スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでトリん♪

あけましておめでとうございます。

なんだかんだで今時、細々とですが当ブログが続いていることに驚かなくもない今日この頃です。

まるで昔の「ほおむぺえじ」というやつのままじゃないかぐらいの時代に逆行っぷりですが、まあなんか、べつにいいやと思ったり思わなかったりしております。

本年もよろしくお願いいたします。


年末には、お伊勢参りに行ってきました。


伊勢神宮では、鶏を特に大切にしています。

夜明けを告げる鶏は、アマテラス大御神の岩戸開きにも一役買っているからです。


そんな伊勢神宮の、酉年の絵馬というのは何ともぐっとくる気がします。

夜明け、つまり闇からの復活再生を表すということで、酉年は一陽来復の年とも。

というわけで、今年の消しゴムはんこ自作絵馬は鶏をパワーアップさせて火の鳥とか鳳凰な感じを狙ってみました。

数年ぶりに細かいのをがんばった。けど、微妙にただの変な怪鳥という気もする( ̄▽ ̄;)



気を取り直して、お気に入りの鶏な郷土玩具でも載せていきます。


まずは伊勢の一刀彫り。

宮大工が神宮の余った御用材で作るという伝統の品です。

やはり伊勢ですから、干支と関係なく鶏が主役っぽい感じ。雌鳥がちょこんとしてて可愛いです。


伊勢神宮で授与される、毎年変わる伊勢一刀彫り干支守りはこちら。

大胆な造形がかっこいいです。

新鮮な楠のアロマが効いているので、しばらくは手近に置いて森の香りに癒されたいところ。

神宮の干支守りは、毎年受けると強運になるという噂もどこからとなくあったりします。

一巡して同じ干支になっても必ずデザインが変わるので、集めていても飽きないそうですよ。


もうひとつ鶏がイチオシなのは、秋田県米沢市の笹野一刀彫。

同じものがモチーフの干支絵馬をバックに飾ってみました。

こちらの特徴は、何といっても、木を繊維の向きに沿って薄く削り、繊細にカールさせていく「削りかけ」という技法。

しっぽや羽の、ひだのような表現にこれが生きています。

そして、この「削りかけ」を最強に極めたのが、こちらの「尾長鶏」。

幾重にも重なる、今にも壊れそうな尾が美しいです。笹野一刀彫は「お鷹ぽっぽ」が有名ですが、私はこの「尾長鶏」が間違いなく最強だと思います。

まあ何というか、今年もこんな感じで、ゆるゆると好きなものを愛でていきたいです。




凶が出たら嬉しいおみくじベスト3

凶が出たら嫌だという人は多いし、そんなクレームを避けるべく最初から抜いてしまうこともよくある昨今。

ですが、それを逆手に取るというか何というか、凶が出ると嬉しいサプライズで励ましてくれる所が密かに増加中だったりします。

これまでに見つけたそんなおみくじを、独断と偏見でランキングしてみました。


それでは、第3位!

この先鞭をつけたのが、師岡熊野神社(横浜市)。


凶が出たら↑こちらの御守りが頂けます!

裏側のヤタガラスの絵柄もかっこいい。


普通に授与などはしておらず、凶を出すことでしか手に入らないので大変レアです。

当然、確率も低く大変ですが、なんと少しだけ凶を出しやすくする裏技が存在します。

それは、大吉を意図的に避けること。

なんじゃそりゃという感じかもしれませんが。

実はですね、ここでは「大吉を出してがっかりされてもなあ」と思ったのかどうかは知らないけれど、大吉に小さなオマケ御守りがついています(下写真)。

実はこれ、触ればわかります。

ですから、何か入っている感触のあるものを避けて引くようにすれば、凶の確率を少しだけUPすることができます(それでもかなり低いとは思いますが)。

もちろん、知らずに引いたらこちらも嬉しいんですけどね(*´ー`*)

ちなみに今回紹介する中で、筆者自身がちゃんとサプライズを引き当てられたのはまだここだけです(´д`|||)キビシー



さて、第2位!

神社仏閣じゃなくて、札幌テレビ塔!
展望台には「テレビ父さん神社」があります。

って、あれ、神社?最近エンターテイメントとしてのゆるキャラ神社は多いですね。この世のものでないという点では通じているから、まあいいのかな。

それはともかく、そこのガチャでおみくじが引けます。

オマケで七福神っぽいテレビ父さんの木札もついてますよ。
どうでもいいけど福禄寿はハマりすぎ!

で、凶が出たらテレビ父さんの開運缶バッジがもらえるとのことです。

これもすごくレア!
っていうか、さっきみたく小細工できないし!( ̄▽ ̄;)

それにしても、この本文のゆるさで「凶」ってどんななのか、そっちのほうが見てみたい気もします。



そして最後に第1位!

京都向日市激辛商店街の「辛口おみくじ」です!

JR桂駅前のイオンモールに入っている「京都インバン」というはんこ屋さんで引くことができます。


こちらも神社仏閣ではありませんが、地域ぐるみということで、明治神宮のモデルにされた社殿でも知られる向日神社とコラボで制作された本格派。




店頭ディスプレイのこれが目印です!

ゆるキャラ「からッキー」があしらわれたインパクトある筒を振ってドキドキ。



で、こちらが一発目でした。


「小吉」ってなんか微妙で寂しいなあ。

辛口なんだから、やっぱガツンと凶とか出てほしい!

とかつい思ってしまうという意味で、第1位にしました(笑)。

しかも、大大凶を引き当てれば「大大凶の人認定証」がもらえるんですよ。

確率は50分の1だそうです。

きびしい。けど、

これはリベンジしないわけにはいかねえ!


というわけで、後日、むちゃくちゃ体調悪い日にわざわざリベンジしたのがこちら。

やっとこのくらいはキタ…けど惜しい(>_<)

あんなに体調悪くてもこんなもんとは、どんだけやばいんだよ大大凶。

スミマセン、独り言でしたσ( ̄∇ ̄;)

ともあれ、毎回もれなくどの項目もひどいんだけど愛があるし、思わずプププッと自虐的な笑いがこみ上げてしまうのは「辛口おみくじ」の本領でしょうか。

店員さんいわく、今まで見た中で一番ひどかった文言は「もはや女性ですらない」だそうです。逆に男性が引いてたらどーすればいいのかと。でもどちらにしろ笑えます。

これ作った人、マジ天才だと思う。

やみつきでリピートしてしまうあたり、まるで激辛料理!?


ちなみに激辛商店街は「架空の商店街」なので、桂のイオンモール内にも加盟店がいくつか紛れ込んでます。フードコートやレストラン街でここだけのウマ辛メニューが味わえたりするので、ぜひ探してみてください。


なお、本部のある向日町まで出れば、痛いレベルの本気な激辛料理や、この「辛口おみくじ」のように食べ物以外の激辛サービスも色々あるそうで興味津々。探索してみればもっと強烈な面白体験ができそうです。






赤ずきんチャチャの絵馬ゲット(*≧∀≦*)

完全に私事なんですが、最近、赤ずきんチャチャ赤ずきんチャチャ という漫画がマイブームです。

これ自体は20年くらい前の「りぼん」の漫画なんですが、最近急になつかしくなってハマり出したタイミングで復活、赤ずきんチャチャN という続編が出てたんですね。

それで新刊が出るたびに抽プレ企画があるんですが、今回は絵馬でして。

なんか当選数50名なのに当たってた!
ひゃっほう\(^o^)/

あんまり嬉しいので思わずここに書いちゃいました(*≧∀≦*)

もはや絵馬を呼び寄せる体質なのかもしれませんσ( ̄∇ ̄;)
検索フォーム
最新記事
おみくじたんbot
  (取扱説明書はコチラ)
リンク
最新トラックバック
最新コメント
オススメ記事
プロフィール

鏑木麻矢

Author:鏑木麻矢
文筆家。現在、初の著書を執筆中。2012年5月から2014年12月まで、㈱H.I.S.公式ブログとして「麻矢の不思議カワイイ!?ご利益モノがたり」連載。現在、当ブログ内にすべて再録。縁起物をこよなく愛する。巷間の多種多様なおみくじを収集・研究中。絵馬コレクターでもある。かつて、仏像マニアのテレビ番組に出たことも。全ては神社仏閣・仏像巡り趣味から始まっている。旅と町歩き・路上観察、手仕事なモノ(郷土玩具、民藝)、美術鑑賞(月に最低2回位は美術館博物館に行くのが癒し)、古風なもの、レトロな雰囲気などが好き。何にせよ、知られざる面白いモノゴトを自分なりに発見していきたいです。他、天然石・鉱石やトランプ・占いカード等、気まぐれかつ雑多な収集癖あり。以前、下手の横好きでオペラを習ったこともあったり(今も観賞大好き)。何でもとことんハマるのが生き甲斐(悪癖?)。

当ブログの著作権は著者に帰属します。引用するときは引用元記事もしくはブログトップページへのリンクを必ず行ってください。

おみくじ関係のお仕事をご依頼の方は、必ずこちらの記事を読んでから依頼・質問等してください。

仕事依頼・連絡先
kabura@gmail.com

カテゴリ
QRコード
QR
   
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。