駄ジャレで、もうかりまっせ!

ここまで見てきただけでも、絵馬には洒落のきいたものが色々あるのがおわかりいただけたかと思います。今回は、そんな中でもダントツで駄ジャレ密度の濃い絵馬の登場です。

 

こちらは江戸末期の縁起物だった「藻刈舟」という絵をモチーフに、安井金毘羅宮が絵馬として仕上げたもの。「もうかり絵馬」とよばれています。

 

 

哀愁漂う背中がなんとなくイイ感じの渋い絵ですね。それにしてもこの人物、一体何をしているのでしょうか。

 

それでは、シンキングターイム!

 

 

 

 

 

 

 

答え。






「藻を刈ってる」(もぉかってる)。


・・・はい、オヤジギャグ並みの駄ジャレです。

 

しかも、駄ジャレはこれだけでは終わりませんよ。雨の中だから「降るほどもうかる」。さらに「一芳」のサインで、「もうかる一方」の異名をとったという「藻刈舟」作者の画家、森一鳳にあやかっているんです。

 

おまけに、商売繁盛の神でもあったこの金比羅宮のマーク「マルキン」の焼印を落とすことで、駄目押しのようにマルキン祈願。三重四重にもわたる駄ジャレが巧みに盛り込まれた、最強の縁起物の一丁上がりというわけです。

 

私が絵馬の収集に本格的にハマったのも、この「もうかり絵馬」で、絵柄に託された願い事を読み解く面白さに目覚めたのが大きなきっかけでした。次回からも引き続き、こういった駄ジャレをもう少し追究していきます。

選ばれました!2017年9月現在
おすすめブログ認定
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
 著書
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。著書「ニッポンのおみくじ」(グラフィック社刊)もうすぐ発売。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる