小さな美術品でハッピーに!

室町時代以降になると、プロの絵師が絵馬を制作するようになり、大きく華やかで美術的価値の高いものがたくさん生み出されていきます。今日、古いお堂あるいは社殿の中や、寺社の境内にある絵馬堂という大絵馬を奉納する専用の建物などに掲げられている額絵がその代表格。文化財指定を受けたり博物館に収蔵されたりしている絵馬も各地にあります。これが江戸時代にかけて、絵師が腕を競い合う発表の場になったり、スポンサーの依頼を受けて広告の役割を果たしたりするようになっていくわけです。

 

そんな歴史的な作品を、ミニチュアにして気軽に楽しめる絵馬はいかが?観光などで何気なくおとずれた寺社にも、よく見ればそういう柄の絵馬を売っていることが時々あるので要チェック。 たとえば東京都心のオアシス、赤坂氷川神社でも、ミニチュア系の絵馬を手に入れることができます。それがこの二枚。

 

 

 

 

 

この二枚のモデルになっている絵は、赤坂氷川神社所蔵の都重要文化財、狩野豊久の筆になる「紙本着色神馬額絵・獅子額絵」。元の作品は屏風に絵馬形の絵を二枚張ったものですが、これも大絵馬流行の中での、派手好みのバリエーションといったところでしょう。

 

どちらも印刷がとても繊細。もとの日本画のイメージを崩すことなく小さな美術品として充分楽しめるレベルの嬉しい品です。願い事を書いて奉納することもできるし、お値段も手頃。手元に置いて愛でても、思い切って奉納しても、ちょっぴり贅沢な幸せ気分に浸れること間違いなしですよ!

 

スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・カード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる