おみくじはサイエンス?!六甲八幡神社が楽しすぎる件。(後編)

前編でご紹介した「へびみくじ」が人気の六甲八幡神社
そのユニークすぎるアトラクションの仕掛人は、
かつて科学博物館の体験型実験装置を作るお仕事をしていらした
クリエィティブすぎる宮司様でした。
ちょっと細野晴臣さん似かなと勝手に思ったり。うん、テクノだね。

宮司様は現在、目が不自由で、禰宜様が常に介助されています。
お二方とも気さくで、声をかければ色々教えて下さるはずですよ。

そんな楽しく素敵な人たちが営む都会のオアシスには、
まだまだ驚きのおみくじが満載なのです!
というか、今回のものたちこそが真骨頂のような気さえしました。

「へびみくじ」の次くらいに人気の「水晶みくじ」では、
おみくじの数あるルーツの中でも重要な位置を占めると考えられる
古代中国発祥の「易占い」が気軽に体験できちゃいます。

使うのはまず、
社務所前の右端にでかでかと鎮座する石造りの装置。
水晶みくじ装置
易占いが確立したとされる古代の
青銅器を彷彿させる重厚なデザイン。

この上に、説明書きが掲げてあります。
水晶みくじ説明

もう一つ、大事な道具は
「陰」か「陽」かを出して決めるための水晶球と
(本来、2択の結果を出せるものなら何ででも占えます)、
どちらが出たかを6回記録するための「算木(さんぎ)」。
水晶みくじ小道具
黒い棒みたいのが算木です。その上が水晶球。

水晶がシーグラス並みの擦りガラス状になっているところから、
どれほど参拝者の皆さんに
使い込まれ親しまれてきたかが感じられます♪

この水晶を、装置の中に転がして占い開始。
これがまた実に驚きです。
自宅でコイントスする易占いとは感動が違います。

見てください、この軌跡の美しさ。
水晶みくじ動画s
こんな荒いGIFではとてもお伝えしきれません。
転がっていく音も、深く涼やかな響きが心地良いんです。
科学的理性で計算し尽くされた美の凄味がありました。
ぜひ一度現地に足を運び、目と耳で確かめていただきたいと思います。

水晶が真ん中の穴に落ちた後は、
装置下の、左の黒い出口か、右の赤い出口から出てきます。
黒いほうから出たら陽、赤いほうから出たら陰です。
これを6回繰り返し、算木を下から順に置いていきます。
水晶みくじ結果
算木では真ん中が赤いのが陰です。
6回の陰陽の組み合わせで64通りの結果を出すのが易の基本。
さて、この組み合わせの結果は…
水晶みくじ結果用紙
こんな感じでした。
兌為沢は互いに喜び合うことを表す卦(結果)で、
一般に割と良さげなはずだけどこの吉凶グラフは(--;

う~ん、前編で「へびみくじ」とか引いた結果からしても、
なぜかこの日(時期)は微妙に全体としてツイてない感じがしてたな。
でもこんなに面白い神社とご縁ができて楽しかったのは、
この卦の一般的な意味でいえば当たってたんじゃないかと。

どんな種類のおみくじをどこで何度引いても、
そういうときって大体そういう結果ばっかり集中して出るのが
本当に不思議だと思います。


そして、さらにさらに。
「実は今、試験運用中の新しいおみくじがあるんですよ~」
と、禰宜様が知られざるオススメをご紹介下さりました。

おもむろに取り出したのは、…印籠!?
ビュフォンの針01
とりあえず目に入りました…が、
単に入れ物として丁度よかっただけらしい(笑)

ビュフォンの針02
中から木片を取り出して…

無作為にばら撒きます。
ビュフォンの針04
この撒き散らす動作って、ある種すごく占いっぽさを感じますね。
ルーンストーンとか、ジオマンシーとか、米粒占いとか…
どれも(というかこの新おみくじも)占いとしての原理は違いますが。
掴んで散らす、って行為にはいかにも乱数らしさがあります。

ここでまたまた、凝りまくった装置が登場。
ビュフォンの針05
社務所窓口右側に鎮座する、謎の祠です。

普通に考えたら何か祀られてるか神棚をディスプレイしてるか、
そのあたりと思ってスルーしてしまいそう。

ですが今写真を細かく見て初めて気付きましたよ。
祠の左脇に隠れてすごい小さく
「神殿みくじ」って書いてあるの。
授与品の一覧にはまだ出ていないので裏メニュー的扱いです。
本格運用はこれからだそうですが、言えば普通にできるので、
ぜひ気軽に声をかけてトライしてみてください。

ビュフォンの針06
何か祀られてるのかと思ってたぶん、
開けたら爽快なほど空っぽで逆にびっくりしました。

ビュフォンの針07
この中に、先ほど木片を散らしたトレーを入れます。

ビュフォンの針08
ビュフォンの針09
でもって、閉じてしまいます。
「ここで、魔法のスイッチをポン☆」
と禰宜さん。どうやら裏にメカが仕込まれている模様。

少し待つと結果が印刷されてきました。
な、なんだろうこれは。
ビュフォンの針結果用紙
ビュフォンの針結果と見比べ用
見比べてみるとわかりました。
先ほどランダムに撒き散らした木片のスキャンです。

何が根拠で小吉なのかはよくわからないけど。
(他が濃すぎて訊くの忘れてきた…反省)
何かこの日はこんなんばっかり出る日だなあ。
なんてぼんやり見てたら、
一緒に印刷された説明の紙を渡されました。

あまりにも私の理解を超えるので、
そのまま転載させていただきます。
ビュフォンの針説明
読んだ瞬間、脳みその悲鳴が聞こえてしまったよ。
(もとい、思わず奇声を発してしまったらしい)

理数系赤点常連の私には全っ然わからん。
…のですが、少なくとも
偶然と確率の中に統計的必然性を見出している
という話であるらしいことは辛うじて理解しました。

てことはナニかい?
この日、やたらとソレげな吉凶しか出なかったのは必然!?
世界にはまだまだ不思議なことがたくさんあるんですね!

理数系に自信のある人は、もっと詳しく色々訊いてみれば
きっとノリノリで教えていただけるんじゃないかと思います。

偶然と確率を考え抜いた古代中国の叡智という意味では
易占いも似たような根拠で成り立っているのかもしれません。
あらゆる卜占、もちろんおみくじだってそうだし、
バタフライエフェクトとか何とかもそういうのかもだし。

もはや自分でも何を言っているのか
よくわからなくなってきましたが、
未知や神秘を実感として教えてくれる
凄いおみくじの数々、圧巻でした。

この世界観は六甲八幡神社しかなしえないことだと思います。
ぜひ一度、これらのおみくじを体験して感じてみてください。


スポンサーサイト



   

 

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
オススメ記事
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 
おみくじ企画·制作、承ります。
おみくじの企画/制作、承ります。

おみくじの作り方個別指導塾のようなものも始めました。

おみくじに関する情報提供・相談業務を有料で承ります。

おみくじをオリジナルで作ったり活用したりしてみたいけれど良いアイデアがなかなか浮かばない方へ!

個人様や小規模な寺社様・商店様など大歓迎です。できる限り自前でお安く魅力的なものができるよう丁寧にサポートいたします。
お気軽にどうぞ。

↓お問合せはこちら
おみくじ活用サポートセンター ↑メディア関係の方も、仕事依頼についてはこちらです。
 著書
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
寺社と縁起物をこよなく愛する文筆家。著書「ニッポンのおみくじ(グラフィック社刊)」発売中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録

絵馬コレクター若手(約1000枚所持)。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、縁起よさげなモノゴト、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに(再)発見していきたいです。

他、天然石やらトランプ·タロット·占いカード類(鑑賞のみ)やら喫茶店マッチやらと、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。気になったらとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる