飛不動正宝院(東京)

飛不動

飛不動は、江戸時代に住職がご本尊の不動明王を携えて大峯山へ修行の旅に出ていたところ、ご本尊は地元の人々のアツい祈りに応えて江戸の現在地へひとり飛んで帰ってきたという不思議な由来をもつお寺。

それにちなんで飛行機の安全にご利益があるということで、なかなかの人気だ。

さて、そこでお不動様が飛行機を見守る様子を描いたのがこの絵馬。
飛行機の大きさを考えると、この不動明王、とんでもなくデカい。
なんだか色んな縮尺が狂ってきそうな絵だけど、これって山越阿弥陀来迎図なんかに似てなくもない。
そう、神仏というのはそもそも仏画などの中でも現実的なスケールを超えてデカく描かれるもの。
つまり、考えてみればデカくて当たり前。
だけどやっぱり、この何食わぬ顔でスッと横切る飛行機との取り合わせはシュールな感じがする。
これひとつのために、どんな仏画よりも、デカさが際立っている。
文明の利器と神仏という組み合わせも面白い。

この飛不動正寶院では、他にも、玉がよく「飛ぶ」ようにとゴルフ成功祈願があったり、飛ぶから落ちないということで合格祈願も盛んだったりする。東京では珍しい修験道のお寺でもあるため、参拝者の求めるところあればなんでもありの頼もしさだ。なにげにホームページもやたら充実していて楽しいので、一度のぞいてみてほしい。

飛不動正宝院ホームページ
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる