穴八幡宮(東京)・猿年

穴八幡宮・申年

午(うま)年?いいえ、申(さる)年です。
どうみても馬が主役っぽいから、まぎらわしいけど。

そもそも絵馬は神社に馬を献上するかわりとして出発したものだから、馬が主役なのは自然なこと。
特に八幡神は武士の守り神なので、各地の八幡神社では今でも神馬や木馬を目にすることは多いはず。

それにしてもこの猿、馬を引っ張っている割にはずいぶんと腰の低い印象です。
せっかく干支だというのに「どや顔」することもなく、目立たなすぎて完全に馬に食われてしまってます。
だけどあえて情けない感じだからこそ、日々頭を下げて周りを気にしなければならないことが多い現代人には、なんとなく共感できるものがあるかも。

実はこの絵柄、「河童の駒引き」という伝承がもとになっています。河童がいたずらで馬を池や沼の中に引きずり込もうとするのですが、逆に馬に引っ張られて負けてしまうという少々間抜けなお話。地域によっては河童と猿を近いものとみなすところもあるので、同じような「猿の駒引き」もあるというわけ。いずれも干支とは関係なく、馬を捧げる代わりとしての絵馬の絵柄のバリエーションでした。この穴八幡宮の絵馬は、猿年だし八幡宮だし丁度良いということで、これをモチーフに選んだのでしょう。

河童は水神の零落した姿ともいわれており、そんなエピソードをルーツに持つ絵柄は、水神に馬を捧げるという絵馬の原型的な営みを彷彿とさせます。その中にみえる、一種の情けなさ。馬は人間の飼っているもので、かつ神様の乗り物とされます。河童から猿になると、こちらも少し人間に近いような気がしてくるけれど、それでもやはり野生の生物。馬と、河童あるいは猿との対決は、人間と何か言い知れぬ大きな力との葛藤の物語なのかもしれません。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる