星の導きで、迷いを解消!

陶製の絵馬といえば、東京都の雑司ヶ谷鬼子母神にも。単に陶製というだけですでに珍しいというのに、そのうえ土鈴になっています。それなりの大きさがあるだけに、振れば低く響くなかなか良い音。本堂入り口の授与所で購入することができます。

                       

 

 

ただの土産用に作られた絵馬型の土鈴と思うなかれ。これはれっきとした絵馬です。その証拠に、雑司ヶ谷鬼子母神の妙見堂の格子には、マジックで思い思いの願い事を書きつけられたこの土鈴絵馬がずらり。妙見堂は本堂の真裏にあるのでともすれば見落としがちですが、この穴場感と絵馬の重量感がかなり強力に御利益のありそうな雰囲気をかもし出しています。

 

妙見というのは「妙見菩薩」のことで、これは北極星の神様を仏教に取り入れた呼び名。もとは中国の民間信仰や呪術で信仰されていました。絵馬についている七つの円のマークは七曜紋といって、日月と5つの惑星、あるいは北斗七星を表しているとされます。いずれにせよ、星ですね。

 

星を神格化した神様の中でも、常に宇宙の中心にいる妙見はもちろん最高位。人間の運命を司るその力は、北極星が必ず北の方向を示すように人生を導いてくれます。仕事や学業で進路に迷ったときなど、心強い支えとなるでしょう。転職成功祈願にオススメ。学問の神様でもあるので、合格祈願もOKです。名所の裏に隠れた知る人ぞ知るスポットで、落ち着いてじっくりと願かけを!土鈴の音が、絵馬ひとつひとつに込められた気持ちをきっと星まで届けてくれるはず。

 

スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる