住吉さんの猫で事業発達!

寺社のマスコット的なキャラクターをかたどった変形絵馬は、見ていて楽しいものばかり。

 

 

元祖ゆるキャラ?この裃を着てすました独特な姿の招き猫は、大阪の住吉大社境内の楠珺社(なんくんしゃ)で授与される縁起物の土人形がモデル。樹齢千年を超える楠のご神木が青々と茂るこの末社は、生き生きとしたエネルギーにあふれていて、いるだけで元気をもらえる場所です。

 

ここの土人形の招き猫は本来、毎月最初の辰の日にお参りして商売の発達を願う初辰参り(はったつまいり)に訪れたしるしとして授与されるものでした。偶数月には右手、奇数月には左手を上げている招き猫をいただくのがならわし。そうして48体集めると、四十八辰(しじゅうはったつ)→始終発達ということで大変縁起がよく、スペシャル版とでもいうべき大きな招き猫一体と交換してもらえます。こんなところでも、駄ジャレ縁起かつぎが大活躍ですね。

 

こんなに何度も通って、レア開運グッズと交換するためにせっせと招き猫を集めてしまうほどの熱い信仰が息づく楠珺社ですから、絵馬にも気合が入るはず。絵馬も招き猫もたくさん奉納されていて、ここで商売繁盛を願う人々の生命力をいっそう盛り上げています。そんなポジティブな願いのうずの中で一緒に祈願すれば、やる気がわいて商売も仕事の業績もぐんぐん発達していけそう!

 

スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。約20年来、巷間の多種多様なおみくじを自らの足で歩いて独自に収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
(ご依頼は有償となります)
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる