鬼パワーで必勝!

もうひとつ、持ち帰って玄関に飾ることで御利益を得られるタイプの絵馬をご紹介します。これまたユーモラスな鬼コンビの登場です。

 

 

こちらは埼玉県比企郡の鬼鎮神社(きじんじんじゃ)。なんと鬼を祀っている珍しい神社です。今でこそ手描きではなくなってしまいましたが、民芸調のゆるくて楽しい絵柄は健在。

 

家に祀る絵馬は「絵馬札」とも呼ばれます。お札との違いは、見た目に絵がメインかどうかぐらい。平安時代から絵馬らしきものが、懸仏(かけぼとけ)という仏をレリーフ状に打ち出し描いた丸い銅板とごっちゃに祀られていた記録もあるなど、「これが絵馬!」という厳密な区別はありませんでした。それだけ自由度の高いビジュアル信仰品/縁起物と言うこともできそうですね。

 

鬼の絵馬を飾って願いが叶ったら、ぜひともお礼詣りを。武運長久・必勝祈願のお礼として金棒を奉納する人も多いので、鬼鎮神社の境内は鬼と金棒だらけです。もちろん金棒を入手するのは大変ですから、お礼用の絵馬を奉納することで簡単に済ませることができますよ。金棒の奉納が特に多かったのは戦時中。今も昔も、人生は戦いだらけです。鬼の力を借りれば、仕事・出世はもちろん学業・スポーツまで、何でもバリバリいけるかも。

スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる