骨というか、そういうのを要すると思うんですよね。


特に昨年あたりから、おみくじ自体にじわじわと人気が出てきているのを私自身だいぶ感じてきました。その中で、凶抜きにする風潮はメディアでずいぶん報じられてきたわけです。一方、人形系おみくじの人気で、各地の寺社が新しくオリジナリティのある人形を登場させています。


これからは、可愛さを全面に出したおみくじも、その中で差別化が必要になってくるのではという気がしてきたり。もしどこへ行っても無難に凶抜きだったら、言う割に意外と大して辛くないロシアンたこ焼きみたいで面白くないよね(謎)みたいな流れも出始めてくるのでは?などと勝手に予想してみたりしてしまう次第です。





そういえば、昨日は夏越しの大祓の日だったというのに、今年の私は忙しくて茅の輪くぐりに行きそびれていました。


6月末は一年がちょうど半分ということで、たまったケガレ(気枯れ)を祓う茅の輪くぐりの行事が各地の神社で行われます。実際、急に暑くなり疲れが出やすい時期でもありますからね。

ケガレ溜めすぎて凶出しちゃったかしら。


7月に入ってもまだ辛うじて売っていた夏越しの大祓にちなむ季節の和菓子「水無月」を食べて、多少祓ったような気になってみるなど。大掃除もしてみましたよ(←どうでもいい)


読んでくださった皆様も、この時期特有の疲れや夏バテに気を付けてお過ごしください!




スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる